モンゴルから世界へ! FC墨田ウランバートルの挑戦!

世界が見えた! モンゴル全国ユースフットサルリーグ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

<よくやった。感動した!> モンゴル全国ユースフットサル選手権 第4節 U-11FC墨田ウランバートル○3-2×モンゴルリーン・テムレン

厳しい試合を制し、2勝2敗。ラスト3試合、全部勝つのみ! FC墨田ウランバートルへの応援ありがとうございました!

<貧困に負けない、貧困を克服する。それがFC墨田ウランバートル> 写真を見ていただければ一目瞭然なように、FC墨田ウランバートルの選手の大半は、貧困ゲル地区出身で、サッカーシューズを買えず、上履きでプレーしております。対戦相手は、全員高価なシューズを着用。

モンゴルの明るい未来を担う若者たちの大半は、満足にご飯を食べておらず、小柄+体力に関する深刻な問題を抱えています。 貧困家庭に生まれたことを嘆くのではなく、そのなかでやれることをやっていきます。

小生・森本高史が自腹を切り、FC墨田ウランバートルの15選手を日本食レストランに連れていき、チキン南蛮、ハンバーグ定食、なべ焼きうどんを食べ、栄養補給を行いました。

FC墨田ウランバートルは、貧困に負けない、貧困を克服することを今ここに宣言します。

FC墨田ウランバートルへの応援よろしくお願いします。

<サッカーボール寄付のお願い> 現在、FC墨田ウランバートルは、200人以上ものモンゴルの明るい未来を担う若者たちがプレーしておりますが、肝心のボールが10個しかなく、選手がボールに触れる時間が少なく、日々の練習に支障をきたしております。 皆様に、サッカーボールの寄付をお願いできればと思います。

新品、中古不問(練習で使用可能な状態)、サイズ(サッカー:4号もしくは5号)。 送付方法に関しては、メールにて返信させていただきます。 突然このようなお願いをしてしまい大変申し訳ございません。 ご連絡をお待ちしております。 よろしくお願いします。

FC墨田ウランバートルCEO 森本高史 Eメール: fcsumida@gmail.com

<FC墨田ウランバートル> 09年モンゴル貧困解消、青少年健全育成を目標にサッカーチームを設立。 13年、FC墨田ウランバートルとして新たなスタート、8歳から16歳までの貧困地区のモンゴルの明るい未来を担う若者たちが、モンゴル史上初のプロ選手・ムルン選手(セルビア/マチュバ・シャバツ→欧州移籍)のように世界を舞台で活躍すべく、日々サッカーの練習に励んでおります。

NHK・地球ドキュメントミッション「モンゴル・貧困からの脱出のキックオフ」 http://www.youtube.com/watch?v=1BgiGHdxHGs

FC墨田ウランバートル・貧困地区の学校での指導(モンゴル大手TV局放送) http://www.youtube.com/watch?v=0X9lnm5H9dY&feature=youtu.be

FC墨田ウランバートル、チャンピオン! https://www.youtube.com/watch?v=2O5giHn_kE0

モンゴル全国ユースフットサル選手権 https://www.youtube.com/watch?v=w9j2KgAydpE

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フットサル
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

モンゴル全国ユースフットサルリーグ、いよいよ開幕!【モンゴルから世界へ! FC墨田ウランバートルの挑戦!】

2015年度シーズン終了【フットサルチームZOTTの活動記】

フットサル審判員にサッカーの作戦ボード?【We are 手稲東】

ブロガープロフィール

profile-iconfcsumida

森本高史 (モリモトタカシ)
フットボールジャーナリスト
FC墨田ウランバートル(モンゴル)会長
モンゴル史上初のプロ選手、モンゴル代表エース・ムルン選手代理人
フィリピンサッカー協会テクニカルコンサルタント

1978年東京都生まれ。
立教大学在学中に墨田下町蹴球団を立ち上げ、千葉県社会人リーグに参戦。
元清水エスパルスのゼムノビッチ監督、アフリカ人選手などを招聘。
選手の育成を主眼に、墨田下町蹴球団で活躍した選手は、ポルトガルやタイ、セネガルへと巣立っていった。
2001年よりフットボールジャーナリストとしてワールドカップ、アジアカップ、
アフリカ選手権などの国際大会を現地取材。
FIFA(国際サッカー連盟)、東アジアサッカー連盟などオフィシャルの仕事も数多くこなした。
2009年モンゴルのサッカーのみならず、国全体の発展を目標にサッカーチームを設立。
2013年4月、FC墨田ウランバートルとして新たなスタートを切り、
8歳から16歳までのモンゴルの明るい未来を担う若者たちとともにサッカーを楽しんでいる。
世界各国のサッカー関係者とパイプを持ち、伊藤壇選手(元ベガルタ仙台)のインドの名門チャーチル・ブラザーズ、
松本憲選手(元ジェフユナイテッド千葉)のミャンマー移籍、
セルビア人指導者ゾラン・ジョルジェビッチ(南スーダン代表監督)のU-21フィリピン代表監督就任など国際移籍、契約に携わった。
昨年2月にラトビア2部FKアウダの日本セレクションをプロデュースし、5人の日本人選手がラトビアへと渡り、世界への挑戦への道を作った。
2013年12月、モンゴル代表エース・ムルン選手を同国史上初のプロ選手としてタイのクラブとの契約をまとめた。
最近では、第3回世界プロサッカー挑戦セレクション(2月15日土開催)の合格者、佐藤大介選手(浦和レッズ・ジュニアユース→浦和レッズ・ユース→仙台大学)のフィリピンの名門グローバルFCとのプロ契約,フィリピン代表選出を実現
世界各国のサッカーの発展に尽力する毎日を過ごしている
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:117329

(10月18日現在)

関連サイト:NHK「地球ドキュメント・モンゴル貧困からの脱出キックオフ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本代表新監督最有力候補との対面!
  2. 欧州組誕生!
  3. 柏レイソル新監督ミルトン・メンデス!
  4. 名将ミラン・マチャラ氏フリー! 日本代表次期監督か?
  5. アギーレジャパン撃破の陰の立役者!!!
  6. ウクライナの英雄との男の約束
  7. 世界最高のサッカー王国、カタールに感謝!
  8. エストニアの誇るプレミアシップの英雄と対面
  9. 三浦一馬選手、ヨーロッパ名門クラブとプロ契約!
  10. リバプールの英雄!

月別アーカイブ

2017
10
08
06
05
04
03
2016
12
08
07
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss