1Q92

(今節プレビュー:広島戦)謎の不振に喘ぐ広島と、摩訶不思議なJリーグ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「なんで、そこにいるんだ、インザーギ!」

往年のウイニングイレブンをやったことのある方なら、ジョン・カビラが叫ぶ、この有名なセリフを知っているかと思う。

このゴール実況を借用するならば、今季の広島の順位は、 「なんで、そこにいるんだ、サンフレッチェ!」 となるのかもしれない。

Jリーグというのは、摩訶不思議なリーグだ。 世界を見渡しても、これほど稀有なリーグはなかなかない。

なにせ1部への昇格組がいきなり優勝、さらには三冠まで果たすクラブがいる一方で、名門や強豪と呼ばれるクラブがいとも簡単に降格してしまうのである。

リーグ創設からまだ25年、もう25年の歴史の中で、そういった例には、枚挙にいとまがない。

まさにJリーグとは、「一寸先は闇」。

何が起こるか分からない、何が起こってもおかしくはない。 そこが恐怖でもあり、醍醐味でもある。

そんなJリーグの魔の手にかかってしまったのが、今季の広島だ。

広島が今季たった5勝しかできていないとは、驚き以外の何物でもない。 一昨季のリーグチャンピオンでありながら、今季は開幕から降格圏をさまよい続けている。

実績のあるチームだけに、いつかは調子を上げてくるだろうと思われつつも、未だ大きく再浮上するまでには至っていない。

そして、そうこうするうちに、クラブ最大の功労者であった森保監督が退任するという事態にまで発展してしまった。

昨日、森保監督が東京五輪の日本代表監督候補に急浮上しているとの報道があった。

今更言うまでもなく、それくらい日本人トップクラスの評価を得ているのが森保監督である。

しかし、その森保監督ですら、今季の謎めいた不調の流れを止めることはできなかった。

なぜ、広島はここまで不振に喘ぐのか。

正直なところ、外部の人間である僕にはよく分からない。 おそらくは様々な理由が、複雑に絡み合っているのだと思う。

ただ、広島はここ数年優勝争いを演じてきたが、一方で資金潤沢なクラブではないだけに、毎年のように有力選手を(特に赤いクラブに)引き抜かれてきた。

その中でも上手なやり繰りを続けてきたが、ついには臨界点を迎えるだけの「金属疲労」のようなものを起こしてしまったように思う。

単なる想像で、勘のようなものだが、そんな気がしてならない。

さて、エスパルスがアウェーで1-0の勝利をした前回対戦は、第2節のこと。 これがエスパルスにとって、記念すべきJ1復帰初勝利であった。

昇格したてであり、また広島にはリーグ戦でしばらく勝っていなかっただけに、「J1の強豪相手にも、おれたちはできるんだ!」という、自信を付けさせてもらった一戦だったように記憶している。

そのときからは広島も、監督が変わり、システムも変わった。

ペトロビッチ監督以来、代名詞ともなっていた伝統の3-4-3-1を捨て、今は4バックの4-2-3-1を採用している。

エスパルスの4-4-2とは、システム上、ほぼがっぷり四つに組む形となる。

そんな下位に沈む広島だが、それでもここ最近は復調気味だ。

直近の5試合では、2勝2分1敗と勝ち越しており、ついに降格圏を脱出している。 1勝4敗と調子を落としているエスパルスとは、対照的だ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プレビュー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

首位アントラーズはG大阪の壁を突破できるか?【当てtoto】

今回はチャンス!!第960回toto 予想のまとめ【当てtoto】

Jリーグホームスタジアム訪問記~浦和レッズ~【This is J-league】

天皇杯(17/9/20:川崎戦)の雑感【1Q92】

川崎戦に見るポゼッションを下げさせるコツ、ポイントは恐怖心【1Q92】

明治安田生命J1リーグ 第26節 清水エスパルスvs川崎フロンターレ 「敗戦の中に見えた可能性」【hirotaiのブログ〜オレンジの落書帳】

なぜ川崎にここまで圧倒的にポゼッションされてしまったのか【1Q92】

【17/9/16:清水対川崎】完全支配された前半、この敗北は割り切るしかない【1Q92】

ブロガープロフィール

profile-iconflowersforfootball

清水育ち、都内在住のオレンジサポーター。
エスパルス関連コラムと、試合の戦術分析などを徒然なるままに。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:141776

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ川崎にここまで圧倒的にポゼッションされてしまったのか
  2. 【17/8/27:清水対浦和】依然、厳しい戦いが続く…
  3. (今節プレビュー:広島戦)謎の不振に喘ぐ広島と、摩訶不思議なJリーグ
  4. 【17/9/23:清水対広島】精神的ダメージが大きい敗戦
  5. 【17/9/16:清水対川崎】完全支配された前半、この敗北は割り切るしかない
  6. 【17/9/30:大宮対清水】勝ち切れなかったことで、降格圏が迫る事態に
  7. 残留争いの行方と、下降線のエスパルスと、前向きな心
  8. 2トップの補完性、チアゴ・アウベスの取扱説明書
  9. ブラジル人に滅法弱いエスパルスの、今の守備課題
  10. 川崎戦に見るポゼッションを下げさせるコツ、ポイントは恐怖心

月別アーカイブ

2017
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss