海外で夢を叶えた日本人

マカオで日本人プロサッカー選手が誕生 【斉藤誠司】

このエントリーをはてなブックマークに追加

FOURFOURTWO BRAZIL株式会社です。今回マカオで初の日本人プロサッカー選手が誕生しました。斉藤誠司選手が所属するマカオ1部リーグCPK協力の元、斉藤誠司選手にインタビューをしていきます。

【プロフィール】 埼玉県さいたま市出身である。日本時代は柏レイソルに所属で各年代別の日本代表選手でもある。16歳で単身ブラジルに渡りサンパウロFCに入団後、18歳でプロ契約を結び海外にて10年以上プロサッカー選手として活躍されている。指導者としても5ヵ国のジュニア年代の監督、コーチ経験があり、ブラジルではサッカースクールや日本レストランを経営するなど活躍の場を広げている。

【—今回なぜ?マカオに移籍したのでしょうか?】

中東バーレーンのチームと契約が残っていましたが、今年夏にマカオのチームからオファーが届き完全移籍する事になりました。中東バーレーンチームには違約金を払い退団する事になりました。2年前からチームは獲得の為に動いてくれていたので今回移籍が実現でき嬉しく思います。

【中東では年俸3500万円のオファーが届きましたが、今回マカオでの契約は?】

中東の時と比べると年俸は少し落ちますが、マカオでは色々な事が新鮮で日々充実しています。基本的に外人選手の契約内容は年俸+勝利給+住宅+食事+車+往復航空券がふつうだと思います。

でも今までに年俸でチームを決めた事はなく、どこの国に行けば?どこのチームに行けば?自分は成長できるかを優先して考えています。もし2つの選択があるとすると、これからも自分は成長と経験をする為に厳しい環境に飛び込んでいくと思います。もちろん年俸額も大事です(年俸=選手の評価)が、プロ選手として現役期間は限られているしサッカー選手を引退した後の人生の方が長いです。今自分はサッカー選手をしているからこそ海外でたくさんの経験や人脈も作る事が出来て「今の自分」があると思いますし、それを今後の人生に繋げていきたいと思います。

【—今回でプロ選手として10ヵ国のサッカーリーグ制覇になりますが道のりを教えてください】

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
斉藤誠司
タグ:
斉藤誠司

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

オランイェ、ベルフハイスの活躍により勝利で2017年を締めくくる(練習試合:ルーマニア-uit)【我がフェイエノールト】

ハペル、亡くなって25年もいまだ大きな尊敬を集める【我がフェイエノールト】

ビデオ・アシスタント・レフェリー制度の現在地:オン・フィールド・レビューが必要という気にもなる・・・【我がフェイエノールト】

遠い頂きを今も見続けているか【「柏から世界へ」の下に集う民】

2017/9/30 柏レイソル vs ヴァンフォーレ甲府(試合前雑談)【柏レイソルファンブログ】

今週の乾/久保/森岡/小林/堂安/伊藤/宇佐美/中島(9/24)【POOH - San の蹴球見聞録】

日立台引き籠り民によるスタジアム観戦記 ~in埼玉スタジアム2002~【「柏から世界へ」の下に集う民】

中村航輔へ謝罪【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

ブロガープロフィール

profile-iconfourfourtwo12

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:32409

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 海外で活躍する日本人プロサッカー選手「斉藤誠司」~前編
  2. 海外で活躍する日本人プロサッカー選手「斉藤誠司」~後編
  3. マカオで日本人プロサッカー選手が誕生 【斉藤誠司】

月別アーカイブ

2017
11
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss