ベトナムよりテニス愛を込めて!

錦織選手に必要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事の医療関係の方のご意見は、実に不可解でした。

「何故、ブログに記載していないことに言及するのか?」という疑問です。

おそらく老眼の進行で、文面がぼやけて見えたのか。(失礼)

冗談は置いて、ブログを書く時は誤解を招かないように詳しく書く必要があると、

いい勉強になりました。

また、錦織選手は「食品アレルギー検査」の受診の必要と「一日に8回の食事」は、 いくら肉体を酷使するアスリートと言えども、多すぎます。

江戸時代の貝原益軒の「養生訓」にも過食を戒めています。

過食の害については、欄外に記しましたので、是非参考にしてください。

私は、必須アミノ酸のサプリを勧めましたが、ローヤルゼリーの摂取も有効です。

これは一般の私たちにもお勧めしたいですが、選択の基準は「デセン酸の含有量が高い物」です。

前置きが長くなりましたが、ジョコビッチ選手は幼少の頃からの女性コーチ(故人)に、

「世界の頂点に立つためには、テニス以外のあらゆる事を学ばなければいけない。」と。 教えられたそうです。

それ故彼は、ヨガ、太極拳、瞑想、東洋医学などを取り入れています。

「錦織選手もテニス以外のことをやる必要があるのではないか。」というのが、今回のテーマです。

記載事項は信じなくても自由ですが、全て事実であることを申し上げておきます。

1、瞑想 スティーブ、ジョブス、ビルゲイツ、イチローなど多くの著名人が行なっているそうです。

瞑目して、静かな美しい音楽を聴きながら、自身の夢の実現などを想念します。

元プロ野球選手で、阪神時代の37歳の時、「最多勝利投手賞」に輝いた下柳剛氏は著書で、

「毎試合前にロッカーで坐禅(瞑想)することは、何物にも代えがたいトレーニングでした。 あなたも一日5分でいいから、自分の夢につながると信じて坐って欲しい。」と 述べています。(「ボデイブレイン(水王舎)」より)

19世紀初頭のアメリカで、無数の難病人を治療して「奇跡の人」と呼ばれたケイシーの孫の

チャールズ氏は、「瞑想を通じて静寂な時間をもつ事で、ストレス解消ができます。          また、魂の成長と探求のために有用です。」と述べています。          (「エドガー、ケイシーのすべて(サンマーク出版)」より)

2、呼吸法   呼吸を変えることで、酸素供給量が増大して、病気の抵抗力が増し脳力が向上します。

  ヨガ、太極拳などが有効です。

  私は、家族の高熱を下げる「気功療法」の能力が開花しました。   これは私だけの特殊能力では無く、トレーニングによって誰でも可能になります。

3、潜在能力の開発

  私は20代後半の時に、「潜在能力開発の通信講座」を受講していました。

  私たちに内在する潜在意識を活用することにより、不可能を可能にできます。

  このおかげで、友人に宣言した事が実現できたし、「超健康体」にもなれました。

  錦織選手が楽天オープンで「無念のリタイア」をした時、潜在意識に原因を尋ねると、

  頭に浮かんだのが、「ジョコビッチの生まれ変わる食事」でした。

  早速本を開くと、78ページの小腸の項が目に飛び込んできたのです。

  他には、草大会で「準優勝」ができましたが、悔やまれるのは、決勝に勝ち上がったことで   「運動音痴だった自分が、ファイナルまで進めるなんて!」と満足してしまったことです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

錦織選手に必要なこと

アジア人のTOP10では錦織より前にタイのスリチャパン選手がいらっしゃいます。

かなりの数の本を読んだと自負があるようで素晴らしい勉強量だと思います。ただ、俗に言う偉い人の言葉、それが書かれた本というのはエビデンスの質として最低ランクです。
仮にも人の体内に入るものを毒だ薬だ論じるならきちんとデザインされ、十分なサンプル数を持った統計調査をベースにするべきではないでしょうか。

極論を言えば、塩も毒、水も毒です。じゃあこれらを口に入れるのは止めなさいと言いますか?

錦織選手に必要なこと

kei-fan様と医療人様
お二人まとめて回答させて頂きます。

kei-fan様
返礼と再度の御意見ありがとうございました。

私の趣味は、「テニスと読書」ですが、錦織君は100年に一人の逸材であり、
アジア初の男子で世界10位以内の選手です。
私の在命中には、二度と現れないかも知れません、
それ故、日本人初のGS優勝を見たいし、世界一位に輝く姿を是非見たい。
その切なる思いが、ブログを書く原動力になっているのです。
「何故、錦織に限定しなければならないのか。」という意味が理解できません。

医療人様
ご意見ありがとうございました。

>臀部は小腸と密接な関係の件ですが。
 東洋医学の話です。

>栄養士がいても、そういったアレルギーを見つけることは難しいですか?
 こういう記述を目にしたことがあります。友人に借りた本で、題名は失念しましたが、
「何十年も進化しない栄養学を基に指導しても、一流のアドバイスができるとは
 思いません。」
>アレルギーの種類と身体の反応を教えて頂けたら
 その下に「こういう意見は危険だと思います、やめてください。」というコメントが
 あるので、控えさせて頂きます。
 

錦織選手に必要なこと

丁寧にご回答してくださり、ありがとうございました。ただ、目標実現やけがの回復が早まるという錦織に限定するほど具体的ではない効果であれば、なぜ錦織に焦点を当てて文章を作成されたのかということがはっきりしません。テニス選手でなくても、一般人でも誰でも良い気がします。というのも私は錦織のファンなので、錦織に足りないのは具体的にどんなことで、それをどうやって具体的に補うことを提案しているのかとブログに目を通させていただいたためです。

錦織選手に必要なこと

こう言う意見は危険だと思います。やめてください。

こんな記事も読みたい

WTA北京【女子テニスも熱い】

キリオスが今季3勝目 驚異のダブルファースト攻撃 楽天ジャパンオープン2016決勝【change-the-flow】

10/10開幕 天津オープン、ジェネラーリ女子2016のドローが決定! 土居美咲、大坂なおみ、奈良くるみが参戦!【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconfromvietnam

1954年2月 大阪出身
ベトナム、ホーチミン市(旧サイゴン)在住

虚弱体質で運動音痴でしたので、スポーツは無縁だと思っていたのに、27歳の時、友人に誘われたテニスを今でも続けています。
100冊ほどの健康書を読破、実践して健康体に変身です。
目標は「100歳テニス」で、必ず実現します!
自称「健康博士」体脂肪率11.8%、血管年齢38歳、裸眼視力1.2の超健康体です。
プロ野球は、鶴岡監督の南海時代からホークスファンです。
このブログで、若い方と交流したいなと思います。
 著書に、
「面白くてためになる。ホークスとプロ野球なるほど話題集」
    東京図書出版(TTS新書)864円 224ページ

 「超健康法、60歳になっても白髪、老眼、肩コリに無縁の法とは?」 風詠社 972円 157ページ
 誤記訂正ー61ページ2行目
      動物性タンパク質は体が酸素>酸性に傾きます。
  • 昨日のページビュー:24
  • 累計のページビュー:1386608

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織圭一日8食の真実と弊害とは?!
  2. 錦織、ナダルに貫禄初勝利!高まる期待
  3. 今の錦織選手には、期待できない。
  4. 錦織選手に必要なこと
  5. このトレードは、ホークスに吉なのか?
  6. 錦織選手への強い提言!
  7. 錦織に試練となるUSオープン対戦表!
  8. 錦織に立ちはだかるビッグ3の壁
  9. テニストッププロに必要な食と水、心の問題とは?!
  10. 圭、全米オープンに向けて!!

月別アーカイブ

2017
06
02
01
2016
12
10
09
2015
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
04
03
02
01
2013
04
02
01
2012
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2011
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss