MLB 戦いの原理を求めて

大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

結論から申し上げるならば、大谷翔平はおそらく、メジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームへ移籍することになるでしょう。

メジャーは5人ローテで回さなければならないという固定概念。メジャー通を自認する程、この固定概念に拘泥する余りに大谷二刀流の可能性はまずないと早計に結論しがちなわけですが、それこそが張本的な固定概念に他ならないことに気づかねばなりません。

「誰も歩んだことのない道を僕は歩いていきたい。」大谷翔平

この記事の中で戦略性の高いGMであるならば、5人ローテに拘ることもなく目的のためにいくらでも柔軟な姿勢を見せるはずだとも言いました。

パドレスが2017年9月に6人ローテをひっそりと試していた事実に気づいている人はそれほど多くはありません。パドレスは何のために6人ローテを実施し、何のためにクリスチャン・ベタンコートを用いることによって二刀流の調整方法についてもいち早く、予行演習をしていたのでしょうか。この二刀流に対するパドレスの本気度、準備にかけた時間や様々なコストは他のチームの追従を許しません。大谷翔平の移籍先・本命はパドレスであると改めて結論しておきます。逆転があるとすれば二刀流に対してパドレス以上の条件を出せるチームであり、DH制のあるアリーグのどこかになる。

(仮に外れようが恥をかくのは自分だけであり、むしろ予め明確に結論をしておいた方が記事としては格段に面白い、どれだけ外れようがこの姿勢はこれからも堅持します。)

来年ダイヤモンドバックスの施設を日本ハムが来春キャンプで使用することとどうして大谷がバックスへ移籍するという結論に結びつくのか、その因果を直結させる理由が私にはよくわからない。バックスの元ドジャーススカウトは2016年末時点でも尚、二刀流について懐疑的なスタンスを崩していなかった以上、大谷のバックス入りという話はにわかには信じがたいのです。

あるマスコミの記事では契約金の上限が30万ドルのペナルティーをくらった11チームにチャンスはないと結論しています。しかしそれはその記者の経済観念、常識、損得感情の物差しによる憶測に過ぎないわけであり、大谷翔平の行動原理とは何らの関係もありません。

またある記事では義理人情に従って、大谷翔平は行動することになるだろうと結論しています。もし義理人情に大谷翔平が縛られるというなら、2017年自らの手術はしないという判断ミスで怪我によって満足にシーズンを働けなかったことを理由に、ファンや栗山監督への恩返しするためにも、もう一年日本でプレーしてからメジャー移籍を決断するという運びになっていたに違いありません。実際、もう一年日本で大谷はプレーするだろうと多くのファンはそう想定していました。

マスコミで報道されているように、大谷翔平が最も重要視しているものとは、金でもなければ義理人情でもない、打者としても投手としても、その技術を超一流のものとして究め、己の可能性を大きく切り拓きたいという<ひたむきな志>そのものである

翻って結果的にもし仮に予想通りパドレスへ入団しようが、予想が外れてダイヤモンドバックス入団しようが、率直に言ってどこへ行くのかを当てられたかなどは、さしたる問題ではありません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大谷二刀流
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!

いろいろ皆さん、チーム当てクイズを楽しんでおられますが、field_of_dreams氏の論点はそこではないですよね。

特に米国の契約は「最後の1分」で決まる(ひっくり返る)ことも多いので、予想はほとんど意味ないです。予想は楽しめばよい程度で。米国人は特に、本気なら、直前までのスタンスを瞬時に変えて条件合わせることは平気です。

大谷の信念は最重要、それを第一章で完成させた栗山は同等に重要でした。米国での第二章を進める上で、実は25才未満ルールが、極めて大きなサポートをすることになります。

米国は世界で一番、経済合理性をベースに置く人種。どのような条件を大谷側が提示しても、完全に売り手市場になりました。大谷第二章、楽しみですね。

大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!

ここにきて外れた時の保険を匂わせ始めたみたいで残念です

大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!

あなたは周りにどう思われたいの?

至極個人的な思い付きを膨らませてよくもまぁここまで長々と妄想を書き連ねましたね。

これでは主張があたっても誰もあなたを認めたりあぁすごいなと思ったりしませんよ。

あなたは何のために毎回ブログ書いてるの?

大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!

>その因果を直結させる理由が私にはよくわからない。


6人制を試した=大谷獲得に向けた布石と結びつけるのも強引すぎるような気がします。

近年、カージナルス、メッツ、ヤンキースも含め、様々な球団が6人制へに向けたアプローチをしています。
ブルージェイズもしていますし、6人制へのアプローチ、それ自体、大谷獲得のために行われたわけでないのは明確です。


>その因果を直結させる理由が私にはよくわからない

今一、その因果を直結させる論理が私には伝わりませんでした。

何処に行くかは、大谷次第でしょうし、
年俸でないのは明確ですから、チームの姿勢によると思います。

後は、ご本人様が最適解を見つけると思いますよ。

こんな記事も読みたい

《マリーンズ》戦力外通告。今後のチーム編成に活かそう。【南大阪に吹くマリンの風】

戦力外通告に見るフロントの責任【鴎道を行く!】

メキシカンリーグ、2球団が撤退へ【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

吉田凌デビュー☆【春の夜の夢 ~オリックス・バファローズ応援ブログ~】

ドラフトについて 〜清宮選手を引き当てることはできるのか〜【素人野球日記】

当たらないけどファイターズの第一次戦力外を予想してみた【FF】

2017ドラフト指名予想~北海道日本ハムファイターズ編~【プロ野球ドラフト会議】【ドラフトさん】

10/4なんてこなければいいのに。ラスト登板?・・。【願)カープVSライオンズの日本シリーズ】

ブロガープロフィール

profile-iconfield_of_dreams

大谷を口説くために日本ハムが用意した提案書に感銘して以来、日本ハムのファンとなる。二刀流については入団当初から 支持をする。

歴史や戦略 戦術をテーマにずっと研究してきました。

MLBで最も惹かれる人物は、リグリーフィールドの蔦を考案した人。7イニングストレッチで「Take Me Out to the Ball Game」を歌う文化を定着させた人物と言ってもいい。

2015年7月5日に自分がどうしても書きたかった記事をupする予定です。ビル・ベックを知らずしてMLBの歴史は語れない。


  • 昨日のページビュー:15445
  • 累計のページビュー:3113205

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷レベルのファーストボールを投げる投手は3Aにゴロゴロいる
  2. LADはプイーグ放出をすべきである
  3. 栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?
  4. なぜ張本勲・野村克也は栗山監督を未だ認められないのか
  5. 大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!
  6. 大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する
  7. カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 
  8. ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする
  9. ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか
  10. 巨人、福田を永久追放してはならない そしてピート・ローズ

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss