no title

投げずに敬遠というルール変更はどうなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

MLBでは正式に今シーズンから敬遠のときは投げずに主審にその旨を伝えれば良いことになったそうだ。 もちろん今までにもコリジョンルールをはじめ小さなルール変更はあったが、 おそらくDH制を採用して以来の大きなルール変更ではないかと思う。

コリジョンルールや併殺崩しの危険なスライディングの禁止などは、あくまでも守備妨害や走塁妨害という従来からのルールの適用範囲や判断基準の変更に過ぎないだろう。 しかしながら、宣言敬遠はそれとは違う。明らかに今まではなかったルールができるということだ。

個人的には反対である。 別にルールを変更することがいけないと思っているわけではない。 あくまでも「敬遠といえどもその間に何かが起きるかもしれない」という可能性を無くしてしまう事が野球の面白さを減らしてしまうように感じるからだ。 確か昨年もベイスターズの小杉投手やファイターズの鍵谷投手が敬遠した球が暴投になってしまったことがあったと思う。 過去にもファイターズの柏原選手やジャイアンツのクロマティ選手やタイガースの新庄選手が敬遠の球を打ったことがあったと思うし、 タイガースの小林投手は敬遠が暴投でサヨナラ負けしたこともあったはずだ。

宣言敬遠のルールがNPBでも採用されればこのような場面は二度と見られないことになる。

試合時間の短縮は必要なのかもしれないが、他にももっと短縮できる場面があるのではないだろうか?



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

投げずに敬遠というルール変更はどうなのか?

敬遠の時に何かが起こると言う可能性はかなり低いのでは。個人的にはその何かが起こるかもと言う感じを持って敬遠の場面を見ている事は無いので、敬遠の作業中は退屈な時間だし、このルールは別に良いのではと思う。野球の試合自体プレーをして居ない時間が多過ぎる。投げて、打って、守ってと言う所が野球の基本だと思うし、敬遠はその野球の基本にそぐわないし、敬遠は投げると言う行為はあっても、打者との勝負を避けて居る行為なので、その投げると言う行為自体も意味が無いと思います。

投げずに敬遠というルール変更はどうなのか?

こんばんは。

何の問題もないですよ。
そもそも、そういうことを言い出したら4球ボールで四球はどうなのか、3球ストライクで三振はどうなのか。
そもそも、「四球というシステム自体どうなのか」(もともとは四球もなかったはずなので)ってことになりますよ。

そもそもからして、引き分け制度を導入してるのも日本だけだし、決めたルールを受け入れてやってきたのが野球、というかスポーツなんですよ。

投げずに敬遠四球に文句を言うくらいなら、その前に日本の引き分け制度に文句言い続けてみてくださいな。

「投げずに敬遠というルール変更はどうなのか?」へのコメント

ファンとして、敬遠で暴投や捕逸で失点は面白くないから見たいとは思わないから、賛成でも反対でもない。もちろん、去年のゲーリー・サンチェスが敬遠球を打ったセンターフライのようなシーンが見れなくなることだけが残念。ただ、ルールの効率化の流れからしたら、仕方ないかなという程度。実際の選手からしたら賛否はあるだろうけど、ファンとしては正直どっちでもいい。

こんな記事も読みたい

STの雑感(その1)【ピンストライプと船員軍団】

デヨング←→ジャクソン・ザバラのトレード【ピンストライプと船員軍団】

ダフィー 禁断の「MUとKU」ネタで炎上か!KC愛深いが...もっと学ぼう!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconfighters_love

  • 昨日のページビュー:41
  • 累計のページビュー:67434

(03月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 斉藤祐樹、岡大海の背番号変更
  2. ターニングポイントはやはり第三戦か?
  3. 選手がたりな~い!!
  4. ファイターズの中堅若手野手はベテランの牙城を崩せるか?
  5. 大谷の年俸は少ないのか?
  6. ファイターズの春季キャンプメンバー決定
  7. 大谷のベストナインダブル受賞について
  8. 西川遥輝選手大台1億円で契約更改
  9. ファイターズのキャンプ初日メニューを見て
  10. 投げずに敬遠というルール変更はどうなのか?

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss