2013年01月27日

今シーズンの戦力分析~北海道日本ハムファイターズ

今週は大型トレードもあり盛り上がりました。

もうすぐキャンプも始まる寸前でしたが、まさか・・・というのが大半の意見だとは思いますが。

さて、毎週更新となります今回は第三回目となります。
今回は北海道日本ハムファイターズをと思います。


※他球団に関してとなりますため、色々情報不足などの面もあるかと思いますので、突っ込みどころありましたら随時どうぞです。ご意見なども遠慮なくいただければと思います。


昨年、栗山監督にかわった1年目、ダルビッシュもポスティングでいなくなる中、チームがどういう状態になるのか不安だったり、やはり上位は難しいのではという意見も多かったかと思います。

しかし、ふたをあけてみればそんな穴を感じることもなく、勿論時には厳しい期間はあったとは思いますが、一度もBクラスに落ちることなく見事にリーグ優勝を果たしました。

抜けた大エースの穴、そこを埋めたのは吉川でした。
制球力・球威・スタミナも抜群で、ストレートは150kmを越えるような威力。
防御率も1.71と最高の数字でファイターズの投手陣を支えました。
勿論武田勝やウルフ、多田野、八木、中村勝などなど、足りない部分などをしっかり補えていたのも大きかったです。

それに、やはりファイターズといえば屈指のリリーフ陣です。
どうしても登板過多になりがちな傾向はあるものの、ここまで回せばなんとかなるみたいな強さはあります。

打線は絶対的なものはないものの、稲葉・糸井・中田を軸とし、また陽が今季はいい形で攻守に渡り活躍をしてくれたのも大きかったでしょうか。
田中が抜け、小谷野も不調などとありましたが、若手だったり控え選手ががんばりと、こう考えていくと投打ともに本当にチーム一丸となっていたのだと思います。


今季、直近であった糸井・八木のトレードの影響がどうなるか、また、コーチ陣の一新などもありましたのでそういった面も含めてどういうチームとなっていくのかが気になるところです。

それとは別に大谷をどうしていくのかというのも気になりますけどね。


北海道日本ハムファイターズ(2012-2013)

選手情報等
※引退・退団などは記載していません。

新入団・獲得

大谷翔平(ドラフト1位)
森本龍弥(ドラフト2位)
鍵谷陽平(ドラフト3位)
宇佐美塁大(ドラフト4位)
新垣勇人(ドラフト5位)
屋宜照悟(ドラフト6位)
河野秀数(ドラフト7位)

トレード
糸井・八木⇔木佐貫・大引・赤田
土屋⇔北

FA
田中賢→ジャイアンツとマイナー契約


【投手陣】

やはり、軸は今季同様に吉川が担っていく形になるとは思いますが、若干ですがシーズンオフにわかった怪我の影響は気になります。
また、やはり各チームとも対策は練ってくるでしょうから、そこをどうしていくのかですね。
成績面を考えても、エースとしての期待はかかりますので、それを背負ってどういう成長を遂げてくれるのかという部分でも楽しみです。
まだまだ若いですし、これからを担う上でも今季が一つポイントになりそうですし、キーマンの一人といえそうです。

武田勝、ウルフ、そして怪我から復活するであろうケッペルの投手陣、ここに加わるのがトレードで加入する木佐貫、若手株の中村勝というところでしょうか。

木佐貫は昨シーズンは勝敗の成績自体はそこまでよくはありませんが、完投能力はありますし、防御率も2.60ですから悪くもありません。
ファイターズの中継ぎ陣は比較的登板過多気味になりやすいですので、長い回を投げてくれれば助かるでしょうし。

中村勝も終盤にでてきてからはしっかり先発はしていましたので、後はどれだけ投げていけるのかですかね。
私がみていた限りでは四球が多くて自らを苦しめていた印象が強いので、その辺をクリアできれば面白いのではないでしょうか。

多田野や谷本、糸数とまだまだいますし、今季入団した選手たちもいますので、総じて先発陣は厚めになったのかなとは感じます。
怪我で出遅れそうな感じではありますが、やはり斎藤佑あたりも戻ってくれば、先発ローテがうまい具合に機能しそうです。


中継ぎ陣についてはもう言わずもがなでしょう。
登板過多が続き、やはり勤続疲労的なものはあるところですが、それでも屈指の中継ぎ陣が揃っていることにはかわりありません。


そして、投手陣で気になるところは実はコーチですかね。
今季から吉井コーチがいなくなり、黒木コーチが就任しました。
コーチ経験がないという部分はありますが、本人も長く怪我で苦労された投手でしたので、起用方法なんかがどうなるのかというのは気になります。

チームへの影響がどの程度かはわかりませんけれども、ファイターズはコーチ陣が大分かわったので、その辺の影響がどのようにあるのかというのは少なからず出るのかなとは思います。



【打撃陣】

ファイターズの場合、やはり打撃面のほうが不安といえば不安になります。

まずやはり、要の一人であった糸井が抜けることでどうなるかです。
獲得した大引と赤田は中軸を打つ打者ではありませんので、中田を4番に据えるのは昨年同様でしょうが、その周囲をどう固めるのかはポイントになりそうです。

陽は三振は多いものの、足もあるのでできれば1番がいいでしょうか。
出塁率は高めなので、中軸もありだとは思いますが、ここは1番固定でいくのが面白いかもしれません。
こうすると2番に西川ないしは杉谷と若手を据えやすくもなるでしょうし。

稲葉は大変だとは思いますが、3番ないしは5番でいってもらわざるをえないでしょう。
やはり少ないチャンスをというところと、4番中田をある程度楽にさせるためにも。
できれば小谷野あたりが復活してくれれば中軸もありだとは思うのですが・・・。

普通にホフパワーが担うとは思いますが、あまり代えのきかない中軸になってしまいそうです。
鵜久森あたりがここをチャンスとばかりに覚醒してくれたら面白いのですけども。


トレードでくる大引については、やはり金子誠の年齢面や怪我具合と相談で今後をという部分でしょう。
本当に守備はうまい選手ですし、小技も得意ですからね。

赤田については糸井がぬける外野陣の枠を狙っていける選手です。
最強の外野陣を誇っていたファイターズではありますが、抜けた後はやや手薄です。
若手含めてチャンスなのかなという気もします。


不安はあるものの、選手の復調や怪我にさえ気をつければ、安定感のある打線にはなりそうです。


糸井の穴は打撃だけではなく、守備の面でも痛いところではあるものの、案外そうでもなかったりするのかもです。
勿論広い札幌ドームですから、守備範囲が狭まるという懸念はあるものの、
結果的にいえば昨シーズンはセンターが陽でライト糸井となっていたので、守備の要となるセンターラインに問題がありません。
ライトが空きますが、ここは若手にしろ先に書きましたが赤田だったり、ちらほらニュースにあるように大谷が打の方で成果をだせればはまる可能性もあります。


内野陣も大引加入でなんら不安もなく、どうも考えている以上にファイターズは今季も安定感がありそうな気がします。


最後に、改めて振り返ると糸井の穴は大変大きいですし、チームへの精神的な影響面というのは少なからずあると思います。

ここで糸井がいればみたいな・・・。

ただ、加入した選手が個々では確かに糸井よりはという面はあるにせよ、総合的にみればファイターズのやや弱さのあった部分を補えるだけのものはあるのかなと思っています。

投手編で少し触れましたが、コーチの変更が投手・野手、そしてヘッドコーチというところでかわったので、この影響が全体を通してどういったものをもたらすのかというところでしょうか。


トレードは確かに大きな出来事ではありましたが、それ以外は目立ったような動きもなく、基本的には現有戦力タイプのファイターズ。

しかし、あまり抜け目を感じず、やはり今季も安定的な強さを誇りそうな予感がします。

posted by 瑞雲 |23:29 | 他球団状況 | コメント(9) | トラックバック(0)
このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをはてなブックマークに登録 newsing it! このエントリを Buzzurl に追加

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/finalformula2/tb_ping/446
この記事に対するコメント一覧
(事務局では、サービス全体の雰囲気醸成の為、全コメントをフィルター/目視チェックし、削除等しております。見逃し等も有りますので、ご不快な思いをされた場合は、事務局宛 support@plus-blog.sportsnavi.com にご意見頂けると幸いです。)
今シーズンの戦力分析~北海道日本ハムファイターズ

コメント投稿者ID : OOH00024958

こんにちわ。日ハムは打者の層の薄さが気になります。投手については先発は武田勝、吉川、ウルフ、移籍してきた木佐貫、多田野、中村勝などがいり安定していると思います。ただ吉川の怪我の回復具合が気になります。昨シーズンが良すぎた感があり、今季も同程度の成績を残せるかは未知数です。ただ日本シリーズで活躍した中村勝はかなり上乗せが期待できるとおもいます。中継ぎ、抑えは万全だと思います。打線は正直、小粒になりました。陽、稲葉、中田はいいものの、小谷野の復活、ホフパワーのより一層の本塁打に期待したいです。大引が加入したことで内野はひきしまりますし、赤田は内野、外野とも守られるので働いてくれるでしょう。ただ主力が怪我をした場合が心配です。日ハムは若手がいきなり活躍する選手がでてきますので、その点を期待したいです。

posted by かめさん | 2013-01-28 11:16

今シーズンの戦力分析~北海道日本ハムファイターズ

コメント投稿者ID : OOH00048829

ハムファンですがコメントします。今回の件、最初は驚きましたが、現在は納得です。確かに普通よりかなりいい選手で、天然でおもろいですが、選手の精神的な中心というはどうかと。また、『ここに糸井がいたら・・』というのはまず無いかと。そんなこといっていたら、新庄、小笠原、森本、マイケル、建山、高橋信、ダル等2年に一度は大物(タイトルホルダー)がいなくなっていますから。ちなみに、多分一番は西川か陽(この二人が1番と3番)。2番大引。あと2月に新外国人をとる可能性があります。外野は多分谷口が入ってくるのでは。また小谷野が開幕に間に合わなければ、杉谷がくるのでは。これでバッテリーが中村、近藤であればフレッシュオールスター並みの若さ。

posted by yy | 2013-01-28 15:01

Re:今シーズンの戦力分析〜北海道日本ハムファイターズ

コメント投稿者ID : panamaungazureita

トレードですが北⇔土屋もありました。

まあ主力級じゃないですけどね。yyさんのおっしゃる通り1、3番は陽か西川、ライトは期待度的には谷口ですねー。赤田との併用が現実的な所でしょうか。

佐藤賢治、鵜久森、杉谷も一軍・レギュラー定着に挑んで欲しいです。

ちなみに二軍スタメンも超若いです。みんな二十歳前後になりそう。

posted by panamaungazureita | 2013-01-28 15:36

今シーズンの戦力分析~北海道日本ハムファイターズ

コメント投稿者ID : OOH00048829

返信ありがとうございます。時間が今日あるので、このブログを見ていましたがひとつ気になった内容があったので書きます。毎年順位を行うのですが、去年の2月初旬の段階では西武が優勝候補でした。でも、開幕前に『SBもしくは日ハム』にしました。(ちなみに檻を優勝候補に上げていた解説者がいましたがマジ?って感じでした)西武を候補に上げていたのは『100試合以上働ける捕手がいる』『優勝できるフロントがいる』『優勝争いをした経験がある選手がいる』『先発がいる』そして『しっかりとした抑えがいる』でした。つまり牧田を抑えにすると思っていたのです。中島が来年出て行くならば『牧田。優勝するために今年だけでもやってくれ』となるから牧野もOKだすであろうと。でも、開幕前情報で牧田は先発と・・。日ハムファンとすれば喜んだことを覚えています。なので、2013年度の抑えの内容のブログを見たのですが、以外にも牧田の名前すらないのは驚きでした。優勝を狙うのであれば牧田=抑えなのですが、なんで皆様の中からも出てこないのでしょうか。

posted by yy | 2013-01-28 17:51

今シーズンの戦力分析~北海道日本ハムファイターズ

コメント投稿者ID : finalformula2

かめさんさん

こんばんは。

ファイターズの打者層についてはまぁ、仰るように薄さはあるのですが、毎年の傾向としてはこのくらいで落ち着いていますよね。
それでもしっかり勝てるということは、投手力や守備力というか、守りがしっかりしているということなのでしょうかね。

吉川は確かによすぎた面はありますが、ダルビッシュが抜けたことで空いた「エース」という部分を見事にやってのたけたわけです。
後はこれを継続できるかが次のステップアップとなりますので、敵としては怖いですが、どうなっていくのかは楽しみです。

他の方もかかれておりますが、若手がどんどん出てきそうですね。
補強があまりないチームですから、新たなる力で補っていくというのはある意味ライオンズも同じなのですけども。

主力の怪我はどのチームでも悩みの種にはなりますので、若手の台頭も期待しつつ、その辺のケアがしっかりできるチームこそが最終的には天辺をとるのかなと思います。

posted by 瑞雲(管理人) | 2013-01-29 01:29

今シーズンの戦力分析~北海道日本ハムファイターズ

コメント投稿者ID : finalformula2

yyさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

ファイターズファンだけでなく、野球ファンの大半の方は驚いたであろう大型トレードでした。
ありえないだけで語るのは単純なのですが、冷静に考えていくと、大引という選手を取れたのはこれから先を見据えればとてもいいのではないかとも思えます。

木佐貫も最近は結構いいピッチングはしていますし、赤田もずっとパ・リーグでやっているわけですしね。
それに元はライオンズを引っ張った選手でもあるので、チャンスで打ったり、選手を鼓舞する力はありますよ。


糸井については、この辺は実際にファンとしての視点、外様からの視点があるかと思うのであれですが、やはり糸井がでてくるのは本当に怖かったものです。
ファイターズの場合はやはり打線の繋がりが怖いですからね。
まぁ、大物系とかがいなくなるにしても、次がでてくるというところでは、ライオンズやファイターズは色々楽しみな点はありますよね。


谷口はちょっと私はわかりませんが、ファンの方の期待が高いようなので、今シーズンはその辺も気にしつつみていきたいなと思います。

ファイターズもまたフレッシュな面々がでてくるようなので、その力がどういう形で発揮されるのかについても気にしていきたいなと思います。


ちなみに、もう一つのほうで語られている「牧田の抑え」ですが、うーん・・・勿体無いとかではないでしょうか。
なんせ先発しても二桁勝利を計算できる投手ですし、もう少し気をつければ長いイニングを安定して投げれます。(単純に監督が先発志向なのもあるかもですけどね)

また、牧田の場合は基本的に打たせて取るタイプであることから、いくら本人が自信をもっていても、危ない場面も結構あります。
下手投げ特有の傾向としてポテンヒット系も出やすいですしね。←個人的にはコレが一番の気がかりですが。

それこそ単純に優勝だけをみつめ、何も気にしないのであれば、涌井でもいいんじゃないかくらいです。

ただ、今後もふまえていけば、やはりしっかりした守護神はほしいところですね。(常にあるウィークポイントですし)
そういう意味で、増田だったり、形になってきた大石だったり、サファテなんかがやってくれればというのがファンの願いというところです。

posted by 瑞雲(管理人) | 2013-01-29 01:43

今シーズンの戦力分析~北海道日本ハムファイターズ

コメント投稿者ID : finalformula2

panamaungazureitaさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

そういえば、そのようなトレードもありました。
失念しており、申し訳ありません。追加しておきます。

トレードをきっかけにということもありますし、北も結構楽しみな選手ですね。
確かファームでは大分打っていた気がしますし、となれば後は1軍での結果というところなんですけど。

外野については谷口を推されておりますが、私はちょっとわかりませんため、今シーズンは是非ライトのポジションを気にしながらみれたらなと思います。

それ以外にも当然狙ってくる選手はいるわけですし、若手がそろい踏みというのも楽しみですね。
若い力はやはり爆発力はありますから、流れに乗ったら本当に一直線にいってしまいそうです。

posted by 瑞雲(管理人) | 2013-01-29 01:47

今シーズンの戦力分析~北海道日本ハムファイターズ

コメント投稿者ID : OOH00037948

こんにちは、ハムfanです。

ライト谷口、今年で21才になるのかな。私も彼がイチオシです。

生で見たのか、テレビで見たのか忘れましたが、ライトからホームへのレーザービームを目の当たりにしました。ドストライクで本塁タッチアウト。

谷口は愛工大名電出身ですが、まさにイチロー並みで度肝を抜かれました。守備を重視するハムにとっては、彼で間違いない、って思っています。経験を積めば打つ方も問題ないでしょう。

大引が金子のあとがまで加入しましたが、中々の人物のようで、水が変ってブレイクしてくれたらいいですね。

木佐貫にもオリのときより勝ち星をつけてあげられたらと。

暴れん坊SHOGOにも勿論期待してます。

posted by うずら走り | 2013-01-31 01:17

今シーズンの戦力分析~北海道日本ハムファイターズ

コメント投稿者ID : finalformula2

うずら走りさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
また、ご返答が大変遅くなりまして申し訳ありません。

ファイターズファンの方々がみな推されている谷口は期待値も大変高い選手のようですね。
強肩も魅力でということですし、これは是非私もみてみたいものです。
21歳ということであればまだまだこれからでしょうし、ポジションを勝ち取ってほしいですね。

大引はバファローズのキャプテンだかを任されるほどの選手ですからね。
それに守備は大変巧い選手ですし、こう内野手を引き締めてくれる選手と考えれば今後も見据えていい選手をとったとは思っています。

木佐貫も去年あたりから安定感はまたあがった気もしますし、赤田もいい形でファイターズの外野陣の一角を担ってくれたらなと思います。

posted by 瑞雲(管理人) | 2013-02-02 11:33

コメントする

「他サービスID/メールアドレス」で投稿する場合は、そのID/メールアドレスは表示されず、当サービス専用の固定のコメント投稿者ID「英数+連番」に変換され表示します。

※コメント投稿手順
(1)上記リストから希望のIDを選択する。
  例: Yahoo! JAPAN IDでコメント投稿
(2)Yahoo! JAPAN上の本人確認画面でIDとパスワードを入力する。
(3)スポーツナビ+blog側のコメント入力画面が表示される。
(4)コメント本文を記入し、投稿ボタンをクリックする。
(5)コメント投稿者IDとコメントが表示される。

詳しくは以下2ページをご覧下さい
【仕様変更】PCからのコメント投稿について
ブログ利用マニュアル「コメント投稿方法」

※コメント投稿手順
(1)上記リストからログイン/メールアドレスのどちらかを選択する。
  例: ログインしてコメント投稿
(2)plus-blogのアカウントとパスワード/メールアドレスを入力する。
(3)コメント入力画面が表示される。
(4)コメント本文を記入し、投稿ボタンをクリックする。
(5)コメント投稿者IDとコメントが表示される。

詳しくは以下2ページをご覧下さい
【仕様変更】PCからのコメント投稿について
ブログ利用マニュアル「コメント投稿方法」