MLB 戦いの原理を求めて

ダルビッシュ 移籍へのカウントダウンはじまる

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月21日のレイズ戦に登板したダルビッシュ。8イニングを投げて、3HRは献上したものの12K1BBという素晴らしい投球内容でありフラッグディールにおけるショーケースとしては大成功でであったと言えます。特にファーストボールを中心に空振り率が抜群であったことはダルビッシュの株を更に上げたはずであり、ダニエルズにんまりというところかもしれません。

TEXもワイルドカード圏内ではあるものの、それなりに良いピッチングをしているエースが負け越しているようなチームで、PO進出して勝てるというイメージはなかなかし難いものがある以上、現時点でレンジャーズはダルビッシュを出すという方向性で動いていると考えるのが自然です。

2017年 6勝8敗 133イニング

ERA 3.44 FIP 3.83 xFIP 3.75  K9.65 BB 2.90

2016年までの通算スタッツ

ERA 3.29 FIP 3.15 xFIP 3.12  K11.32 BB 3.47

今シーズン、手術をして肉体改造をした成果は如何にというところですが、ダルビッシュが世界一の投手を目標としているため、サイヤング圏内かつ進化した姿を描くならば、ライブボールへ変更されたことを加味しても2016年までの通算スタッツのレベルは最低限求めたいところです。しかし実際は2016年までの通算スタッツのレベルには達していないと言えます。

2017年、ダルビッシュへの客観的な評価はサイヤングレベルの超一流ではないが、オールスター級のトップスターターという位置づけが妥当でしょう

基準をリーグ平均レベルの投手にすれば、今年のダルビッシュも間違いなく素晴らしいという評価になりますし、基準をサイヤンガーにすれば評価は厳しいものとならざる得ない。当ブログ的にはダルビッシュにはサイヤンガーレベルを基準にしていたために厳しいシーズンになるだろうという言い方をしました。ダルビッシュが世界一の投手を本気で目指しているならば、少なくとも現状の成績で満足をしているかと問われたら、本心では決して満足していないと信ずるものです。

話は変わりますが、クリス・セールのなで肩のほっそりした体つきを見る限り、肉体改造もやり過ぎるのはトータルとしてどうなのかという疑問は依然つきまといます。現時点でセイバー的に言えるのは、パワーアップしたダルビッシュの4シームは確実に進化した一方、可動域が狭まったせいなのかスライダーがやや劣化しているということです。

移籍先はレンジャーズのリクエストに最もよく応えてくれるチームということに基本なるでしょうが、単純にダルビッシュ自身からすれば、強力な打線の援護がもらえて、かつピッチャーズパークを本拠地とするドジャースなどは好都合なのかもしれません。ちなみに、アストロズはメジャー最高の攻撃力を持つチームですが、この2年、メジャー最高のピッチャーズパークこそが意外にもミニッツメイドパークでありました。つまりアストロズの本拠地こそが最も投手有利な球場であるとセイバーメトリクスでは判定されています。結構知らなかった人も多いのではないでしょうか。単にダルビッシュサイドからの好条件だけ見れば、<強力な打線の援護>+<ピッチャーズパークを本拠地>を有するアストロズは最高のチームであるとは言えます。

ちなみにパークファクターの式を見ても明らかなように、そのチームの攻撃力とパークファクターは基本無関係です。つまりアストロズがメジャー最高の攻撃力を有しながら、チームの本拠地であるミニッツメイドパークが、メジャー最高のピッチャーズパークであることは十分にあり得る話です

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本人選手
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

KC 5発大逆転で4連勝!ダルよ残留してくれ!トレイド市場の動きがプレイオフ争いを左右する【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

前田健太に求められるもの【スポーツ えっせい】

カムデンヤーズ聖地巡礼【Koji's Classroom】

ブロガープロフィール

profile-iconfield_of_dreams

本日アカウント作成。もしブログを継続する際はツィッターでお知らせします。


大谷を口説くために日本ハムが用意した提案書に感銘して以来、日本ハムのファンとなる。二刀流については入団当初から 支持をする。

歴史や戦略 戦術をテーマにずっと研究してきました。

MLBで最も惹かれる人物は、リグリーフィールドの蔦を考案した人。7イニングストレッチで「Take Me Out to the Ball Game」を歌う文化を定着させた人物と言ってもいい。

2015年7月5日に自分がどうしても書きたかった記事をupする予定です。ビル・ベックを知らずしてMLBの歴史は語れない。


  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3280773

(11月21日現在)

関連サイト:MLB 戦いの原理を求めて

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷レベルのファーストボールを投げる投手は3Aにゴロゴロいる
  2. ドジャースはプイーグ放出をすべきである
  3. 栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?
  4. なぜ張本勲・野村克也は栗山監督を未だ認められないのか
  5. 大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!
  6. 大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する
  7. カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 
  8. ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする
  9. 大谷翔平がヤンキースを選ばないと確信したその理由 記者会見を通じて
  10. ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss