MLB 戦いの原理を求めて

月別アーカイブ :2015年12月

7番セカンド カノのNYYには華があった 強者は時間を包囲せよ

戦略とは勝利の生産性を高めるための時間を支配する技術である。そんな風に言うことも可能かもしれません。時間という観点からNYYを例にして戦略と勝利の生産性についてこれから少し話をしてみたいと思います。 2019年にターゲットを絞り込んで着々と<弱者の戦略>を推進させている(と思われる)ハル・スタインブレナーですが、なぜハル・スタインブレナーが取っているこの戦略を<弱者の戦略>というのかというと、例え......続きを読む»

2018年 ハーパーをターゲットにヤンキースは動く!

オプトアウトも含めて2018年になると下記のような層々たる超A級のメンバーがFA市場に溢れだすことになると今から一週間前に向こうでも記事になりましたた。WAR5.0を超える選手がずらっと並んでいます。選手協会とMLB機構の新しい労使協定(CBA=Collective Bargaining Agreement)を2016年12月2日から新たに締結することとになり、贅沢税のラインも現行の189Mから......続きを読む»

日米におけるフリーエージェントの違いと行動経済学

日米におけるFA権の行使率の違いを文化や民族性の違いの寄るものであると、以前書いたのですが、論点がずれているという指摘がありました。その後じっくり熟考するにたしかに私の考え方は浅はかだった可能性があると思い直し、再考しました。 当ブログの中心理念ともなっているリベラルアーツの一技法として<行動経済学>について、本を読んだりすることもあるのですが、行動経済学のアリエリー教授は「人はある重要な決......続きを読む»

もし四割打者のジョー・ジャクソンが現代に生まれていたら

ケーブルTVの放映権をはじめとし、ロゴが入った商品化を行うマーチャンダイジング、スポンサーシップなどによってMLBの莫大な収入増加によって、選手のフリーエージェントのマーケットは右肩上がりのインフレ路線をひた走っている。シーズンオフになっても尚MLBファンもストーブリーグを楽しめ、今の選手たちがこうした富を享受できるのも過去の偉大なる先人たちが多大な犠牲を払ってその礎の上に築かれているものです。 ......続きを読む»

グリンキーショック、LAD岩隈を獲得する

グリンキーのARI移籍における衝撃がMLB全体を激震させました。クエトに断られているスモールマーケットのチームがなぜグリンキー獲得と思ったのは私だけではなかったはずです。2015ARIの得点リーグ2位 失点リーグ9位 得失点差+7であり、戦略的課題はずばりイニングイーターであり優れたスターターさえ揃えば2016に勝負できるだけの陣容は揃うと考えることは妥当です。チェイスフィールドという広大な球場故に......続きを読む»

なぜメジャーではFAによる選手の移動が多いのか

久々になぜなぜシリーズです。そもそもメジャーのファームシステムは8軍までのピラミッド構造になっており、ドラフトでも毎年各球団50人セレクトするメジャ-とせいぜい8人程度しかドラフトしない日本のプロ野球では選手の人数そのものが違います。メジャーでは激しい競争原理から25人のアクティブロースターの枠を目指して、雲霞の如く優れた人材がファームから生み出されてきます。もちろんファームだけでなくメジャーには独......続きを読む»

グリンキーとバムガーナーのダブルエースはSFの悲願である

NYYの財政力ならともかく、LADのオーナーグループが言うようにさすがにLADレベルの財政力からすると3億ドルというペイロールはやや過剰にも思える。ファンからすれば薩摩流でいう「チェスト!行け」というものだろうが、現実に利益もある程度、確保しなければ経営事業の目的としては成り立たない以上、多少なりともペイロールを下げることにはなるだろう。しかしもしここでストーブリーグの勝負に負けてグリンキーをSFに......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconfield_of_dreams

大谷を口説くために日本ハムが用意した提案書に感銘して以来、日本ハムのファンとなる。二刀流については入団当初から 支持をする。

歴史や戦略 戦術をテーマにずっと研究してきました。

MLBで最も惹かれる人物は、リグリーフィールドの蔦を考案した人。7イニングストレッチで「Take Me Out to the Ball Game」を歌う文化を定着させた人物と言ってもいい。

2015年7月5日に自分がどうしても書きたかった記事をupする予定です。ビル・ベックを知らずしてMLBの歴史は語れない。


  • 昨日のページビュー:15445
  • 累計のページビュー:3113205

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷レベルのファーストボールを投げる投手は3Aにゴロゴロいる
  2. LADはプイーグ放出をすべきである
  3. 栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?
  4. なぜ張本勲・野村克也は栗山監督を未だ認められないのか
  5. 大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!
  6. 大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する
  7. カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 
  8. ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする
  9. ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか
  10. 巨人、福田を永久追放してはならない そしてピート・ローズ

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss