MLB 戦いの原理を求めて

2番ジャッジが躍動 ジラルディの真骨頂「動かざる力」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ALCS第4戦をジャッジの大活躍もあって見事な大逆転で2勝2敗のタイに持ち込みました。34打数21三振のジャッジを2番から下位へ下げるという選択肢もあったはずです。しかしジラルディは将来も見越してどれだけ三振を重ねても2番ジャッジは梃でも動かさなかった。それで負けても甘んじて批判を受け入れて自らの責任として負う覚悟ではあったのだと思う。

何か派手に動いてそれが成功すると、変化が目に見えるだけに多くのファンはそのファインプレーにマジックと称して拍手喝采を贈る。しかし風林火山という言葉を待つまでも、<動くこと>と<動かざること>は全くの等価である。

カストロが調子が悪ければ下げるという判断もジラルディはしています。では三振率60%を超えるジャッジ2番を動かさず、それが結果として出た今日のこのジラルディの静かなる決断をファインプレーとして認識するだけの<深い目>を持つ人はいったいどれだけいたでしょうか。

ジラルディの良さを評価するには、<深い目>が必要であるというのはこのような例を示しています。そのファインプレーは派手じゃないためになかなかわからない。チャド・グリーンの使い方にしてもメンタルをケアしつつ、先回の失敗で潰れないような細心の注意が払われていることがよくわかるはずです。ここがわからなければジラルディをフェアーに評価することはまず不可能です。

例えばNLCS第2戦、9回同点でラッキーを出してサヨナラになったマドンの継投ですが、そのミスも名将だから仕方なしとして一般にはスルーされています。果たしてあの場面でラッキーは正しかったのでしょうか。では同じことをジラルディがしたらどうなるでしょうか。言うまでもなく、全く同じ判断をしてミスをしても大バッシングとなるはずです

それがバイアスというものの正体です。ほんとうの意味で物事をフェアーに見るにはそれなりの訓練が必要となるのです。

当ブログは戦いの原理を探求してはいます。ジラルディを擁護するブログではありません。私自身ジラルディのファンでもない。ジラルディ批判の中に戦いの原理に照らして奥深いところにキラリと光るような言葉があるならば、擁護するよりもその言葉を選び取るつもりはあります。

ただどう探しても核心をついた言葉が見当たらない。

結論

2番ジャッジは固定するというこの決断にこそ、ジラルディの真骨頂でもある「動かざる力」がある。派手さもなく、全く目立たない。しかし動かないという決断にもまた力を擁するものであり、誰にでも容易にできるものではない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ヤンキース
監督の技術
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2番ジャッジが躍動 ジラルディの真骨頂「動かざる力」

前回はジャッジを大型扇風機とこき下ろしといて、打ち出したら今度はそれを使い続けたジラルディを褒める、そんなにコロコロと浅はかな意見(駄文)を書かずに腰を据えて書くべきでしょう。
あなたのやり方を見てるともしもジャッジの調子が上がらないままシリーズが終ってたらその時はまた大型扇風機と書くのでしょうから駄文を読むだけで腹が立ちます。

「2番ジャッジが躍動 ジラルディの真骨頂「動かざる力」」へのコメント

バードやヒックスも上げたり下げたりしてるんですよね。でも、ジャッジは一切いじらなかった。たしかにこれはファインプレーですね。

2番ジャッジが躍動 ジラルディの真骨頂「動かざる力」

さすが名将ジラルディ、「何もしない」をしていたという事ですね。
なんだかくまのプーさんみたい(笑)

2番ジャッジが躍動 ジラルディの真骨頂「動かざる力」

ジャッジがホームラン打ったからという後付けの結果論としかいいようがないんですけど

批判意見に見るべきものがないから逆張りが正解、というのは幼稚すぎます。

ジャッジを我慢するのは正しいという客観的根拠を示してもらってません。
完全にソース俺ですよ?この記事

こんな記事も読みたい

こんなにも違う、前田とダルビッシュの先発成績【MLB、NPB四方山話】

ジラルディの攻撃作戦について フレイジャーに送りバントをさせるべきだったのか【MLB 戦いの原理を求めて】

プイグはドジャーズのXファクター【MLB、NPB四方山話】

ブロガープロフィール

profile-iconfield_of_dreams

本日アカウント作成。もしブログを継続する際はツィッターでお知らせします。


大谷を口説くために日本ハムが用意した提案書に感銘して以来、日本ハムのファンとなる。二刀流については入団当初から 支持をする。

歴史や戦略 戦術をテーマにずっと研究してきました。

MLBで最も惹かれる人物は、リグリーフィールドの蔦を考案した人。7イニングストレッチで「Take Me Out to the Ball Game」を歌う文化を定着させた人物と言ってもいい。

2015年7月5日に自分がどうしても書きたかった記事をupする予定です。ビル・ベックを知らずしてMLBの歴史は語れない。


  • 昨日のページビュー:1125
  • 累計のページビュー:3567180

(01月18日現在)

関連サイト:MLB 戦いの原理を求めて

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷レベルのファーストボールを投げる投手は3Aにゴロゴロいる
  2. 大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!
  3. ドジャースはプイーグ放出をすべきである
  4. 大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する
  5. なぜ張本勲・野村克也は栗山監督を未だ認められないのか
  6. 栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?
  7. 大谷翔平がヤンキースを選ばないと確信したその理由 記者会見を通じて
  8. カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 
  9. ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする
  10. ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss