MLB 戦いの原理を求めて

歴史

バリー・ボンズは必ず殿堂入りすることになる

何事も明け透けに語ってしまう暴言王カート・シリングは、ラジオ番組で「現役時代にレッドソックスの トレーナーから禁止薬物を薦められた」と告白したことが過去に記事となったことがあります。あれだけPEDに身を染めたクレメンスにも手厳しい態度を見せてきたシリングのことです。シリングは良くも悪くも思ったことを口に出してしまう性分故に、率直であるからこそ、シリングの言葉に一定の信頼を持っています。 ところで......続きを読む»

カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 

ルー・ブロックと言えば、打率300 3000本安打 1000盗塁にメジャー史上最も肉薄した選手としての印象が強い。リッキー・ヘンダーソン出現以前において、盗塁の象徴と言えばルー・ブロックであった。カブスの歴史においてルー・ブロックを1964年にフラッグディールで放出したトレードは、史上最悪のトレードとされており、ブロックは移籍先で一気に才能を爆発させることとなる。 カブス時代のブロックと言えば、外......続きを読む»

ジャッキー・ロビンソンからビーンGMまでロジスティクスの歴史  落合中日は日本ハム流広義のマネーボールに学べ 

記事をアップすべきところを間違えました。再掲です。失礼しました。 ==== ロジスティクス。兵站こそは、チーム強化における要諦でもあり、如何に質のいい選手を戦いの最前線へ送り込めるのかという課題は、ベースボールがプロへと化し優勝を目標として以来、時代を超えてGM最大の課題であり続ける。 そのロジスティクスにおいて「ビックマーケット」の財政力にものを言わせてFAで数多くの大物を獲得して、大きな成......続きを読む»

ヤンキースに待望のデュオ誕生か baby bombers の衝撃デビュー

次なる注目ポイントとして挙げていたのがタシェアラとAロッドの処遇でした。実質的にAロッドをDFAとした決断は全く正しく、今日の試合においてもタシェアラもスタメン落ちとなり、代わってスタメンに名を連ねたのがプロスペクトのジャッジとオースティンであり、メジャー初打席において2者連続ホームランを放つというド派手なデビューを飾りました。今後は一気にタシェアラの出番も減ってくることは容易に想像できます。 次......続きを読む»

「一番ピッチャー・大谷」 魅せて勝つ!それが三原イズム

球界における最高の花形であった大学野球から、その人気の座を職業野球(プロ野球)が奪い取りプロ野球のステータスを一気に押し上げた最高の立役者こそが<長嶋茂雄>であったとは、当時の証言を検証する限り誰もが認めるところです。とりわけ天覧試合のサヨナラホームランこそは一大エポックメイキングであり、プロ野球そのものが文字通り天皇に見守られながら<国技>となった瞬間でもあったわけです。 日本プロ野球、史上最高......続きを読む»

ピート・ローズさん 昔はツーシームもチェンジアップもないでしょう。

「今と昔は投手の配球も変化球も大違い。ツーシームもチェンジアップもないでしょう。」 そうオリックスナインはイチローを擁護したようです。しかし擁護するという姿勢が善意に満ちていれば、プロセスにおいて全くの出鱈目な知識を持ち出してもいいのでしょうか。 今から80年前に沢村栄治という大投手がいました。日本にプロ野球が作られる直前に全日本の投手としてルースやゲーリッグと静岡県草薙球場で対決して、0-1で......続きを読む»

なぜパリーグのレベルの方が高いのか?小宮山や里崎の記事で満足できなかった人のために。パリーグの強さを分析する 

交流戦の成績を見れば明らかですが、MLBではアリーグが勝ち越すようにNPBにおけるパリーグ同様にほぼ安定して毎年勝ち越しをしています。その主な要因をこれから三つ挙げます。特にポイントに挙げた3番目の部分こそがこの記事の肝でもあります。ふだんここで私がupしている軽い記事とは違い、今回の記事についてはかなり読者を選ぶところがあるのではないかと思っています。かなりの長文ですが、良かったら最後までお付き......続きを読む»

大谷二刀流のルーツを知っているか?

大谷二刀流のルーツを知ることは、イチローの振り子や野茂のトルネードのルーツを知ることであり、文字通り日本のプロ野球のルーツを辿ることになります。こうした大谷やイチロー、野茂のような型破りの個性の塊のような選手たちが日本のプロ野球に出現するにはするだけの文化的土壌を築いた人物がいたということですね。その人物は日本プロ野球の歴史に残る数々の奇跡を起こしており、ミラクルつながりということなのか元ドジャー......続きを読む»

大谷の二刀流とDH制の導入是非について

「なぜMLB機構は1990年代後半マグワイアらのPED使用を容認していたのか?」というテーマにつながってくる事柄について記事にしてみたいと思います。 2017年度からのDH制導入の是非が一時期、話題となっていましたが、マンフレッドはNLへのDH制導入に意気込んではいたものの、結果的にこの改革案はNLのオーナーからの強い抵抗に遭い当面は見送ったと伝えられました。任期3年で30チームのオーナーから75......続きを読む»

もし四割打者のジョー・ジャクソンが現代に生まれていたら

ケーブルTVの放映権をはじめとし、ロゴが入った商品化を行うマーチャンダイジング、スポンサーシップなどによってMLBの莫大な収入増加によって、選手のフリーエージェントのマーケットは右肩上がりのインフレ路線をひた走っている。シーズンオフになっても尚MLBファンもストーブリーグを楽しめ、今の選手たちがこうした富を享受できるのも過去の偉大なる先人たちが多大な犠牲を払ってその礎の上に築かれているものです。 ......続きを読む»

アトリーのタックルでテハダが骨折 それがベースボールだ!

「ダブルプレーを阻止するために無防備な内野手へ、時には殺人的なスライディングやタックルを仕掛ける。それがベースボールの本場における文化というものなのだよ、諸君!むしろそうしたベースボールの文化に適応できず骨折した選手の方が問題なのだ」そう教え諭すかのような論調のコラムがPITのカンが骨折した際は全開でした。SNSでも通を気取る人に限って、全く問題ないという意見が支配的でした。またそうした危険を直接身......続きを読む»

巨人、福田を永久追放してはならない そしてピート・ローズ

かなり頭がすっきり整理されてきたので記事をupしておきます。おそらく大多数で占められる世間の意見とは大きく食い違うが、私と同じような意見の人は10%程度はいるものとも考えています。なぜ私がローズに対するマービン・ミラーの意見が直感的に正しいと感じ、大多数の世間を覆う空気に違和感を感じているのか、その根拠を熊崎コミッショナーが間接的に教えてくれた格好です。 === 世間において永久追放の連呼の中、......続きを読む»

ピート・ローズは復権するのか

コミッショナーのマンフレッドがスポーツベッティング合法化に向けて前向きの動きを見せている。平たく言えば賭博合法化に向けてそれが実現すれば、MLBにも相当の収益が入ってくることは想像に難くなく、利益をもってすればオーナーたちを説得するのも時間の問題だろう。選手会もその収益で最終的に潤うことにもなる。 その前段としてどうしてもクリアしておかなければいけない懸案が、闇賭博で永久追放されたピート・ロー......続きを読む»

「もう一つのブラックソックス事件」マービン・ミラーの慧眼

今から3年前に、マービン・ミラーは逝去されました。その報に接した瞬間、思わず私は「あっ」という声なき声を発し、とても厳粛な気分に包まれた記憶があります。MLB史上において有数の枢要な人物の一人である、フリーエージェントをもたらした最大の立役者であるマービン・ミラーが書いた「FAへの死闘」という本を先日読了しました。実務能力はもちろん透徹した洞察力の落ち主であり、相当の切れ者であることは文章の端々から......続きを読む»

かくしてSEAは最もプレーオフから遠ざかるチームとなる

「パット・ギリックの法則」という言葉をご存知でしょうか? 2015年、ついにTORはこの「パット・ギリックの法則」の呪縛から解き放たれて、超強力打線を擁してPO進出ということなりそうです。1992年と1993年の連続ワールドシリーズ制覇という輝かしい年から22年ぶりです。つまり自分の不正確な記憶が間違いでなければ、SEAは最もプレーオフから遠ざかるチームとなることを意味しています。 今か......続きを読む»

なぜメジャーのボールパークは個性的でおしゃれなのか?

メジャーの球場には球場内に高さ何十メートルもある巨大な滑り台があったり、汽車が外野スタンド奥で走ったり、芝生のある本格的な公園そのものが外野スタンドに埋め込まれていたり、きれいな噴水があったり、泳げるプールがあったりと日本の球場と比べて実に個性的です。この記事のタイトルの裏を返せば、なぜ日本の球場は個性に乏しいのか?という設問へ切り替えることも可能です。 なぜメジャーのボールパークは個性的でおし......続きを読む»

ボールパーク戦略の極意は<花>にあり

アメリカでは球場について3種類の呼び名があります。スタジアム、フィールドそして<ボールパーク>です。 パークの語源とは<パラダイス>であり、もともとは「囲ってある場所」という意味です。例えば世界で最も人気のあるディズニーランドというテーマパークにはウォルト・ディズニーの魔法がかけられ、祝祭化されその囲われた場所は<パラダイス>と化し、人々はその強力な磁場に惹きつけられて何度でもテーマパーク......続きを読む»

MLB全体のBABIPついに300に達す ~守備シフトを過大評価してはならない

「守備シフトの有効性を過大評価してはならない」という記事で書いたように、BABIP観測の途中報告です。2ヶ月前その時はBABIPは296でした。一ヶ月前のBABIPは298でした。そして「夏場になれば投手がへばって打者の季節に入り、BABIPは一般に上昇する傾向性があります。もちろん絶対の法則ではないので、もう少しBABIPの推移を眺めてゆくことにします。 」と書きましたが、現在の打者BABIP......続きを読む»

なぜメジャーの球場は左右非対称であるのか?

ベースボールの歴史を紐解かなければこの問題に答えることはできません。一言で言うと、プロのべースボールが郊外型ではなく都市型のスポーツとして発展を遂げてきたこととそれは密接に関係があります。 まず最初にどうしても必要な伏線なため T型フォードの話をします。なぜならば、このT型フォード出現による大衆車社会に突入したことがボールパークの形状とも実は深いかかわりがあるからです。T型フォードの出現は......続きを読む»

なぜ四割打者は絶滅種と化したのか?

グールドの「フルハウス 生命の全容 四割打者の絶滅と進化の逆説」を読むと統計学の観点より テッドウィリアムズ以降 4割打者が絶滅種と化したのかが画かれています。以下私なりの言葉で要約し、最後にそれなりのオチを用意したつもりです。 ===== あらゆるスポーツは創世期からはじまって 成長期を迎えやがて成熟期を迎えるようになります。100mの陸上にしろマラソンにしろ野球にしろすべてそうです。成......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconfield_of_dreams

大谷を口説くために日本ハムが用意した提案書に感銘して以来、日本ハムのファンとなる。二刀流については入団当初から 支持をする。

歴史や戦略 戦術をテーマにずっと研究してきました。

MLBで最も惹かれる人物は、リグリーフィールドの蔦を考案した人。7イニングストレッチで「Take Me Out to the Ball Game」を歌う文化を定着させた人物と言ってもいい。

2015年7月5日に自分がどうしても書きたかった記事をupする予定です。ビル・ベックを知らずしてMLBの歴史は語れない。


  • 昨日のページビュー:15445
  • 累計のページビュー:3113205

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷レベルのファーストボールを投げる投手は3Aにゴロゴロいる
  2. LADはプイーグ放出をすべきである
  3. 栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?
  4. なぜ張本勲・野村克也は栗山監督を未だ認められないのか
  5. 大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!
  6. 大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する
  7. カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 
  8. ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする
  9. ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか
  10. 巨人、福田を永久追放してはならない そしてピート・ローズ

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss