1Q92

川崎戦に見るポゼッションを下げさせるコツ、ポイントは恐怖心

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事では、特に前半、川崎に圧倒的にポゼッションされてしまった理由について触れてみた。

今回はその続きとして、後半にある程度ボール支配率を回復できた理由と、そこから見る相手にポゼッションを下げさせるコツについて考察してみたい。

さて、現代フットボールにおいては、最終ラインからビルドアップを行うため、DFの選手にも足元の技術が要求されている。 特にポゼッション志向のチームにおいて、その傾向が顕著である。

実際に川崎も、谷口という足元の上手いCBを起用しており、彼から左SB車屋へ出された絶妙なスルーパスが、2点目のきっかけとなった。

しかし、いくらそのパスセンスで攻撃に貢献することを求められているとはいえ、彼らはあくまでDFである。

すなわち、本業は守備であり、まずは失点しないということが最大のプライオリティとなる。

何が言いたいかというと、本業の守備において彼らを慌てさせることができれば、自ずと自由にパスを出す余裕はなくなるということである。

つまり、ポゼッションを下げさせるためには、相手DFに「恐怖心」を与えることがポイントになる。

前半、中途半端な守り方で、川崎に好き放題やられてしまったエスパルスは、小林監督がハーフタイムに「ボールの奪いどころをはっきり」するよう指示を出した。

この辺りの小林監督の「修正力」は、やはり高い。

前述したように、川崎はビルドアップする際に、CMFのどちらか一人(主に森谷)が最終ラインに降りてきて、3バックのような形をつくる。

よって、単純にエスパルスの2トップがフォアチェックに行っても、2対3の数的不利の状況なので、ボールを奪うことは難しい。

しかし、後半に何度か見られたのは、この2トップに加えて、中盤から竹内などが上がって、3人で一気に前からプレスをかけるやり方である。

そうすると、局地的に3対3の数的同数がつくれる。

これは相手からしてみれば、かなりの恐怖である。

数的同数ということは、最終ラインの3人には全員マークが付いているということであり、軽はずみにパス交換はできない。

そして、もしこの高い位置でボールを奪われてしまったら、一気にゴール前まで運ばれ、GKとの1対1の場面をつくられてしまう。

この状況でもショートパスを繋いでいくには、よほどの胆力と足元の技術に自信がなければできない。

よって、不必要なリスクを避けるため、長いボールを蹴る(相手に蹴らせる)シーンも増えてくる。

もちろんエスパルスにとっても、中盤の選手が前線に上がってプレスをかけるので、その分中盤以下がスカスカになるという相応のリスクがある。 (実際、カウンターの形から3失点目を喫してしまった)

しかし、2点ビハインドを背負ったことにより、ある程度リスクを背負ってでも、前からハメていくというやり方を、後半のエスパルスは採った。

そうせざるを得ないところまで追い込まれた。

個人的には、まともにぶつかっては難しい相手だったので、こうした思い切った戦い方を前半からやって欲しかったと思う。

ただ、いきなりそこまで大胆なやり方はできないよ、というのが選手たちの心情なのかもしれないが。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

5バック相手をどう崩すかという課題~J1第26節 FC東京vsベガルタ仙台~【ヒグのサッカー観戦日記】

控え目に言って末期症状〜新潟vs鹿島(9月16日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

磐田☓浦和 如何に連戦を乗り切るのか【浦和な生活】

明治安田生命J1リーグ 第26節 清水エスパルスvs川崎フロンターレ 「敗戦の中に見えた可能性」【hirotaiのブログ〜オレンジの落書帳】

なぜ川崎にここまで圧倒的にポゼッションされてしまったのか【1Q92】

【17/9/16:清水対川崎】完全支配された前半、この敗北は割り切るしかない【1Q92】

(今節プレビュー:川崎戦)キーワードはポゼッション、地元凱旋の大島を抑えよ【1Q92】

流動的と言われる今節・川崎戦のスタメンを予想してみる【1Q92】

ブロガープロフィール

profile-iconflowersforfootball

清水育ち、都内在住のオレンジサポーター。
エスパルス関連コラムと、試合の戦術分析などを徒然なるままに。
  • 昨日のページビュー:360
  • 累計のページビュー:151896

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ川崎にここまで圧倒的にポゼッションされてしまったのか
  2. 【17/10/14:清水対磐田】みっともない惨敗ダービー
  3. 【17/8/27:清水対浦和】依然、厳しい戦いが続く…
  4. (今節プレビュー:広島戦)謎の不振に喘ぐ広島と、摩訶不思議なJリーグ
  5. 【17/9/23:清水対広島】精神的ダメージが大きい敗戦
  6. 【17/9/16:清水対川崎】完全支配された前半、この敗北は割り切るしかない
  7. 【17/9/30:大宮対清水】勝ち切れなかったことで、降格圏が迫る事態に
  8. 残留争いの行方と、下降線のエスパルスと、前向きな心
  9. 2トップの補完性、チアゴ・アウベスの取扱説明書
  10. ブラジル人に滅法弱いエスパルスの、今の守備課題

月別アーカイブ

2017
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss