MLB 戦いの原理を求めて

フライボール革命と守備シフトの関連性についてセイバーメトリクスする

このエントリーをはてなブックマークに追加

守備シフトとフライボールレボリューションの関連性について、GB率とFB率から分析を試みます。

2007~2011年と2012~2016年という5年くくりのフェーズで捉えるとわかりやすい構造となっている。)

GB率

2007 43.5 2008 43.9 2009 43.3 2010 44.3 2011 44.4

2012 45.1 2013 44.5 2014 44.8 守備シフト元年 2015 45.3 2016 44.7

2017 44.1 フライボールレボリューション

FB率

2007 37.9 2008 35.9 2009 37.8 2010 37.5 2011 36.0

2012 34.0 2013 34.3 2014 34.4 守備シフト元年 2015 33.8 2016 34.6

2017 35.6 フライボールレボリューション

まず最初に抑えておくべきことは、守備シフトが真に機能するにはGB率を高めなければならないというセイバーメトリクスの分析結果があります。実際に守備シフトで大成功を収めたパイレーツのGB率はリーグ最高レベルをずっと維持しており、守備シフトを機能させるためにも如何にGB率を高めるかに多くのチームは腐心しています。守備シフトの影響もあって10年を経年で眺めると2012~2016年のGB率が相対的に高くなっていることがわかります。言うまでもなく守備シフトが2014年になって突然出現したわけでもなく、当然そのトレンドは数年前から静かに潜航し2014年に至り一気に爆発したわけです。

一方フラレイボールレボリューションが2017年から本格的に流行したわけですが、35.6という数値は2012~2016年よりは高いが、2007~2011年の数値よりも低くなっています。

グラウンドボールレボリューション(GB率を高めなければ守備シフトの効果は薄れる)という呼び方もしましたが、守備シフトを機能させるためにGB率が2012~2016年において高くなっていたものが、フライボールレボリューションによって2017年になってGB率はやや下降していることがわかります。

過去10年ベースでみると2017年のFB率は過去11年でど真ん中の6番目の数値となっており、2017年が飛びぬけて高い数値とはなっていないが、ここ数年ベースでみると、守備シフトの影響でこれまでFB率が低い傾向にあったためにFB率が反発し上がったということもできます。

どこに基準を置くかで2017年のFB率の取り扱いも変わってくる。

結論

歴史の運動法則の一つとして、絶えず相反する力の鬩ぎ合いの中で、バイオリズムも形成される。FB率とGB率の推移も守備シフトとフライボールレボリューションの相関の中で俯瞰してゆく歴史的な視点が大事となる

守備シフト 余話

BABIP

2010 297 2011 295 2012 297 2013 297

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
セイバーメトリクス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブラックモン 史上29人目の快挙なるか【MLB記録navi】

ヤンキース、9月の勝敗を左右する先発3本柱の投球【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

スタントンあと2本で新記録【MLB記録navi】

ブロガープロフィール

profile-iconfield_of_dreams

本日アカウント作成。もしブログを継続する際はツィッターでお知らせします。


大谷を口説くために日本ハムが用意した提案書に感銘して以来、日本ハムのファンとなる。二刀流については入団当初から 支持をする。

歴史や戦略 戦術をテーマにずっと研究してきました。

MLBで最も惹かれる人物は、リグリーフィールドの蔦を考案した人。7イニングストレッチで「Take Me Out to the Ball Game」を歌う文化を定着させた人物と言ってもいい。

2015年7月5日に自分がどうしても書きたかった記事をupする予定です。ビル・ベックを知らずしてMLBの歴史は語れない。


  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3280773

(11月21日現在)

関連サイト:MLB 戦いの原理を求めて

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷レベルのファーストボールを投げる投手は3Aにゴロゴロいる
  2. ドジャースはプイーグ放出をすべきである
  3. 栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?
  4. なぜ張本勲・野村克也は栗山監督を未だ認められないのか
  5. 大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!
  6. 大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する
  7. カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 
  8. ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする
  9. 大谷翔平がヤンキースを選ばないと確信したその理由 記者会見を通じて
  10. ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss