フィギュアスケート・メモ

パトリック・チャンのロングインタビュー、27歳で臨む平昌五輪に向けての決意

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本経済新聞が夕刊で5月30日から6月1日まで3回にわたって、パトリック・チャンのロングインタビューを掲載している。  ソチ五輪を集大成として引退するつもりだったが、その1カ月後には現役続行を決意していたそうだ。  2月の四大陸選手権でパトリック・チャンは、ショートでは5位と出遅れていたが、フリーでは世界一美しいといわれるスケーティングと表現力の真骨頂を発揮し、自己ベストの203.99点を叩き出した。筆者もその演技を観た時に、パトリック・チャンが完全復活したな、と思った。だが、その後の世界選手権では5位に終わった。  パトリック・チャンは4回転ジャンプの量産が当たり前になった2015-2016年シーズを振り返り、「残念だけれど、芸術性よりテクニカルに集中しないといけない」と認めた。現在のコーチのキャシー・ジョンソンはスケート経験は全くなく、ダンサーで身体力学の専門家だ。パトリック・チャンの群を抜いた表現力は、このコーチの指導の賜物であることは明らかだ。

 25歳のパトリック・チャンは年齢的には身体能力が頭打ちになってくる可能性が高いと思われるが、既に平昌五輪を目標にしている。その時は27歳だ。では、いかに戦うのか。彼によると、まずは今春の世界選手権のトップ3のハビエル・フェルナンデス、羽生結弦、金博洋らを研究し、ジャッジが何を求めているかを分析してから、戦略を練るそうだ。  パトリック・チャンが目指すものは「表現から技術までスケートの要素すべてがパッケージとして完成された演技」だ。その完成形が見られる時を心待ちにしたい。

 また、パトリック・チャンと同い年の浅田真央も同様に、技術だけでない円熟した表現力で勝負をかけてくるだろう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本男子バレー予想通り、順当過ぎる敗退【スポーツ えっせい】

体操五輪代表の最終選考会、残りの枠は男女とも実質1つ!?【田端到のヤクルト・スワローズ&五輪研究所】

「本番に向けての準備としては悪くないような・・・。」ってな試合~【日本U23vsイングランドU23】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★【4thDayMarketCenter】

「練習試合!」ってな試合~【日本U23vsギニアU23】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★【4thDayMarketCenter】

最終予選1,2は公平な方式なのだろうか?(女子編)【konakalab】

スケート部・関東大学アイスホッケー選手権大会決勝 対明大戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

山田選手お疲れ様でした!【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

FREEBLADES Jr. !! 豊橋カップ 2 連覇 !!【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

ブロガープロフィール

profile-iconfreshwatch

  • 昨日のページビュー:76
  • 累計のページビュー:156461

(05月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. フィギュアスケートのルール改正で混乱。すぐに実施される変更ばかりでもない
  2. ドリーム・オン・アイス千秋楽
  3. プリンスアイスワールドで町田樹さんの心揺さぶる演技に感涙
  4. パトリック・チャンのロングインタビュー、27歳で臨む平昌五輪に向けての決意
  5. 世界選手権で日本男子3枠奪回も新時代に苦慮
  6. プリンスアイスワールドを(やっと)観に行った

月別アーカイブ

2016
06
05
04
2015
06
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss