MLB 戦いの原理を求めて

「誰も歩んだことのない道を僕は歩いていきたい。」大谷翔平

このエントリーをはてなブックマークに追加

二刀流を題材にして 戦略家とはどういう思考をするのかをテーマにした記事です。戦略的な意味で頭が柔軟であるとはどういうことなのか。

===

大谷二刀流はメジャーの中四日では現実的には不可能である、よってどちらかに絞り込むべきであると考える人がいます。

2016年大谷は現実にイチローの日本時代のキャリアハイの成績を超えるWARをたたき出しました。イチローがメジャーでもALリーグ最高のfWARを全盛期にたたき出した年もあったように、ポテンシャル的には大谷がメジャーへ行って、リーグ最高とは言わずともチーム内において最大級のWARを生産する可能性は十分にある。何よりも二刀流がメジャーファンの注目を一身に浴びることは議論の余地がありません。ルース以降誰もチャレンジすらしてこなかった二刀流。成功するかどうかは誰にもわからないが、不可能を可能にしようとする大谷のチャレンジする姿には、メジャーファンを虜にして酔わせるだけの世阿弥の言う<花>がある。

つまり日本ハムでも実証したようにメジャーにおいてもチームの戦略の目的と大谷二刀流の方向性は一致する可能性があります。強さと人気という<戦略の目的>と中四日という<制約条件>を比較した際に、戦略家とは<制約条件>に縛られず目的を選択できる人のことです。

では具体的にはどうしたらいいのか。

中四日でローテは回すものというこれまでの既成概念を白紙に戻して、目的のために<制約条件>を解除する柔軟な発想をすることになります。もちろん、中四日という<制約条件>を解除することにはデメリットも生じる。しかし二刀流のメリットと比較考慮した際に、総合判断としてメリットの方が大きいと判断した時、戦略性の高いGMならば中四日という<制約条件>を動かすアイデアを必ず出してくる。

今ある中四日も数十年前は中三日が常識であった。どうしても中四日で回さなければならない理由はありません。物事を相対化して眺める視点を獲得した時、はじめて発想を柔軟に転換することが可能となる。

「誰も歩んだことのない道を僕は歩いていきたい。」

そう大谷翔平は言ったそうです。高校卒業後、すぐにメジャーへ挑戦するのか、それとも日本で二刀流という壮大なるチャレンジをするのか。いずれも誰もが通ったことのない道であった。その二択の岐路に立った時、大谷翔平が最終的に選択したのは後者の二刀流であった。

ポスティングによるメジャー挑戦、すでに投手としてメジャーへ移籍するだけなら数多くの日本人がその道を歩いてきました。現時点での大谷翔平にとって「誰も歩んだことのない道」とは投手としてのメジャー挑戦ではなく、二刀流によるメジャー移籍に他なりません

すでにパドレスが二刀流の体制を他に先駆けて整えている以上、移籍先がパドレスかどうかはともかく(パドレスよりも大谷にとって魅力的なオファーをするチームがある可能性は否定できない。)もはや大谷が二刀流のオファーしたチームへ移籍することだけは100%確実となる。

結論

<戦略の目的>と<制約条件>を明確に区別し、戦略家とは条件によって現実の動きを規定される人ではなく、条件を動かすことによって目的を達成しようとする人のことである

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大谷二刀流
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「誰も歩んだことのない道を僕は歩いていきたい。」大谷翔平

要は「大谷に二刀流させる為に、MLB側が最大限の配慮しろ」って事ですかね。
どこが戦略的な考えなんでしょうか?

「誰も歩んだことのない道を僕は歩いていきたい。」大谷翔平

大谷君は入団の経緯がおかしいでしょ
MBLに行きたい指名しないでください1日で入団決意
出来レースw
日ハムも早高く売り飛ばしたいだけ
夢などない・・・

いやいや…

反対意見を受け入れようとしない人を頭が柔軟な人とは言わない(笑)

こんな記事も読みたい

幸運は逃さず【羽ばたけより大空へ】

審判は何を考えてるのか【鴎ファンのぼやき部屋】

2017野球観戦記26。対オリックス戦(ZOZOマリン)&満塁弾でジ・エンド。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

ファイターズファンからパ・リーグ他球団へ送るYELL。【HAMFAN★応援歌】

ファイターズ、「今頃かよ!」の好調さ。【HIT! RUN! WIN!】

日本ハムの壮大なるボールパーク構想と大谷二刀流とパドレスと【MLB 戦いの原理を求めて】

ファイターズ、『ゴーッ』はまだか。【HIT! RUN! WIN!】

増井のFA移籍を想定してみる【FF】

ブロガープロフィール

profile-iconfield_of_dreams

大谷を口説くために日本ハムが用意した提案書に感銘して以来、日本ハムのファンとなる。二刀流については入団当初から 支持をする。

歴史や戦略 戦術をテーマにずっと研究してきました。

MLBで最も惹かれる人物は、リグリーフィールドの蔦を考案した人。7イニングストレッチで「Take Me Out to the Ball Game」を歌う文化を定着させた人物と言ってもいい。

2015年7月5日に自分がどうしても書きたかった記事をupする予定です。ビル・ベックを知らずしてMLBの歴史は語れない。


  • 昨日のページビュー:1282
  • 累計のページビュー:2790180

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷レベルのファーストボールを投げる投手は3Aにゴロゴロいる
  2. LADはプイーグ放出をすべきである
  3. 栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?
  4. なぜ張本勲・野村克也は栗山監督を未だ認められないのか
  5. 大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する
  6. カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 
  7. ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする
  8. 巨人、福田を永久追放してはならない そしてピート・ローズ
  9. なぜ四割打者は絶滅種と化したのか?
  10. ピート・ローズさん 昔はツーシームもチェンジアップもないでしょう。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss