MLB 戦いの原理を求めて

カブスのエプスタイン、K/BB歴代1位の上原を獲得する

このエントリーをはてなブックマークに追加

まず最初に修正します。

BOS時代シリングを獲得したのはエプスタインですが、ペドロを獲得したのは前BOSのGM、現BALのGMデュケットです。以前書いた記事で勢い余って間違った部分があり、ちょうどいい機会なので修正記事をアップしておきます。K/BBが史上最強レベルのスターターであったシリングを獲得したのがエプスタインであったように、K/BBが史上最強レベルのリリーバーを獲得したのもエプスタインということになりました。

上原のブルペンでのキャリア通算K/BBで8.78で史上1位。2位はデニス・エカーズリー6.29です。(1900年以降 キャリア300イニング以上)ちなみに、上原のブルペンでの通算WHIP0.80で歴代1位となっています。34歳でMLBへ渡って、既に全盛期の力はなかった上原がセイバーメトリクス的にここまで超絶な記録を残してきたということは瞠目すべきことでもあります。

CHCが上原を獲得と聞いてすぐに頭に浮かんだのはシリングやペドロに代表されるK/BBという、セイバーメトリクスにおいても極めて重要なスタッツであり、先ほど改めて調べました。DIPSの発案者でもボラス・マクラッケンをデータアナリストとして採用したBOSから、エプスタイン率いるCHCへの上原の移籍は、実に理に適ったムーブであるとも言えそうです。

やや衰えたとは言え2016上原K/BB5.79、平均から比べたら確実に一流レベルにあり、この数値が5.00を上回る限り上原には2017年以降もまず需要があると考えていいでしょう。ちなみに2017プロジェクションではK/BB4.51になるとも予想されています。もっとも4.51でも相当に凄い成績であることに違いありません。

修正記事

強い者が勝つ!それが二つの呪いを解いたエプスタイン・スタイル



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本人選手
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

8年連続で最優秀監督賞ポイントを獲得しているジラルディは、もっと評価されるべきである【MLB 戦いの原理を求めて】

2017年大谷翔平、メジャー移籍問題の本質を戦略的観点から紐解く【MLB 戦いの原理を求めて】

アストロズがロイヤルズとトレード希望!ダフィー、ヴェンチュラに興味 KCの希望満たせば成立可能!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconfield_of_dreams

大谷を口説くために日本ハムが用意した提案書に感銘して以来、日本ハムのファンとなる。二刀流については入団当初から 支持をする。

歴史や戦略 戦術をテーマにずっと研究してきました。

MLBで最も惹かれる人物は、リグリーフィールドの蔦を考案した人。7イニングストレッチで「Take Me Out to the Ball Game」を歌う文化を定着させた人物と言ってもいい。

2015年7月5日に自分がどうしても書きたかった記事をupする予定です。ビル・ベックを知らずしてMLBの歴史は語れない。


  • 昨日のページビュー:2109
  • 累計のページビュー:2358321

(04月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷レベルのファーストボールを投げる投手は3Aにゴロゴロいる
  2. LADはプイーグ放出をすべきである
  3. 栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?
  4. なぜ張本勲・野村克也は栗山監督を未だ認められないのか
  5. カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 
  6. 大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する
  7. ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする
  8. 巨人、福田を永久追放してはならない そしてピート・ローズ
  9. なぜ四割打者は絶滅種と化したのか?
  10. ピート・ローズさん 昔はツーシームもチェンジアップもないでしょう。

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss