MLB 戦いの原理を求めて

栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

野村の本を読むといろいろと教えられることが多いことは確かです。しかしながら、彼の本の特徴はとにかく客観を装いながらも自分のことを良く見られたいという欲求で終始しているために、自分に都合のよいバイアスに沿って物事を眺めるという最大の欠陥がある

ヤクルト時代の野村本を読むと99パーセント監督でチームは決まるといい、ヤクルトが優勝したのは自分の力によるものであると暗に言っています。たしかに監督の力は非常に重要なファクターではあるが客観的にはそんなことは断じてあり得ません。それは後の野村のキャリアそのものがそれを図らずも証明してゆくことになります。もし野村克也のその言葉が真理であるならば、阪神時代も優勝していなければ、嘘ということなる

万年最下位阪神時代の野村本を読むと、組織はTOPで決まると阪神のオーナーの姿勢を批判し、選手のやる気のなさを批判している。ヤクルト時代にはオーナーや選手にも恵まれていたことを告白しているに過ぎない。99パーセント発言はやはり間違っていたことをここでも証明している。もちろん、阪神以降の野村本では99パーセント発言一切出てきません。当然です。それは真理ではないのですから。

さらにもっとも呆れたのは、野村が栗山監督を嫌いのはよくわかるが、その批判の仕様です。ダルビッシュを欠いた日本ハム一年目で戦前 誰一人優勝を予想した解説者がいない中、(前任の梨田が唯一3位に予想はしていたが、このような身びいきともいうべき予想は有効なサンプルとはとてもみなせない)、というよりも梨田を除く他すべての解説者がBクラスを予想した中で、栗山監督は文字通り不可能を可能にするといった結果を出したわけです。

ダルと田中のチームにおける働きは、セイバーメトリクス的には同等か、ダルの方がやや上。楽天から田中が出て行っても尚、優勝して見せたくらいの業績であったわけです。田中が抜けた翌年の楽天は最下位でした

しかし偉業を成した栗山監督を認めるどころか、簡単に素人が優勝してもらっては優勝監督の価値が下がる、栗山監督が優勝したのは偶然、風に乗っただけに過ぎない、ヒルマン、梨田は野村自身のことをよく研究していたからその遺産によって栗山でも優勝できたのであり、栗山の力量によるものではないと言っています。さすがに呆れました。つまり言っていることは栗山監督の優勝さえも自分の影響によったものであると読めるものでした・・・、風が吹けばおけ屋が儲かる的な驚くべき詭弁。

<まとめ>

ヤクルト時代の優勝は自らの功績とし、阪神時代の失敗はオーナーや選手を痛烈に批判し責任を押しつけ。挙句の果てには、星野を推薦したのは自分であると、星野阪神の成功の要因を自らの推薦した眼力によるものとアピールし、好意を持っていない栗山監督の優勝をこともあろうに、風が運んでくれたもの、大きな意味で野村のノウハウのお蔭であるというもはや全くの頓珍漢な論理を展開

つまり、ダルビッシュが抜けた日本ハムをもしあの時 梨田の後継として御本尊の野村克也が監督を引き受けていたら、無能な栗山監督で優勝できるなら名将野村克也であれば100パーセントの確率で日本ハムを優勝に導いていたという結論になる。しかしながら野村克也が仮に日本ハムの監督を引き受けていて優勝させることはできたのか 大いに疑問です、はっきり言えばチームカラーにも合わずまず無理だったのではないか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本ハム 
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?

栗山監督就任の際の雑誌「Number」の記事で、選手時代の彼と野村監督のことが書かれていました。
実力よりも人気のほうが上回っている選手を好まなかった野村監督のもとで、控え外野手栗山英樹のチャンスはごくわずかなもの。彼の早い引退は病気のためというのが一般に語られるところですが、本人の主観では、野村スワローズでのチャンスのなさを悟ったからということのようです。
しかしそんな野村監督でしたが、引退を告げた時に言われた言葉は、「おまえ、もったいないな」だったそうです。
監督となってからの栗山英樹は、私の目には紛うことなき「野村チルドレン」に映ります。言葉を駆使して選手を動かし、メディアをけむに巻く。
野村氏は、「ファイターズは『弱者の野球』をやって優勝した」と語ったことがあります。私には彼の毒舌は、それこそ栗山監督自身が「翔平は全然ダメ」と笑いながら語る時のようなものではないかと思えました。

「栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?」へのコメント

コメント失礼します。

まさにあなたの分析通りです。

野村は原監督の事もこき下ろしています。羨望やねたみに他なりません。
単なる目立ちたがりやの金の猛者、というのが私の野村評です。

こんな記事も読みたい

これがお前らの実力なんだよ!! とぶん殴られたような試合【続・カープと日常と】

地元で輝く藤井選手。バースデー当日に輝く淳志選手。カッチョエエなあ~。【落合博満さん(元ドラゴンズ監督&GM)好きは否めない。】

完敗!完敗!今日は藤浪に祝福の乾杯を【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

ファイターズ、連敗はしないぞ!【HIT! RUN! WIN!】

浦野が嫌な流れを振り切って今季初勝利【FF】

(5/20)浦野が大きな今季初勝利! vs楽天【F×F BLOG】

ファイターズ、敗戦へと導いたあれこれ。【HIT! RUN! WIN!】

(5/19)継ぎはぎ継投でまさかの逆転負け vs楽天【F×F BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconfield_of_dreams

大谷を口説くために日本ハムが用意した提案書に感銘して以来、日本ハムのファンとなる。二刀流については入団当初から 支持をする。

歴史や戦略 戦術をテーマにずっと研究してきました。

MLBで最も惹かれる人物は、リグリーフィールドの蔦を考案した人。7イニングストレッチで「Take Me Out to the Ball Game」を歌う文化を定着させた人物と言ってもいい。

2015年7月5日に自分がどうしても書きたかった記事をupする予定です。ビル・ベックを知らずしてMLBの歴史は語れない。


  • 昨日のページビュー:15445
  • 累計のページビュー:3113205

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷レベルのファーストボールを投げる投手は3Aにゴロゴロいる
  2. LADはプイーグ放出をすべきである
  3. 栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?
  4. なぜ張本勲・野村克也は栗山監督を未だ認められないのか
  5. 大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!
  6. 大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する
  7. カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 
  8. ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする
  9. ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか
  10. 巨人、福田を永久追放してはならない そしてピート・ローズ

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss