ベトナムよりテニス愛を込めて!

月別アーカイブ :2012年10月

飛翔せよ、若鷹タケダ君!

今シーズン、高卒ルーキーながら新人王候補にもなる素晴らしい成績を挙げた。新人王は、摂津投手のホールド記録を更新したロッテの益田が本命だろうが、ホークスの救世主と言える活躍だった。実際に、彼がいなければ、3位にはなれなかっただろう。ダルビッシュ2世と称されるが、私は、”堀内2世”という感じがした。あのドロップカーブなどは、そっくりだ。ホークス史上2人目の”200勝投手”になれる逸材だと思うが、メジャー......続きを読む»

飛翔せよ若タカ、もっこす君!

と言っても、ホークスファンのブロガーさんのことではありません。HONDA熊本からドラフト6位指名の山中浩史(やまなかひろふみ)投手である。以前から彼には注目していた。2年前のドラフトで、ライオンズが牧田を指名した時、ホークスも同タイプの山中投手の指名を期待していたが、残念ながら、そうならなかった。それで前回の記事に、面白い存在と書いた。私の想念が通じたのか現実となり、とても嬉しかった。過去にホークス......続きを読む»

ホークスの強化策!!

VVを掲げながら、3位にシーズンを終了したホークス、来季は、何としても覇権を奪還してもらいたい。そのための強化策を、私なりに考えてみましたので、いいアイデアなどがありましたら、よろしくお願いします。なお、順番は、特に意味はありません。    1)川崎選手の復帰と鎌田投手の獲得 メジャーに雄飛した川崎の復帰を説得して、彼をキャプテンに据えてほしい。また、台湾で先発して16勝を挙げた鎌田(元ヤクルト......続きを読む»

やはりあの言葉は嘘だったのか?

数名の方々に予告していた記事を書く前に、言いたいことがある。「ほんなこつ、腹かいたとですよ!(ホンマに、ハラタツノリやで)」 それは、最終戦の選手のCSの決意表明の「必ず福岡に戻って来て、日本シリーズを戦います!」だ。 確かに、訴えてくるものは感じられ無かった。だがしかし、信じていた。信じたかった。それなのに、結果的に、我々ファンは、裏切られた。ファイターズとの試合は、一矢も報うこと無く、敗れ去った......続きを読む»

テニスの歓喜とホークスの憂鬱!

昨日は、錦織選手のジャパンオープンテニス優勝で、歓喜した(ベトナムのケーブルテレビでライブ中継)が、今日は一転して、キャプテンの引退試合という記念すべき日に、西投手に、無安打完封負けという屈辱を味わった。テレビ観戦していて、ホークスの選手達は、何故悔しそうな表情を見せないのだろうか?と不思議に思った。試合後に、秋山監督が異例と思える各選手に、CSへ向けての意気込みを語らせたが、よほど悔しかったのだと......続きを読む»

イメージトレーニングの効用、第2弾!

日本ハム最終戦で、打球に追いつけたのに、エラーしてしまった今宮選手に関して、イメージが描けていれば、アウトにできたのにと感じた。イメージ力の極意は、その過程では無くて、最終結果をイメージするのである。具体的には、一塁に投げてアウトになった光景をテレビ画面を見るようにイメージすると100%現実になるのである。テニスと野球の内野守備は、類似するところがある。テニスは、誰が見ても届かないと思うボールに追い......続きを読む»

飛翔せよ、若鷹!(野手編)

今期のホークスは、主力選手が抜けたのが理由とは言え、若鷹たちの出番が多い。未来のホークスを担う彼らに期待するのは、当然である。特に、明石と今宮は、レギュラーとして起用されている。打撃センスが高い明石は、確か新人の時に、初打席で2塁打を放ったと記憶している。だが最近、精彩を欠くことが多く、体力不足が起因していると思う。ドラ一で、身体能力の高い今宮は、強肩と広い守備範囲が魅力だが、打撃では、外角に穴があ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconfromvietnam

1954年2月 大阪出身
ベトナム、ホーチミン市(旧サイゴン)在住

虚弱体質で運動音痴でしたので、スポーツは無縁だと思っていたのに、27歳の時、友人に誘われたテニスを今でも続けています。
100冊ほどの健康書を読破、実践して健康体に変身です。
目標は「100歳テニス」で、必ず実現します!
自称「健康博士」体脂肪率11.8%、血管年齢38歳、裸眼視力1.2の超健康体です。
プロ野球は、鶴岡監督の南海時代からホークスファンです。
このブログで、若い方と交流したいなと思います。
 著書に、
「面白くてためになる。ホークスとプロ野球なるほど話題集」
    東京図書出版(TTS新書)864円 224ページ

 「超健康法、60歳になっても白髪、老眼、肩コリに無縁の法とは?」 風詠社 972円 157ページ
 誤記訂正ー61ページ2行目
      動物性タンパク質は体が酸素>酸性に傾きます。
  • 昨日のページビュー:24
  • 累計のページビュー:1386608

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織圭一日8食の真実と弊害とは?!
  2. 錦織、ナダルに貫禄初勝利!高まる期待
  3. 今の錦織選手には、期待できない。
  4. 錦織選手に必要なこと
  5. このトレードは、ホークスに吉なのか?
  6. 錦織選手への強い提言!
  7. 錦織に試練となるUSオープン対戦表!
  8. 錦織に立ちはだかるビッグ3の壁
  9. テニストッププロに必要な食と水、心の問題とは?!
  10. 圭、全米オープンに向けて!!

月別アーカイブ

2017
06
02
01
2016
12
10
09
2015
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
04
03
02
01
2013
04
02
01
2012
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2011
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss