MLB 戦いの原理を求めて

ヤンキースいよいよ決戦!勝負をかけろジラルディ

このエントリーをはてなブックマークに追加

短期決戦で重要な鍵を握る<継投> シャーザ―を降板させたベイカー監督の是非」というタイトルでもともとは2日前に下記の途中までアップしようと考えていました。

現在シャーザ―が降板しカブス戦の試合状況は7回1-1の同点。結果がどうなるかはわかりませんが、これほど愚かな継投を見たのは2014年10月4日、ナショナルズVSジャイアンツのNLDS第2戦以来かもしれません。ジョーダン・ジマーマンが先発し9回2アウトまで1-0で、被安打3と完璧な投球を披露。9回2アウトからパニックを四球で歩かせたところで監督がベンチから飛び出し交代。球数がちょうど100球。

結果はナショナルズのクローザーが同点に追いつかれ18回の死闘をジャイアンツが制して最終的に世界一になりました。

今回もエース・シャーザーがNO-NOペースで7回初安打を喫したところで交代。98球だからという理由なのか、次に控えるシュワーバーが前の打席で大ファールを打たれたからか左のソリスへ交代させました。故障明け、100球、対左。交代の理由がざっとこんなところなのかもしれませんが、この最も大事な一戦に終盤1点差で、サイヤング賞の最有力候補であるシャーザーから3流レベルのブルペンへという継投。

シャーザ― FIP 2.90 ERA 2.52 ソリス   FIP 4.50 ERA 5.58

ちなみにジャンセンのFIP1.32キンブレムのFIP1.42がそれぞれリーグ1位2位を記録。グリーンはFIP1.75であり、fWARは1位ジャンセン、2位キンブレムらにつづいてメジャー全体でも第6位、ヤンキースの中では最優秀。ナショナルズのサイヤンガーから平均以下のブルペンという継投はないが、ヤンキースの4番手スターターからリーグ最優秀レベルのブルペンへの継投は十分にありと当ブログでは考えている。

ALDS第5戦、ジラルディがヤンキース最後の試合になる可能性はある以上、マスコミなどに忖度することなく、自分が思ったように采配をすべきだろう。すべての責任はジラルディ自身が負う以上、グリーンがいけると思えば重要な場面で使っていくべきであり、シーズン中ではない以上、ロバートソンやケインリーを3回や4回から投入するのもありであり、8回9回はチャップマンで目一杯いくのもよし。仮に延長に入っても田中がいる。

結論

ヤンキースの監督として最後の仕事になるかもしれない以上、ジラルディは守りに入ることなく全能力を振り絞って、ポストシーズンだからこそより大胆に勝負をすべきである。ジラルディ擁護の記事が支持数100を超えたように、決してジラルディを批判している者だけではない。

関連記事

「ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか」

「8年連続で最優秀監督賞ポイントを獲得しているジラルディは、もっと評価されるべきである」



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ヤンキース
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ヤンキースいよいよ決戦!勝負をかけろジラルディ

いつもマウンドへ向かうたびに罵声を浴びるジラルディをこのところ多く見てきましたが、今日はロバートソンにしてもチャップマンにしても、多少のことに動じることなく、いつもとは違う変えない勇気を見た気がします。数字を分析するのも野球の一つの楽しみではあるかも知れませんが、解説もいない、自分だけの楽しみ方で球場にて目の前に繰り広げられる一つ一つのドラマを楽しむ事も是非お勧めします。

「ヤンキースいよいよ決戦!勝負をかけろジラルディ」へのコメント

また成績重視の偏った願望ですね

それはともかく
キンブレムて誰ですか?

ヤンキースいよいよ決戦!勝負をかけろジラルディ

シャーザーはシーズン最終戦で負傷したことも勘定したんじゃないでしょうか。(にしても下ろすほどではなかったが)
ソリスは今シーズン散々でしたが9月に限って言えばナッツのエースリリーバーの一人でした。
結果論抜きで継投がダメだったという結論には同意しますが、雑な分析の割に酷い言いようですね。

こんな記事も読みたい

平野佳寿 ついにメジャーへ!鳥羽高校、京産大から初のメジャーリーガー誕生!契約年数、年俸総額は!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか【MLB 戦いの原理を求めて】

ピンチをチャンスへ変えろ!ヤンキース【MLB 戦いの原理を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconfield_of_dreams

本日アカウント作成。もしブログを継続する際はツィッターでお知らせします。


大谷を口説くために日本ハムが用意した提案書に感銘して以来、日本ハムのファンとなる。二刀流については入団当初から 支持をする。

歴史や戦略 戦術をテーマにずっと研究してきました。

MLBで最も惹かれる人物は、リグリーフィールドの蔦を考案した人。7イニングストレッチで「Take Me Out to the Ball Game」を歌う文化を定着させた人物と言ってもいい。

2015年7月5日に自分がどうしても書きたかった記事をupする予定です。ビル・ベックを知らずしてMLBの歴史は語れない。


  • 昨日のページビュー:17124
  • 累計のページビュー:3481277

(12月12日現在)

関連サイト:MLB 戦いの原理を求めて

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷レベルのファーストボールを投げる投手は3Aにゴロゴロいる
  2. 大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!
  3. ドジャースはプイーグ放出をすべきである
  4. 栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?
  5. なぜ張本勲・野村克也は栗山監督を未だ認められないのか
  6. 大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する
  7. 大谷翔平がヤンキースを選ばないと確信したその理由 記者会見を通じて
  8. カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 
  9. ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする
  10. ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss