ベトナムよりテニス愛を込めて!

月別アーカイブ :2012年05月

懐かしの鷹戦士(十二)

第十二回目は、野球マンガの主人公が抜け出てきたようなユニークなキャラクターの持ち主のあの人です。      香川伸行選手(大阪、浪商高ー元南海) 「ドカベン」の愛称で知られた彼は、79年(昭和54年)の夏の甲子園大会で、右打ちの捕手として牛島投手(元中日、ロッテ、横浜監督)とバッテリーを組んで、ベスト4に終わったものの話題を独占した。この大会の秋田商高のエースは、高山投手コーチでした。その年のド......続きを読む»

懐かしの鷹戦士(十一)

第十一回目は、幾多の伝説を打ちたて、ホークス在籍時に投手として一大転換期を迎えて、クローザーとしての地位を確立したあの人です。    江夏豊投手(元阪神、南海、広島、日本ハム、西武) 一匹狼という言葉が正に相応しい彼は、阪神時代は豪速球投手というイメージでしたが、76年(昭和51年)南海移籍後は緩急を織り交ぜた技巧派に変身した。それも正確無比のコントロールがあったからである。野村監督が江本投手を含......続きを読む»

懐かしの鷹戦士(十)

第十回目は、オリックスの打撃コーチ時代に、イチロー選手に「僕の師匠」と呼ばれたあの人です。    新井宏昌選手(元南海、近鉄、現オリックス2軍監督) 野村監督時代の74年(昭和49年)ドラフト2位で入団して、巧みなバットコントロールでパリーグを代表する選手でした。今年、現役引退した柴原選手をイメージすればいいでしょう。一時期、調子を崩して控えに甘んじていた時、必ず復活すると信じていたが、85年に......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconfromvietnam

1954年2月 大阪出身
ベトナム、ホーチミン市(旧サイゴン)在住

虚弱体質で運動音痴でしたので、スポーツは無縁だと思っていたのに、27歳の時、友人に誘われたテニスを今でも続けています。
100冊ほどの健康書を読破、実践して健康体に変身です。
目標は「100歳テニス」で、必ず実現します!
自称「健康博士」体脂肪率11.8%、血管年齢38歳、裸眼視力1.2の超健康体です。
プロ野球は、鶴岡監督の南海時代からホークスファンです。
このブログで、若い方と交流したいなと思います。
 著書に、
「面白くてためになる。ホークスとプロ野球なるほど話題集」
    東京図書出版(TTS新書)864円 224ページ

 「超健康法、60歳になっても白髪、老眼、肩コリに無縁の法とは?」 風詠社 972円 157ページ
 誤記訂正ー61ページ2行目
      動物性タンパク質は体が酸素>酸性に傾きます。
  • 昨日のページビュー:24
  • 累計のページビュー:1386608

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織圭一日8食の真実と弊害とは?!
  2. 錦織、ナダルに貫禄初勝利!高まる期待
  3. 今の錦織選手には、期待できない。
  4. 錦織選手に必要なこと
  5. このトレードは、ホークスに吉なのか?
  6. 錦織選手への強い提言!
  7. 錦織に試練となるUSオープン対戦表!
  8. 錦織に立ちはだかるビッグ3の壁
  9. テニストッププロに必要な食と水、心の問題とは?!
  10. 圭、全米オープンに向けて!!

月別アーカイブ

2017
06
02
01
2016
12
10
09
2015
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
04
03
02
01
2013
04
02
01
2012
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2011
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss