MLB 戦いの原理を求めて

メジャー最高のピッチャーズパーク・ベスト10を探る(サンプル3年)

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去3年の平均からピッチャーズパークベスト10の順位を求めてみました。

10位 ペトコパーク      SD  0.921 9位 トロピカーナフィールド TB  0.919 8位 ブッシュスタジアム   STL 0.918 7位 プログレッシブフィールドCLE 0.914  6位 セーフィコフィールド  SEA 0.913 6位 シティーフィールド   NYM 0.908 5位 アナハイムスタジアム  LAA 0.905  4位 ドジャースタジアム   LAD 0.904 3位 AT&T パーク      SF  0.901 2位 マーリンズパーク    MIA 0.881 1位 ミニッツメイド    HOU 0.858

ワールドスポーツMLBについて、内容をレビューすべきであると指摘しましたが、またもや凝りもせずに繰り返し小宮山は、誤った解説を繰り広げました。

アストロズの攻撃力がメジャーで+wRC1位であり、だからミニッツメイドは打者有利と感覚で決めつけているようではまともなセイバーメトリクス分析などできるはずもありません。たしかにそのチームのホームの特性に合わせて戦略は組み立てられます。すなわちピッチャーズパークであれば優れた防御力を重点的に打ち出し、ヒッターズパークであれば攻撃力を前面に打ち出すのは地の利を生かす戦略の定石です。しかしヒッチャーズパークであるかどうかとそのチームの投手力が強いかどうかは、パークファクターの式を見ても明らかなように基本的に一切関係はありません

小宮山がパークファクターの式を理解していないことは間違いありませんが、メジャー最高のピッチャーズパークを打者有利な球場と明言するのはもはやケアレスミスの範疇を超えており、お粗末に過ぎる。さすがに看過できない。(ケアレスミスと言えば下記の記事では平原沖恵さんを自分は沖原さんと記載していました。失礼)

「ワールドスポーツMLBについてレビューする 印象よりもファクトを重視すべきである」

それは上記の中にも記述した眼鏡をかけたインテリジェンスを標榜しているスポーツライターも基本的には全く小宮山と同じ勘違いをしており、パークファクターの式を正しく理解していないことは明らかでした。もちろん本人は理解しているつもりなのでしょう。でなければあのような雰囲気だけの自信満々ではあるが全く出鱈目なセイバーメトリクス分析記事を書くことはできません。

なぜアストロズはメジャーでここ3年でみると最高のピッチャーズパークをホームにしながらも、メジャーで最高の攻撃力を有するチームをルーノウは作り上げることができたのか。むしろそのポイントこそを分析していかなくてはなりません。小宮山の分析ポイントは完全にズレています。

先日の話になりますが、LADのウッドが先発した際に下記のデータが出されました。

    先発  ERA  被HR  ツーシーム回転数

前半戦 15  1.67   2    2090 後半戦 9  4.53   11    1958

というNHKのスタッフは素晴らしいデータのお膳立てをしてくれたにもかかわらず、解説の今中もスタッフの意をくみ取ることなく、頓珍漢な分析をしていました。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
セイバーメトリクス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

メジャー最高のピッチャーズパーク・ベスト10を探る(サンプル3年)

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律 

第5条

この法律で「精神障害者」とは、統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質その他の精神疾患を有する者をいう。

ご指摘に乗っ取り、会ったこともない解説者の事を障害者~ の部分を
         会ったこともない解説者の事を精神障害者 と訂正させていただきます。

「メジャー最高のピッチャーズパーク・ベスト10を探る(サンプル3年)」へのコメント

ミニッツメイドパークはピッチャーズパークだが、ホームランは出やすい球場ですよね?

メジャー最高のピッチャーズパーク・ベスト10を探る(サンプル3年)

TCE00077961さん

自己愛性パーソナリティ障害は精神疾患であり、障害ではありません。
確かに野村克也氏や長谷川滋利氏が自己愛性パーソナリティ障害を
患っているかのように書いたあの文章は下劣ではありましたが、
言葉尻を捕らえた恣意的な事実の歪曲もまた褒められたものではありません。

メジャー最高のピッチャーズパーク・ベスト10を探る(サンプル3年)

TCE00078567さん

それは批判の仕方として適当ではありません。
批判は論理的でなくてはいけません。
「仮にもジャーナリズムを標榜する筆者が、
選手ならいざしらず解説者を呼び捨てにするのはいかがなものか」
これが正しい批判かと思います。

こんな記事も読みたい

シャーザー史上4人目の快挙【MLB記録navi】

ワイルドカードの望みも露と消え、大谷の去就が最大の関心事に【日本在住レンジャーの雑記】

A猪瀬 Kluberをクールバー?米国人は”カンザス”ではなく”KC"だよ 名前は難しい(-_-;)【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconfield_of_dreams

本日アカウント作成。もしブログを継続する際はツィッターでお知らせします。


大谷を口説くために日本ハムが用意した提案書に感銘して以来、日本ハムのファンとなる。二刀流については入団当初から 支持をする。

歴史や戦略 戦術をテーマにずっと研究してきました。

MLBで最も惹かれる人物は、リグリーフィールドの蔦を考案した人。7イニングストレッチで「Take Me Out to the Ball Game」を歌う文化を定着させた人物と言ってもいい。

2015年7月5日に自分がどうしても書きたかった記事をupする予定です。ビル・ベックを知らずしてMLBの歴史は語れない。


  • 昨日のページビュー:2619
  • 累計のページビュー:3490090

(12月14日現在)

関連サイト:MLB 戦いの原理を求めて

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷レベルのファーストボールを投げる投手は3Aにゴロゴロいる
  2. 大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!
  3. ドジャースはプイーグ放出をすべきである
  4. 栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?
  5. なぜ張本勲・野村克也は栗山監督を未だ認められないのか
  6. 大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する
  7. 大谷翔平がヤンキースを選ばないと確信したその理由 記者会見を通じて
  8. カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 
  9. ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする
  10. ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss