MLB 戦いの原理を求めて

大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する

このエントリーをはてなブックマークに追加

「このままでは中途半端で終わる。ピッチャーで5勝、バッターで2割8分くらい。どっちかに決めないと。150キロを投げられるピッチャーはそうそういない。(投手専念なら)相当な選手になる」 (張本勲

「ひとことで言えば、「大昔」の大記録。つまり多くの選手の実力レベルが、今日と較べてかなり低く少数の突出した実力の持ち主が大活躍をする、言わば「神話の時代」のベースボールでの出来事だった。」 「北海道日本ハム・ファイターズに入団した大谷祥平選手がバッターとピッチャーの「二刀流」で、プロに挑むという。が、結論から言えば、それは現代プロ野球で常識的に考えて無理」 (玉木正之

「絶対にあり得ない! レッドソックス在籍時に投手兼主軸打者として活躍した伝説のホームラン王、ベーブ・ルースの時代ならいざ知らず、現代では無理です。今のメジャーでは、延長戦などで投手が足りなくなったときでさえ、控えの野手しか登板させない。高い給料を払っている主力にケガのリスクを負わせないためです。もし大谷選手がメジャーの一流選手になるという夢を志しているなら、二刀流プランは早々に破棄するべきでしょう」 (福島良一

「投打ともに20年に1人現れるかどうかという逸材であることは間違いありません。投手、野手のどちらでも大成するでしょう。ただし、『どちらかで』であって、両方の大成を目指すことは、どちらも中途半端に終わる可能性がある。」 「本気で二刀流できると日ハムは思っているのか。大谷を潰す気か!投手は一度出来上がると長持ちするがバッターは難しい」 (江本孟紀

「二刀流が通用するほどプロは甘くない。俺の記録を抜けるのはあいつしかいない、打撃の天才」 (清原和博

「ずっと二刀流で(両方で大成)ゆうのは無理よ。160出せる身体能力は野手でも絶対に生きるはずやんか、オレはやっぱり野手で大成させてほしいと思うな」 (岡田彰布

「ベーブ・ルースに大投手の名声はない。関根氏の偉業もほとんどの人は知らない。そんな「二刀流」よりも1日も早く「一刀流」に絞り、200勝もしくは2000本安打を目指すべきだ。どっちつかずが一番怖い。」 (サンケイスポーツ 田所龍一

「プロを舐めるな、成功してほしくない、俺が日ハムの監督なら間違いなくピッチャー」 (野村克也

「二刀流だと中途半端になる。投手に専念したほうがいい」 (桑田真澄

「二刀流はどちらかに逃げられるので結局身につかない。栗山、判断を間違えるなよ」 (関根潤三

ちなみに関根潤三という監督は弱小であったヤクルト時代の監督であったわけですが、戦力がないから負けて当然と考えて指揮をしていた実に常識的なものの考え方しかできない人でした。しかし野村克也が言うように「弱者は必ずしも敗者ではない。」そのための戦略があるということすら頭にない人であり、関根氏の認識の限界がここでも浮き彫りとなっています。

「投手出身の私はまず投手からの方が、と考えていたが、栗山監督の話を聞いて少し意見が変わった。栗山は、二刀流でやるからには1年とかで(方針を)曲げるわけにはいかないんです。と言っていた。私は運命だと思って、とことんまでやればいい、との言葉を贈った」 (森繁和

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本ハム 
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

せめて補強はしっかりと【がんばれ!マリーンズ】

支配下登録!【オリックス愛時々闘球】

6/30対ソフトバンク(ヤフオクドーム)&ソフトバンク強し。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

ファイターズ、高梨裕稔をよろしく!【HIT! RUN! WIN!】

ファイターズ、斎藤テイストは疲れます。【HIT! RUN! WIN!】

ファイターズ、勝たせていただきました。【HIT! RUN! WIN!】

大谷投手が何気ない日々の暮らしに、もたらしてくれるもの。【願)カープVSライオンズの日本シリーズ】

ファイターズ、驚愕の代打策をターニングポイントにしたい。【HIT! RUN! WIN!】

ブロガープロフィール

profile-iconfield_of_dreams

大谷を口説くために日本ハムが用意した提案書に感銘して以来、日本ハムのファンとなる。二刀流については入団当初から 支持をする。

歴史や戦略 戦術をテーマにずっと研究してきました。

MLBで最も惹かれる人物は、リグリーフィールドの蔦を考案した人。7イニングストレッチで「Take Me Out to the Ball Game」を歌う文化を定着させた人物と言ってもいい。

2015年7月5日に自分がどうしても書きたかった記事をupする予定です。ビル・ベックを知らずしてMLBの歴史は語れない。


  • 昨日のページビュー:15445
  • 累計のページビュー:3113205

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷レベルのファーストボールを投げる投手は3Aにゴロゴロいる
  2. LADはプイーグ放出をすべきである
  3. 栗山嫌いの野村克也に本物の知性はあるのか?
  4. なぜ張本勲・野村克也は栗山監督を未だ認められないのか
  5. 大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!
  6. 大谷の二刀流に反対していた人たちは誰か 改めて検証する
  7. カブス史上最悪のトレード セイバーメトリクスの限界とルー・ブロックに輝きをもたらしたもの 
  8. ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする
  9. ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか
  10. 巨人、福田を永久追放してはならない そしてピート・ローズ

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss