2011年06月23日

スペイン代表がロンドンオリンピック出場決定!

つい先ほど、スペイン代表のオリンピック出場がきまりました。
結果は3-1で勝利。でも、先制され、89分まで負けてました。
ボールは持たせてもらえるも、最後のフィニッシュを決められなかったスペイン代表は、最後の最後に追い込まれながらも同点ゴール。
監督の起用が当たった試合でしたが、監督は立ったり座ったりで完全にあわてていて、解説から「落ち着け」と言われていました。(笑)

昨日の日本代表と比べると、持たせてくれる相手に、どんどん前進していくプレーが多いこと。ボールを一旦下げても、反対側のサイドや中央で、必ず以前より前にボールを進めることができる。
そして、サイドの崩し。中央でひきつけているので、ドリブルでサイドを攻略できる展開を効果的に作ってました。

このチームはどうしても、トップの代表と比べられてしまうのですが、トップと同じ方向性を持って進んでいるのがよくわかりました。

嬉しかったのは、延長戦の前半にカぺルのセンタリングからゴールが生まれたこと。リーグでは出場機会の少なかったカぺル。とにかく結果が残せて良かったのと、素晴らしいゴールでした。

もちろん同点ゴールもサイドからで、最後のとどめのゴールは、ジェフレンが中に切り込んでの、まさにゴラッソ!とんでもないゴールでした。

これで決勝に駒を進めたスペインの試合がさらに楽しみです。

コメントする

コメントの投稿方法はこちら

トラックバックURL
トラックバックは「スポーツナビ+」内の記事からのみ受け付けております。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/futbol1982/tb_ping/255