MLB 戦いの原理を求めて

「オープンな、まっさらな気持ちで」という大谷翔平の言葉の真意を曲解してはならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

「理想的な環境だけを純粋に求めた結果、一切の義理や金銭という条件を括弧に入れて、すべてを白紙の上において眺めて比較考慮した結果、エンジェルスを選択した大谷翔平という人物の決断力の凄まじさを痛感させられた。」

大谷が入団記者会見をする前にそう当ブログでは書きました。「すべてを白紙の上において眺めて」というフレーズを実際の記者会見で大谷は「オープンな、まっさらな気持ちで」と表現したのではないかと個人的には解釈しています。

11/12の記者会見でもはっきりしたように、二刀流にとって理想的な環境を求めて、チームを選択してゆく意志を大谷翔平は示しました。すなわち理想的な環境を足らしめるいくつかの条件を大谷翔平自身が想定していたのは間違いありません。

例えばほぼ同じような条件のチームがあったとして、唯一決定的に違う条件が人工芝と自然芝であれば、大谷はどちらを果たして選択するか。むろん自然芝をホームにしているチームを選択するでしょう。あるいは他はほぼ同じ条件で、温暖と寒冷であれば大谷はおそらく温暖な地をホームとするチームを選択するはずです。

以下同様に、DH制のあるなしであれば、条件がほぼ同じならばDH制のある方が日本ハムで実践済みであり、大谷にとってより理想的な条件はDH制ありのチームであることは間違いない。なぜならばDH解除するという手がALにはあっても、NLにおいてその逆のDHを付加することはできないからです。(交流戦は除く)

あるいはもし超ヒッターズパークと緩やかなピッチャーズパークであれば、戦略的に眺めても緩やかなピッチャーズパークの方を大谷二刀流はおそらく選択するはずなのです。

つまり、このように二刀流にとっての理想的な環境を足らしめるいくつかの重要なファクターが現実に存在し、それらの条件が複雑に絡み合い最終的に総合判断し、最も理想的な環境と判断したエンジェルスを実際に選んだわけです。27チームも手を挙げてラッキーセブンの中に一切東海岸のチームはありませんでしたが、これも偶然ではなくそこには明確な大谷の基準があったと考えるのが自然です。

例えば表向きは日本人選手がいるかいないかは関係ないと、大谷は言っていました。ただしこれも真正直にその言葉を受け取ってはなりません。

なぜならば実際に元エンジェルス出身・高橋尚成付のトレーナーでもあった寺田さんは、高橋尚成が退団後もエンジェルスに残り、大谷との交渉の場で通訳を担当しました。その際に「同じチームに日本人選手がいない方が同僚のペースを乱さずに済むので、できればいない方がいい」という希望を大谷から直に聞いているのです。ウィンターミーティング直前に移籍先を即決したように人を気遣う大谷翔平らしい側面がそこにはあります。

更にはその後、日本ハムの関係者もその点、移籍先決定後、明らかにしているとのことです。

ではなぜ前田が在籍するドジャースをラッキーセブンに選んだのか。

つまり繰り返しになりますが「日本人選手がいない方がいい」は希望の条件の一つではあるが、その一つの条件を絶対化することはせず、オールオアナッシングで日本人選手がいるチームは絶対に駄目だという風に大谷は必ずしも考えなかったということになります

結論

まっさらな気持ちで相手と対峙するとは、大谷翔平が理想として考えているチームのいくつかの条件を決して絶対化せず、様々な条件を勘案してフラットな立場から総合判断し最終判断を下す意味であり、理想がある以上、そこには当然条件は存在している。結果的に大谷が二刀流の環境に好ましいと考えたアナハイムは西海岸の温暖な気候であり、DHもあるピッチャーズパーク、日本人選手もおらず、郊外に球場があり、日本人コミュニティもしっかりしている二刀流に対しても理解を示したチームであった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大谷二刀流
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「「オープンな、まっさらな気持ちで」という大谷翔平の言葉の真意を曲解してはならない」へのコメント

自分こそが、大谷を都合のいいように解釈しまくっているという高度なギャグですね。なかなか面白かったです。

「オープンな、まっさらな気持ちで」という大谷翔平の言葉の真意を曲解してはならない

相変わらず往生際が悪いですね。

こんな記事も読みたい

小坂誠コーチ どうぞよろしくお願いします【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

25年来のエンジェルスファンから見た「大谷翔平」【Go Angels Baseball!】

出でよ!サッカー界の大谷翔平!【「読裏クラブ」のワンツー通し】

エンゼルスファンの皆様、SHOHEIのことよろしくお願いします・・。【願)カープVSライオンズの日本シリーズ】

大谷を獲ったエンゼルス、返す手でダルビッシュ?【夏はエンゼルス、冬はクリッパーズ】

したたかな日本ハムの戦略と大谷翔平の決断に凄みを感じたエンジェルスへの移籍劇【MLB 戦いの原理を求めて】

キター!大谷、エンゼルス!【夏はエンゼルス、冬はクリッパーズ】

続編捕捉 なぜ野村克也は大谷二刀流がメジャーで失敗に終わって欲しいのか 30チームに拡張されたメジャーのレベルはほんとうに下がったのか【MLB 戦いの原理を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconfield_of_dreams

本日アカウント作成。もしブログを継続する際はツィッターでお知らせします。


大谷を口説くために日本ハムが用意した提案書に感銘して以来、日本ハムのファンとなる。二刀流については入団当初から 支持をする。

歴史や戦略 戦術をテーマにずっと研究してきました。

MLBで最も惹かれる人物は、リグリーフィールドの蔦を考案した人。7イニングストレッチで「Take Me Out to the Ball Game」を歌う文化を定着させた人物と言ってもいい。

2015年7月5日に自分がどうしても書きたかった記事をupする予定です。ビル・ベックを知らずしてMLBの歴史は語れない。


  • 昨日のページビュー:1125
  • 累計のページビュー:3567180

(01月18日現在)

関連サイト:MLB 戦いの原理を求めて

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷レベルのファーストボールを投げる投手は3Aにゴロゴロいる
  2. 大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!
  3. ドジャースはプイーグ放出をすべきである
  4. 大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する
  5. なぜ張本勲・野村克也は栗山監督を未だ認められないのか
  6. 栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?
  7. 大谷翔平がヤンキースを選ばないと確信したその理由 記者会見を通じて
  8. カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 
  9. ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする
  10. ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss