1Q92

西部がようやく戦線復帰へ、精神的支柱としての役割を期待

このエントリーをはてなブックマークに追加

冒頭から一見関係ない話題で恐縮だが、G大阪の長谷川監督が今季限りで退任するという。

言わずもがな、エスパルスのレジェンドである長谷川健太。

当時J2に降格したG大阪の指揮官に就任すると、1年でJ2優勝を果たし、翌年は昇格組ながらJ1優勝を含む「国内三冠」という、前人未到の大記録を達成する。

さらに、天皇杯連覇などを成し遂げるも、ここ数年はリーグ戦で2位、4位、今季は現時点で7位と成績も下降線をたどり、5年目にして契約満了による退任の運びとなった。

しかし、エスパルス時代も含めて、これまでに達成した快挙は揺るぎないものである。 東京五輪の代表監督候補に名が挙がるなど、トップクラスの日本人監督として、押しも押されぬ名声を得ている。

思い返せば、長谷川監督時代のエスパルスは強かった。 強豪と呼べるチームであった。

それまで低迷していたチームを立て直し、優勝争いに参加できるまでに押し上げた。 長谷川監督は、エスパルスの歴史において「中興の祖」と呼べる存在だと僕は思っている。

今でも好きな時代の一つだ。 足りないのは、唯一タイトルだけだった。

さて、あれから7年が経ち、そんな「健太エスパルス」の時代を知る選手も、ほとんどいなくなってしまった。

入れ替わりの激しい勝負の世界。 (途中に退団期間があるとはいえ)今もエスパルスに残るのは、枝村、杉山、そして西部の3名のみである。

その西部は健太エスパルスの時代、守護神として確固たる地位を築いていた。 その超人的な反射神経で、何度もチームを救ってくれた。

静岡県内の天気予報は、西部・中部・東部・伊豆の4地域で表記されるが、西部を「せいぶ」ではなく「にしべ」と読むようになったら、真のエスパルスファンであるという冗談も当時あったほどだ(本当か?)

川崎の正GKなどを経て、6年ぶりに古巣復帰した昨季。

開幕当初は背番号1としてスタメン出場を続けていたものの、6試合目の熊本戦で大ケガを負ってしまい、そのまま長期離脱。 今春に一度復活を果たしたものの、再び故障してしまい、昨年来、試合出場はない。

その西部がようやく戦列に戻ってくる。 チーム練習にも、まもなく合流できるという。

おそらく正GKは今のまま六反で行くと思われるが、36歳・プロ19年目の副キャプテンには、古き良き時代を知る大ベテランとして、チームの精神的支柱となることを期待したい。

GKはそのポジションの性格上からか、優れたキャプテンシーを持った選手が多い。 それは単にピッチ上に留まらず、ピッチ外においても、チームの牽引役となる。

例えば過去のW杯においては、小島伸幸、川口能活といった経験豊富な選手が、第三GKとして選出され、日本代表を裏方からサポートした。

ケガ人が続出し、厳しい状況下で残留争いを戦う、若手中心の今のエスパルスにおいて、ベテランの西部が彼らと同様の良き役割を果たしてくれることを願っている。



>ブログランキング参加中。 >よろしければ、1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

“GK西部洋平、約4か月半ぶり練習復帰 週明け完全合流の見込み” (スポーツ報知)

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Jリーグ杯準決勝進出、ベガルタ仙台はリーグ戦浮上の切っ掛けを掴むか?【当てtoto】

第957回toto 予想のまとめ【当てtoto】

Jリーグホームスタジアム訪問記~愛媛FC~【This is J-league】

(今節プレビュー:甲府戦)ブラジル人FWに要注意、柏戦の二の舞は避けたい【1Q92】

白崎を2トップの一角でテスト、だが実戦でも本当に通用するのか…【1Q92】

新型エスパルスの守備の弱点と攻撃の変化【猫に小判】

来季清水加入の高校生MF西村は、高身長が特徴の“和製ポグバ”【1Q92】

21歳になった松原、日本代表入りを誓う【1Q92】

ブロガープロフィール

profile-iconflowersforfootball

清水育ち、都内在住のオレンジサポーター。
エスパルス関連コラムと、試合の戦術分析などを徒然なるままに。
  • 昨日のページビュー:6063
  • 累計のページビュー:73073

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ川崎にここまで圧倒的にポゼッションされてしまったのか
  2. 【17/8/27:清水対浦和】依然、厳しい戦いが続く…
  3. 【17/9/16:清水対川崎】完全支配された前半、この敗北は割り切るしかない
  4. 川崎戦に見るポゼッションを下げさせるコツ、ポイントは恐怖心
  5. (今節プレビュー:甲府戦)ブラジル人FWに要注意、柏戦の二の舞は避けたい
  6. 流動的と言われる今節・川崎戦のスタメンを予想してみる
  7. 【17/9/9:甲府対清水】光った小林監督の3つの采配、大きな勝利
  8. 21歳になった松原、日本代表入りを誓う
  9. 8月月間ベストゴールを受賞した北川が、先発定着できない2つの理由
  10. 来季清水加入の高校生MF西村は、高身長が特徴の“和製ポグバ”

月別アーカイブ

2017
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss