モンゴルから世界へ! FC墨田ウランバートルの挑戦!

ありがとう・キルギスタン人熱血指揮官!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC墨田ウランバートル監督ウラジスラフ・ヴォルコフ(キルギスタン代表守護神としてブラジルワールドカップアジア予選出場)が、8月20日のU-17モンゴル女子代表監督との強化試合を最後に、夫人の健康状態悪化のため退任、母国へ帰国しました。

ラストマッチの後に、監督退任について、チームに報告しました。

涙を流し、大泣きするモンゴルの明るい未来を担う若者たち。

悲しい雰囲気に包まれましたが、出会いもあれば別れもあるのが、フットボール。

昨年はGKコーチとして、今年は監督としてウラジスラフ・ヴォルコフから指導を受けたことに深く感謝し、前へ進んで生きたいものです。 また、GKとして昨年、今年のモンゴル・ディビジョン1昇格プレーオフ、今年のモンゴルカップで披露したスーパーセーブは忘れることはできません。

後任監督に関しては既に内定しており、近日中に発表させていただきます。

闘病生活に臨むウラジスラフ・ヴォルコフには、どんなつらいことがあっても負けないように、そして夫人が早急に体調を回復することをFC墨田ウランバートル一同、心の底より祈っております。

FC墨田ウランバートル監督ウラジスラフ・ヴォルコフコメント 「昨年GKコーチ、今年監督としてモンゴルの明るい未来を担う若者たちを指導し、FC墨田ウランバートル、森本高史CEOには感謝しております」

「モンゴルは、歴史と伝統を誇り、非常に興味深い国でした。近代化が進み生活状況も最高で、マントゥボーズ、ツォイワンなどモンゴル料理はおいしく、人々は英語やロシア語を流暢に話し、コミュニケーションはまったく問題がないし、フレンドリーでやさしく、良い思い出しかありません」

「FC墨田ウランバートルのモンゴルの明るい未来を担う若者たちよ、私がいなくなってもフットボールをプレーしてください。近い将来キルギスタン代表監督に就任するでしょう。ワールドカップ予選、キルギスタン VS モンゴルの試合で、1人でも大きくの君たちと再会したいです」

「できることならば、モンゴルに骨を埋めるくらい長期間指導に当たりたかったのですが、妻の体調が悪化しており、一家の主として緊急帰国し、病気と戦う決意をしました。私は最大限の力を持って妻を助けます。私は、困難に真正面から立ち向かいます」

「皆様、引き続きFC墨田ウランバートルへの応援よろしくお願いします。そして、闘病生活に挑む私たち夫婦にも、日本から大きなエネルギーを送ってください。皆様、一緒に戦いましょう」

今までの熱血指導を高く評価しており、FC墨田ウランバートルCEO森本高史は、ヴォルコフにアディダスの高性能ゴールキーパグローブを進呈しました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

最近の出来事【走れ!!ソニー仙台FC】

2-85 コーナーキックの事情 なでしこリーグ I神戸 1-1 新潟L【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

【あの男の】非公式MDP144【魂を撃ち抜け!】【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

ブロガープロフィール

profile-iconfcsumida

森本高史 (モリモトタカシ)
フットボールジャーナリスト
FC墨田ウランバートル(モンゴル)会長
モンゴル史上初のプロ選手、モンゴル代表エース・ムルン選手代理人
フィリピンサッカー協会テクニカルコンサルタント

1978年東京都生まれ。
立教大学在学中に墨田下町蹴球団を立ち上げ、千葉県社会人リーグに参戦。
元清水エスパルスのゼムノビッチ監督、アフリカ人選手などを招聘。
選手の育成を主眼に、墨田下町蹴球団で活躍した選手は、ポルトガルやタイ、セネガルへと巣立っていった。
2001年よりフットボールジャーナリストとしてワールドカップ、アジアカップ、
アフリカ選手権などの国際大会を現地取材。
FIFA(国際サッカー連盟)、東アジアサッカー連盟などオフィシャルの仕事も数多くこなした。
2009年モンゴルのサッカーのみならず、国全体の発展を目標にサッカーチームを設立。
2013年4月、FC墨田ウランバートルとして新たなスタートを切り、
8歳から16歳までのモンゴルの明るい未来を担う若者たちとともにサッカーを楽しんでいる。
世界各国のサッカー関係者とパイプを持ち、伊藤壇選手(元ベガルタ仙台)のインドの名門チャーチル・ブラザーズ、
松本憲選手(元ジェフユナイテッド千葉)のミャンマー移籍、
セルビア人指導者ゾラン・ジョルジェビッチ(南スーダン代表監督)のU-21フィリピン代表監督就任など国際移籍、契約に携わった。
昨年2月にラトビア2部FKアウダの日本セレクションをプロデュースし、5人の日本人選手がラトビアへと渡り、世界への挑戦への道を作った。
2013年12月、モンゴル代表エース・ムルン選手を同国史上初のプロ選手としてタイのクラブとの契約をまとめた。
最近では、第3回世界プロサッカー挑戦セレクション(2月15日土開催)の合格者、佐藤大介選手(浦和レッズ・ジュニアユース→浦和レッズ・ユース→仙台大学)のフィリピンの名門グローバルFCとのプロ契約,フィリピン代表選出を実現
世界各国のサッカーの発展に尽力する毎日を過ごしている
  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:117758

(11月14日現在)

関連サイト:NHK「地球ドキュメント・モンゴル貧困からの脱出キックオフ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本代表新監督最有力候補との対面!
  2. 欧州組誕生!
  3. 柏レイソル新監督ミルトン・メンデス!
  4. 名将ミラン・マチャラ氏フリー! 日本代表次期監督か?
  5. アギーレジャパン撃破の陰の立役者!!!
  6. ウクライナの英雄との男の約束
  7. 世界最高のサッカー王国、カタールに感謝!
  8. エストニアの誇るプレミアシップの英雄と対面
  9. 三浦一馬選手、ヨーロッパ名門クラブとプロ契約!
  10. 日本代表への第一歩! WPSCアカデミー所属の3選手が、ヨーロッパ1部プロ契約!

月別アーカイブ

2017
10
08
06
05
04
03
2016
12
08
07
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss