モンゴルから世界へ! FC墨田ウランバートルの挑戦!

三浦一馬選手、ヨーロッパ名門クラブとプロ契約!

このエントリーをはてなブックマークに追加

WPSCアカデミー出身、第8回世界プロサッカー挑戦セレクション(6月4日開催)合格、三浦一馬選手(20歳)が、UEFAチャンピオンズリーズベスト8の実績を誇るアルメニアの名門アララト・エレバン(アルメニア・プレミアリーグ)とプロ契約を果たしました。アルメニアは、マンチェスター・ユナイテッドに電撃移籍を果たしたヘンリク・ムヒタリアンの母国です。

三浦一馬選手は、高校3年生だった今から2年前に開催されたWPSC進路相談説明会に参加し、弊社スカウト・森本高史、弊社代表取締役・辻勇(中国リーグ初の外国人プロ選手、香港でも活躍)からプロ選手になるためのアドバイスを熱心に聞き、子供のころからの夢であるプロ選手になるためハードワーク。

高校時代(都立東大和高校)は、トップチームでプレーできなく、公式戦はスタンドから応援する立場でしたが、「いつかピッチに立つ。そして、プロ選手として世界各国で活躍する」という強い思いを持ち、サッカーと向き合いました。

14年10月開催の第5回世界プロサッカー挑戦セレクションには残念ながら不合格に終わったものの、昨年プロコーチによるハイレベルなトレーニングを積み中長期的にプロサッカー選手を目指すことを決意し、WPSCアカデミーの立ち上げとともに入会。

確かな基本技術、豊富な運動量、ネバーギブアップの強靭なメンタルに磨きをかけ、昨年11月開催の第7回世界プロサッカー挑戦セレクションでは準合格。今年の夏のヨーロッパ挑戦を目標に日々のトレーニングに全力を尽くしてきました。

今年6月4日開催の第8回世界プロサッカー挑戦セレクションでは、今までのハードワークの成果を如何なく発揮し、ベルギー代表として3回のワールドカップ出場を誇るダニー・ボッファン(アンデルレヒト)、アフリカ人選手のヨーロッパ進出のスペシャリスト・M・ハイクの両スカウトに認められ、ヨーロッパチャレンジを決意。

WPSCアカデミースタッフが撮影したセレクションでのプレービデオを、ヨーロッパ各国のプロクラブに送信しました。複数のクラブが大きな関心を寄せるなか、アルメニアの名門アララト・エレバンが、好条件を提示。即サインではなく入団テストとのことでしたが、異例の現地宿泊、食事、空港からの送迎を提供してくれました。

入団テストは約1か月に及ぶ長期戦になりましたが、ネバーギブアップ、当たって砕けろの精神で三浦一馬選手は、100%以上の実力を披露。アジアチャンピオンの輝かしい実績を持つイランの強豪エステグラルとのテストマッチでマンオブザマッチ級のハイパフォーマンスを披露することに成功。

ヨーロッパの舞台での成功を目標とするアララト・エレバンは、この度三浦一馬選手とプロ契約を決意しました。

アララトが、アルメニア・プレミアリーグで上位に入れば、2017-18UEFAチャンピオンズリーグ、もしくはヨーロッパリーグへの参戦権を獲得します。

ヨーロッパの名門クラブで戦う三浦一馬選手への応援よろしくお願いします。

三浦一馬選手(WPSCアカデミー→アララト・エレバン)コメント 「大きなチャンスを与えてくれたWPSCアカデミー、辻勇社長、ダニー・ボッファン氏、M・ハイク氏、森本高史氏、僕を指導してくれた全ての皆さまに感謝の気持ちで一杯です。プロ契約できたことに満足することなく、試合出場、活躍、リーグのベストプレーヤーに輝けるように全力を尽くします。皆様の応援は大きな力となります。アルメニアにパワーを送ってください」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ファン・ブロンクホルスト 「我々はこのタイトルを全力で獲りにゆく」(JCスハール前会見)【我がフェイエノールト】

古巣のレアル撃破に期待するPSGのエメリ監督「もちろんセビージャの勝利を願う」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

欧州戦予選第3ラウンド第1試合結果。初欧州のヘラクレスは『オランダ的』に勝利を逃す【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconfcsumida

森本高史 (モリモトタカシ)
フットボールジャーナリスト
FC墨田ウランバートル(モンゴル)会長
モンゴル史上初のプロ選手、モンゴル代表エース・ムルン選手代理人
フィリピンサッカー協会テクニカルコンサルタント

1978年東京都生まれ。
立教大学在学中に墨田下町蹴球団を立ち上げ、千葉県社会人リーグに参戦。
元清水エスパルスのゼムノビッチ監督、アフリカ人選手などを招聘。
選手の育成を主眼に、墨田下町蹴球団で活躍した選手は、ポルトガルやタイ、セネガルへと巣立っていった。
2001年よりフットボールジャーナリストとしてワールドカップ、アジアカップ、
アフリカ選手権などの国際大会を現地取材。
FIFA(国際サッカー連盟)、東アジアサッカー連盟などオフィシャルの仕事も数多くこなした。
2009年モンゴルのサッカーのみならず、国全体の発展を目標にサッカーチームを設立。
2013年4月、FC墨田ウランバートルとして新たなスタートを切り、
8歳から16歳までのモンゴルの明るい未来を担う若者たちとともにサッカーを楽しんでいる。
世界各国のサッカー関係者とパイプを持ち、伊藤壇選手(元ベガルタ仙台)のインドの名門チャーチル・ブラザーズ、
松本憲選手(元ジェフユナイテッド千葉)のミャンマー移籍、
セルビア人指導者ゾラン・ジョルジェビッチ(南スーダン代表監督)のU-21フィリピン代表監督就任など国際移籍、契約に携わった。
昨年2月にラトビア2部FKアウダの日本セレクションをプロデュースし、5人の日本人選手がラトビアへと渡り、世界への挑戦への道を作った。
2013年12月、モンゴル代表エース・ムルン選手を同国史上初のプロ選手としてタイのクラブとの契約をまとめた。
最近では、第3回世界プロサッカー挑戦セレクション(2月15日土開催)の合格者、佐藤大介選手(浦和レッズ・ジュニアユース→浦和レッズ・ユース→仙台大学)のフィリピンの名門グローバルFCとのプロ契約,フィリピン代表選出を実現
世界各国のサッカーの発展に尽力する毎日を過ごしている
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:112370

(04月28日現在)

関連サイト:NHK「地球ドキュメント・モンゴル貧困からの脱出キックオフ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本代表新監督最有力候補との対面!
  2. 欧州組誕生!
  3. 柏レイソル新監督ミルトン・メンデス!
  4. 名将ミラン・マチャラ氏フリー! 日本代表次期監督か?
  5. アギーレジャパン撃破の陰の立役者!!!
  6. ウクライナの英雄との男の約束
  7. 世界最高のサッカー王国、カタールに感謝!
  8. エストニアの誇るプレミアシップの英雄と対面
  9. リバプールの英雄!
  10. 三浦一馬選手、ヨーロッパ名門クラブとプロ契約!

月別アーカイブ

2017
04
03
2016
12
08
07
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss