MLB 戦いの原理を求めて

大谷翔平、100年に1人の逸材であることを証明するために。パドレス入りへ大きく前進か

このエントリーをはてなブックマークに追加

MLBの雑誌を読んでいると向こうのスカウトらしき人物が大谷翔平について、「はっきり言おう、メジャーの球団で大谷に対しての評価はあくまで投手のものであり、二刀流について現実的に考えているところはほとんどない」そのようなことを上から目線で語っていました。それは元・ドジャーススカウトの意見と基本的に一致するものであり、メジャーの現実をよくわきまえたメジャー通を自任する人たちのリアリズムと言ったところでしょう。

そうした中、パドレスのプレラ―GMは本気かつ現実的に大谷二刀流の可能性について考えていることが斉藤隆、経由でもわかったように、大谷翔平にパドレスを選び取ってもらうべく受け入れ体制を積極的に準備を着々と整えていることが明らかになりました。言うまでもなくパドレスが日本ハムからダルビッシュや大谷翔平の体のメンテナンスをしてきた中垣征一郎トレーナーを獲得した件です。

ただし注意しておかねばならないことは、日本ハムが大谷翔平に対してメジャーへ行く際に何らのサジェスチョンも行わないだろうということです。すべての選択を大谷の自由意思に任せる。ドジャース絶対的優位の状況から大逆転した際にも入団交渉において、日本ハムは大谷翔平に対してただの一度も頭を下げて頼み込んだことはありませんでした。日本ハムが大谷翔平を口説き落としたように、パドレスもまた大谷との入団交渉においては、理性を前面に打ち出し、他のチームとは二刀流受け入れサポートの質において圧倒的な違いを際立たせて大谷との交渉に当たると考えられます。もちろんパドレスが交渉資料を作る際には業務提携している日本ハムからのアドバイスや助力は惜しみなく注がることが予想されます。

「じっくりフェアーに他のチームのプレゼンも見てくれていい。大谷君自身にとって最良と思えるチームを選択してくれたらそれでいい。日本ハムと業務提携をしているからと言ってパドレスを特に贔屓にする必要もない。すべての選択権は大谷翔平にある。ただしパドレスは大谷二刀流にとって最高のものを用意できる自信と準備がある。よかったら是非一緒に夢を実現しようじゃないか」

こうしたスタイルでパドレスは日本ハム同様に大谷との入団交渉にも臨むことになると私は考えています。もちろん、交渉時には野茂英雄もしくは斉藤隆も出馬することになるかもしれません。

金も含めた<リアリズム>と壮大な夢を求める<ロマンティシズム>

この両者にもまた明らかなマージナルが存在しています。ボーナスプールの金銭的な問題によって大谷パドレス入りはないと言い切った判断が正しかったのか、それとも大谷なら金よりもロマンを優先することになるとした判断が正しかったのか、それもいずれ決着がつくことになります。

繰り返しますがマーケットは完全なる大谷の売り手市場であり、はっきり言って大谷翔平の争奪戦においては記事冒頭で示したリアリストたちは完全にパドレスの周回遅れになってしまっているということです。メジャーの常識、固定概念に囚われて大谷翔平へ二刀流の本気のオファーを出さないチームはその時点で完璧に脱落することになります。見せかけの二刀流オファーはすぐに見抜かれることになり、確実に二刀流の受入れ態勢を整えているパドレスを大谷翔平は選択することになる。パドレスに対して逆転する可能性があるとすれば、DH制のあるアリーグということにおそらくなるのではないか。

「2017年、大谷翔平の移籍先としてパドレスが最有力な理由」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大谷二刀流
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

大谷翔平、100年に1人の逸材であることを証明するために。パドレス入りへ大きく前進か

「パドレスが交渉資料を作る際には業務提携している日本ハムからのアドバイスや助力は惜しみなく注がる」とありますが、これ契約時にやったらポスティングの規約に抵触するのでは?
リベート等の不正に繋がりかねない事は禁じてるはずですが(勘違いなら申し訳ありませんが・・・)

こんな記事も読みたい

2017ロッテ野手陣予想。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

どんどんかっとばせ! 外野フェンスを超えてゆけ! 【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

元球友対決!! 国際大会がお好きですか?【飛鴎乗雲】

週末2試合の感想と谷口トレードの噂について【FF】

名護での3連戦雑感【札幌ドームが見える部屋から】

12球団戦力分析2017(北海道日本ハムファイターズ)【夢をみんなで】

沖縄で若手の実戦アピール【FF】

ピオリア組が帰国【FF】

ブロガープロフィール

profile-iconfield_of_dreams

大谷を口説くために日本ハムが用意した提案書に感銘して以来、日本ハムのファンとなる。二刀流については入団当初から 支持をする。

歴史や戦略 戦術をテーマにずっと研究してきました。

MLBで最も惹かれる人物は、リグリーフィールドの蔦を考案した人。7イニングストレッチで「Take Me Out to the Ball Game」を歌う文化を定着させた人物と言ってもいい。

2015年7月5日に自分がどうしても書きたかった記事をupする予定です。ビル・ベックを知らずしてMLBの歴史は語れない。


  • 昨日のページビュー:2859
  • 累計のページビュー:2343949

(04月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷レベルのファーストボールを投げる投手は3Aにゴロゴロいる
  2. LADはプイーグ放出をすべきである
  3. 栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?
  4. なぜ張本勲・野村克也は栗山監督を未だ認められないのか
  5. カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 
  6. 大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する
  7. ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする
  8. 巨人、福田を永久追放してはならない そしてピート・ローズ
  9. なぜ四割打者は絶滅種と化したのか?
  10. ピート・ローズさん 昔はツーシームもチェンジアップもないでしょう。

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss