1Q92

2トップの補完性、チアゴ・アウベスの取扱説明書

このエントリーをはてなブックマークに追加

小林エスパルスでは、4-4-2の2トップ制を常に採用している。

この2トップ制について、市販の一般的な戦術解説書を読むと、「2トップ制では、異なるタイプのFW2人を並べることが有効である」と書かれている。

2トップがそれぞれ自分の色を出し、互いの足りない部分を補い合う。 すなわち「補完性」が重要である、と。

先日の広島戦において、チアゴ・アウベスと相棒を組んだのは、金子であった。

おそらく前線からの守備があまり得意ではないチアゴ・アウベスのことを考慮し、金子を抜擢したのだと思う。

確かにそれは一理あるが、こと攻撃に関しては、2人のプレースタイルの特徴からして、このコンビが果たして適切だったかどうか。

その補完性の面において、問題があったように思う。

チアゴ・アウベスは、純然たる9番(CF)といったタイプではなく、9番と10番(トップ下)の間、いわゆる9.5番的な選手である。

最前線で相手CBを背負ったポストプレーはあまり得意としておらず、中盤に引いてきてボールを受け、そこからターンして前を向き、ドリブルで仕掛けていくのが、彼の特徴である。

となると、チアゴ・アウベスが中盤に降りてくるシーンが必然的に増えるので、その分CFが本来いるべき場所、すなわち前線の真ん中には、金子のみが位置取ることになる。

この点は、金子もよく自分の役割を理解していて、 「初めてチアゴ選手と組むことになったので、チアゴ選手を生かすプレーをしようと思って試合に入った」 「ビルドアップの時は、チアゴ選手が引いたり、サイドに流れたりということがあるので、自分は真ん中でポジションを取っていた」 と、試合後に語っている。

しかし、金子も本来9番タイプではない。 前線の真ん中で、屈強なCBを相手に空中戦を挑むのは、フィジカル的にツラいものがある。

そもそもはWGの選手なので、中盤に引いたり、サイドに流れたりするのは、本当は金子自身がやりたいプレーであろう。

なお、一応お断りしておくと、これはいわば相性の問題なので、選手個人が悪いと言っているわけではない。

むしろこの日の金子は、ここ数試合で最もコンディションが良く、デュエルもよくできており、惜しいチャンスがいくつかあった。

さて、FWの選手を、前線の真ん中にズドンと居座り体を張るポストプレイヤー型と、その周辺を衛星のように動き回るシャドーストライカー型の、大きく2つに区分したとする。

その場合、現在のエスパルスのメンバーでは、 ポストプレイヤー型:鄭大世、長谷川 シャドーストライカー型:チアゴ・アウベス、金子、北川、白崎 となるのではないか。

ただし鄭大世は、川崎時代はWG、ドイツ時代はトップ下も務めており、シャドーストライカーもできる万能型と言える。

2トップの補完性という意味では、このポストプレイヤー型とシャドーストライカー型でコンビを組むのが良いと考えられる。

実際に広島戦では、鄭大世と北川が2トップを組み、 「できるだけ大世を真ん中に置いて動くな、そこの周りを航也が動け」 と小林監督が指示して、そのとおり、サイドに流れた北川がクロスを送り、中央の鄭大世が頭で同点ゴールを決めている。

そう考えると、チアゴ・アウベスと組むのは、やはり鄭大世がベストだと思う。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

浦和☓鳥栖 同じミスの繰り返し【浦和な生活】

地方から見る日本サッカーの現在位置【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

川崎vs清水(09月20日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

広島戦フェーズ2:個の力に頼る攻撃では、組織的守備は崩せない【1Q92】

災難として割り切るしかない~川崎vs清水(09月20日)観戦の周辺をウロウロと…【4thDayMarketCenter】

広島戦フェーズ1:ミスの修正を怠ったことで、高い代償を払うことに【1Q92】

【17/9/23:清水対広島】精神的ダメージが大きい敗戦【1Q92】

希望を魅せろ!!U-17W杯、メンバー発表!!【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

ブロガープロフィール

profile-iconflowersforfootball

清水育ち、都内在住のオレンジサポーター。
エスパルス関連コラムと、試合の戦術分析などを徒然なるままに。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:155182

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【17/10/14:清水対磐田】みっともない惨敗ダービー
  2. なぜ川崎にここまで圧倒的にポゼッションされてしまったのか
  3. 【17/8/27:清水対浦和】依然、厳しい戦いが続く…
  4. 残留争いの行方と、下降線のエスパルスと、前向きな心
  5. (今節プレビュー:広島戦)謎の不振に喘ぐ広島と、摩訶不思議なJリーグ
  6. 【17/9/23:清水対広島】精神的ダメージが大きい敗戦
  7. 【17/9/30:大宮対清水】勝ち切れなかったことで、降格圏が迫る事態に
  8. 【17/9/16:清水対川崎】完全支配された前半、この敗北は割り切るしかない
  9. 2トップの補完性、チアゴ・アウベスの取扱説明書
  10. ブラジル人に滅法弱いエスパルスの、今の守備課題

月別アーカイブ

2017
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss