1Q92

【17/9/30:大宮対清水】勝ち切れなかったことで、降格圏が迫る事態に

このエントリーをはてなブックマークに追加

■先発布陣(4-4-2)

  鄭大世 チアゴ・アウベス

白崎 竹内 枝村 デューク

松原 角田 カヌ 鎌田

     六反

対する大宮も4-4-2の布陣を採用したミラーゲーム。

しかし、エスパルスと異なるのは、最終ラインの設定位置。 ラインを高く設定し、全体をコンパクトに保ち、ポゼッションで優位に立とうとする意図が窺えた。

大宮は順位こそ17位だが、ボール支配率だけなら今季は50.2%(リーグ9位)と悪くない数字。

エスパルスが43.8%(リーグ17位)なので、このエスパルス相手なら、主導権は握れるだろうと最初から分かっているような戦い方だった。

大宮はエスパルスよりも失点の多いチームである。 普通は高いライン設定は怖くてなかなかできない。

現にエスパルスの方は、ここ最近の複数失点のトラウマから、ラインがどうしてもズルズルと後退してしまう。

大宮にしてみれば、奇跡の残留に向けてもう後がないという思いと、エスパルス相手ならという考えから、この大胆な戦い方ができたのだと思う。

その結果、特に前半は押し込まれる展開が多かった。

2トップの一角チアゴ・アウベスは、大宮の4+4の2ラインに挟まれて、身動きができない。 相手も彼の特徴を分かった上で、その良さを消すため、ボールを受けに来たところを素早く複数人で囲んで、前を向かせないよう処理していた。

鄭大世の方は、今日は相棒が金子ではないこともあって、守備に奔走するシーンが多かった。 プレスバックして中盤以下の守備のサポートに追われ、前線という持ち場を離れることもしばしば。

「今日は守り切るという割り切った戦い方をしていて、守備で人数をかけたので攻撃できない状況だった。だから、攻撃の質は下がるのは仕方がない」 と、試合後に語っている。

自分たちより順位が下のチームにも、こうした劣勢を強いられるのか。 そこまで悪い状態に陥っているチーム状況に、暗澹たる思いがした。

ただし、大宮の攻撃のクオリティも高くはなかった。 アタッキングサードにおける崩しのアイデアを欠いているように見受けられた。

このあたり、やはり上位チームと下位チームの差は、攻撃のクオリティの違いとして如実に表れるのだなと改めて感じた。

古巣から大いなるブーイングを受け、この試合一番の注目の的となっていた大前も、パフォーマンスは低調で、怖さは感じなかった。

左WGのポジションで先発していたが、エスパルス時代のようなフィニッシャーというよりも、ゲームメイカーのような役割を担っていた。

チーム成績と連動するように、自身あまり調子は良くないと語っていたが、この試合でも真っ先に交代させられていた。

90分を通じて、互いに決定機の少ない、見せ場のあまりない試合展開となった。

エスパルスにとっては、今季初のスコアレスドローだという。 いかに打ち合い、また打たれてきたかがよく分かる。

そんな試合展開の中で、悪い意味で目立ってしまったのが、審判だった。 審判が主役の試合というのは、えてして良い試合ではない。

はじめに断っておくと、僕は審判批判するのは本来好きではない。 審判と戦っているわけではないし、批判を言っても仕方がないというか、建設的ではないからだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合記事
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

『グランパス』VS 岐阜戦~得点を取るのも技術~【赤の血潮と、青の魂】

【第28節】 vs川崎フロンターレ~立て直す方法を探さねば。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

仙台戦は勝ち点3が合格基準【地球は青い!】

ブラジル人に滅法弱いエスパルスの、今の守備課題【1Q92】

2トップの補完性、チアゴ・アウベスの取扱説明書【1Q92】

広島戦フェーズ2:個の力に頼る攻撃では、組織的守備は崩せない【1Q92】

災難として割り切るしかない~川崎vs清水(09月20日)観戦の周辺をウロウロと…【4thDayMarketCenter】

広島戦フェーズ1:ミスの修正を怠ったことで、高い代償を払うことに【1Q92】

ブロガープロフィール

profile-iconflowersforfootball

清水育ち、都内在住のオレンジサポーター。
エスパルス関連コラムと、試合の戦術分析などを徒然なるままに。
  • 昨日のページビュー:1224
  • 累計のページビュー:150386

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ川崎にここまで圧倒的にポゼッションされてしまったのか
  2. 【17/8/27:清水対浦和】依然、厳しい戦いが続く…
  3. 【17/10/14:清水対磐田】みっともない惨敗ダービー
  4. (今節プレビュー:広島戦)謎の不振に喘ぐ広島と、摩訶不思議なJリーグ
  5. 【17/9/23:清水対広島】精神的ダメージが大きい敗戦
  6. 【17/9/16:清水対川崎】完全支配された前半、この敗北は割り切るしかない
  7. 【17/9/30:大宮対清水】勝ち切れなかったことで、降格圏が迫る事態に
  8. 残留争いの行方と、下降線のエスパルスと、前向きな心
  9. 2トップの補完性、チアゴ・アウベスの取扱説明書
  10. ブラジル人に滅法弱いエスパルスの、今の守備課題

月別アーカイブ

2017
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss