1Q92

浦和戦で改めて見えた、裏のスペースの守備に対する課題

このエントリーをはてなブックマークに追加

“清水エスパルスの選手たちが感じた浦和レッズの変化「監督が代わって改善」”と題して、サッカーダイジェストの記事が掲載されていた。 (下記参照)

試合の様々なポイントが書かれているが、この中から僕が取り上げたいのは、浦和が裏へのボールで揺さぶりをかけたという部分。

浦和はエスパルスの最終ラインの裏のスペースへ、序盤から執拗なまでにボールを送り込んできた。 そして、この戦法に耐え切れず、エスパルスは両CBが前半早々にイエローカードを頂戴してしまう。

この辺りの興梠の飛び出しと、ボールの出し手との呼吸の合わせ方は、実に見事というべきで、特に現在得点王の興梠は、前回対戦でもハットトリックを決められ、今は「顔も見たくない」と思うほどの充実ぶりだった。

この結果、エスパルスは裏へのスペースのケアを気にするあまり、ラインがズルズルと下がってしまい、そしてポゼッションを握られて押し込まれ、攻撃に転じることができないという、完全な悪循環に陥ってしまった。

エスパルスの最終ラインの裏のスペースが狙われているというのは、別に浦和戦に始まったことではない。 横浜戦でも、柏戦でも、相手はこのエスパルスの弱点を突いてきた。

裏のスペース、特にCBとSBの間を狙ってスルーパスを通されてしまうことが多い。 エスパルスは両SBが攻撃的なタイプなので、必然的に高い位置を取ることが多く、その結果、SBが上がった後のスペースがどうしても空いてしまう。

ここにボールを通されてしまうと、CBが相手FWとの一対一の対決を余儀なくされるが、二見は対人守備に課題があり、カヌと角田はスピードに難があるため、その勝負に負けて失点するというパターンが多々ある。 ケガ人が多い中、守備で数的優位の関係を維持できなければ、守り切るのは難しい。

こうした状況を防ぐためには、ボールの受け手(相手FW)云々以前に、ボールの出し手(相手MF・DF)の動きを封じにかかるべきだ。 全体をコンパクトに保ちつつ、前線と中盤が連動してボールの出し手にプレスをかけていくことが重要であり、複数失点が続くここ数試合は、相手に簡単に前を向かせて、良いパスを出させてしまうというシーンが多かった。

言うは易しではあるが、この点は早急に改善していかなければならない。

今回紹介した記事の最後には、「今季初の3連敗となった清水にとっても、過去2試合に比べれば前向きな要素は多い戦いだった」と書かれているが、僕はそこまで楽天的にはなれない。

まだまだ厳しい戦いが待っていることは間違いなく、しかしその中で少しでも課題が改善していくことを期待したい。



>ブログランキング参加中。 >よろしければ、1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

“清水エスパルスの選手たちが感じた浦和レッズの変化「監督が代わって改善」” (サッカーダイジェスト)

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

鬼木采配 守りに入る?【ダブルボギーの憂鬱】

去年アルビを低迷させた吉田達磨監督はなぜヴァンフォーレで残留圏に留まっているのか?【アルビレックス新潟シンドローム】

栃木vs盛岡(8月26日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

【17/8/27:清水対浦和】依然、厳しい戦いが続く…【1Q92】

明治安田生命J1リーグ 第23節 鹿島アントラーズvs清水エスパルス レビュー【hirotaiのブログ〜オレンジの落書帳】

J1版清水エスパルスの変化/J1仕様への試行錯誤【猫に小判】

「J1」清水の戦い、未勝利のち、惨敗。【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

「J1」清水の戦い、まだまだ、まだまだ続く、未勝利。【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

ブロガープロフィール

profile-iconflowersforfootball

清水育ち、都内在住のオレンジサポーター。
エスパルス関連コラムと、試合の戦術分析などを徒然なるままに。
  • 昨日のページビュー:63
  • 累計のページビュー:155432

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【17/10/14:清水対磐田】みっともない惨敗ダービー
  2. なぜ川崎にここまで圧倒的にポゼッションされてしまったのか
  3. 【17/8/27:清水対浦和】依然、厳しい戦いが続く…
  4. 残留争いの行方と、下降線のエスパルスと、前向きな心
  5. (今節プレビュー:広島戦)謎の不振に喘ぐ広島と、摩訶不思議なJリーグ
  6. 【17/9/23:清水対広島】精神的ダメージが大きい敗戦
  7. 【17/9/30:大宮対清水】勝ち切れなかったことで、降格圏が迫る事態に
  8. 【17/9/16:清水対川崎】完全支配された前半、この敗北は割り切るしかない
  9. 2トップの補完性、チアゴ・アウベスの取扱説明書
  10. ブラジル人に滅法弱いエスパルスの、今の守備課題

月別アーカイブ

2017
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss