NPB 言いたい放題

忘れえぬ名作のごとき展開

このエントリーをはてなブックマークに追加

Time flies. 最近、時間の経過が早い。 日本シリーズが終わり、ストーブリーグの話題もたけなわだ。 まだ、3日しかたっていないのに・・。

でも、僕はいまだに今年のベイスターズの進撃が心に残ってしまう。

 3位争いでの巨人とのし烈なデッドヒート。

 阪神との雨中の泥だらけの死闘。

 セリーグ覇者広島と天候にやきもきしながらの接戦。

 そして、ブザービーターで終了したソフトバンクとの死闘。

いつか、マンガで見たような、作り物ではないドラマは今後何年も起きないのではないかとすら思う。 弱いものが、どんどんステージを上げていくという展開は王道ではないか。 しかも、イケイケではない。 皆、敗北と背中合わせの試合ばかりだった。

一人一人のキャラもたっていて、奇跡とも思えるチームだった。 そして、戦った相手すべてが、強敵ですばらしいキャラクターだった。 まだ、忘れたくないし、忘れられない。

僕は日本シリーズを見ながら、「黒子のバスケ」というマンガを浮かべたが、 ネットで「スラムダンク」になぞらえている書き込みもあるようだ。 みなさんは何か浮かべなかっただろうか?

そんなことを思う秋の夜長だ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
あつもりー! かーつ! 言いたい放題
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

忘れえぬ名作のごとき展開

FOR REAL 3時間超え確実ですね。(笑)
もう、3部作にしてしまった方がいいかも。

スラダンも黒子もバスケマンガは、なんかしっくりしますね。
僕のイメージでは筒香が桜木、流川は梶谷でしょうか・・

「忘れえぬ名作のごとき展開」へのコメント

本当にどんな脚本家でもこんな筋書きかけないって思うほどの怒涛のシーズンでした
特に終盤は3者連発&3試合連続サヨナラから始まり、返り咲きを狙うかつての王者とのCS挑戦権の奪い合い、負けたイメージの強い浪速のライバルとの死闘、ずば抜けて強くなった前作(前年度)の主役への挑戦、そして自軍の過去、栄光と絶望を知る男を中心とした絶対的強さをもつラスボスとの頂上決戦・・

今年のFor Realは3時間越えるんじゃないですかね(笑)



ちなみに私はスラムダンク派です
陵南戦のときに湘北の5人を表した台詞がほぼそのままベイスターズ上位打線を表してるな、と思いまして

「もはや四球ありきの徹底マークで筒香を潰しさえすれば勝てるチームではなくなったな」
「高めを射抜くロペスを3番に」
「足でも長打でも点の取れる蒼い韋駄天梶谷を2番に」
「そいつらの前に出塁してチャンスを作り、自らも打点を挙げれる桑原を1番に」
「そして一気に首位打者にのし上がったプニキ宮崎を5番に入れてクリーンナップはさらに強くなった」

個人的に凄くしっくり来てます

こんな記事も読みたい

懸念していること【広島カープあーでもこーでも】

砂田選手、もう一度先発を目指して欲しい!【暇な時横浜ベイスターズについて書くブログ】

コーチ人事はどうなるのか【アナグラム的分析ラボラトリ】

今年は秋季キャンプが話題にならない【YOKOHAMA lover】

『贅沢な憤り』を感じられる幸福と、広島ファンの皆さんに感謝【いろいろ所持雑感】

競争による成長を!【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

私は、この日本シリーズがとても好きでした。【願)カープVSライオンズの日本シリーズ】

新コーチングスタッフに思うこと【YOKOHAMA lover】

ブロガープロフィール

profile-iconfurumurun2233

  • 昨日のページビュー:11871
  • 累計のページビュー:106087

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田修一と横浜
  2. DeNA 投手陣 疲労度の仮説
  3. 濱口のゾーン
  4. 細川が見せたチームの光と課題
  5. ソフトバンク-DeNA IT 対戦 Round1
  6. 筒香のチーピンに関する考察
  7. ソフトバンク-DeNA IT合戦 Round2
  8. ソフトバンク-DeNA IT 苦戦 Round3
  9. ソフトバンク-DeNA IT 力戦 Round5
  10. 三上のトラブル経験

月別アーカイブ

2017
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss