すべてはファジのため

【好機無くして勝利無し】町田ゼルビア-ファジアーノ岡山(J2第3節 2017/3/12@町田)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【遠いシュート、遠い勝利】

熊本戦である程度内容に手ごたえを感じた岡山でしたが、今節は辛くも勝点1を拾うという不甲斐ない内容・結果でした。

試合の方は、立ち上がりから町田が3バックの脇にフォワードを走らせ、シンプルに蹴ってくるサッカー。これで町田ペースになり、岡山は両ウイングバックがまったく上がれない状態に。ピンチも招きます。ようやく15分を過ぎると、岡山も徐々にボールを持てるようになり、ボランチ関戸のランニングからチャンスを迎えるなど、ある程度形は作りますが、得点は奪えず。

後半は立ち上がりにフリーキックから失点すると、立て続けにゴールを揺らされますが、2つ目はオフサイド判定に救われます。微妙な判定で町田サイドからすると不満のある裁定だったと思いますが、オフサイドポジションにいた町田FW中島が、シュートが来るところで櫛引の目の前におり、櫛引の判断に影響を与えたとして、これは正しいジャッジだったと思います。一方岡山は、パクヒョンジンのクロスを町田DFが処理を誤りオウンゴールで1-1。その後は最後はオープンな展開になるも、ともに決め手を欠くというゲームでした。

結果的に岡山のシュートはわずかに3本でこれは情けない。前半20分過ぎや、終盤にはペナルティエリア内に侵入するシーンもあっただけに、なんとかシュートまで持ち込みたいところでした。

チャンスが少なかった要因は、何と言っても前線で時間を作れず、伊藤がボールに絡むシーンが極めて少なかったことだと思います。豊川にしても藤本にしても、ボールが入ると少ないタッチ数で展開するプレーが多く、流れによっては効果的ではありますが、敢えてゆっくりとした攻撃をしながら、味方を休ませ、上がりを促す、そんな選択肢も考えなければなりません。町田が縦に速いサッカーであったこともあり、そのペースに合わせてしまったことも、少しゲームコントロールとして冷静さを欠いていたように思いました。

【組織以前に個々に問題がある】

まだ3試合、選手の入れ替わりも多く、時間がかかるとの見方もあるかもしれませんが、一方で結果が伴わない原因を突き詰めていくと、実は組織として成熟していないという以前に、個々のマッチアップで問題のあるプレーが見られているという印象があります。

失点シーンに関しては、町田のリハンジェのフリーキックが最高レベルのボールであったのも事実ですが、藤本がしっかりと競れていなかったために、重松に良い体勢でシュートにいかれてしまったということが言えると思います。直後のオフサイド判定に救われたシーンでも、澤口が戸島との1対1で簡単に抜かれてしまいました。このほか、失点にはつながらなかったものの、同じく戸島にフリーでヘディングされるシーン、あるいは、セットプレーで櫛引の、出るかステイするかという判断に中途半端さを感じる場面がいくつかありました。

もちろん組織力を高めることで、こうした個々の問題をカバーする方法もありますが、やはり1対1のマッチアップで負けないこと、例えば競り合いに関しても、競り負けても最後まで体を寄せてプレーの自由を与えないといった、やるべきことをきちんとやり切る、そうしたことが出来ていないという事実が、結果が出ない一因であるように思います。

個人的には、まだ3試合しか終わっていないという印象は無くて、むしろ、貴重な貴重な3/42が既に終わってしまったと感じています。焦っても仕方ありませんが、のんびりしている暇もないわけで、ここは良い意味での危機感、時間が組織力の問題を解決するといった他力本願ではなくて、まず個々として何が足りないのかということをしっかり認識していかなければ、勝利など得られないのではないかと思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファジアーノマッチレポート
タグ:
Jリーグ
J2
ファジアーノ
岡山
町田
ゼルビア
関戸健二
パク・ヒョンジン
豊川雄太
伊藤大介

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

”ユニ問題”なぜJリーグは早急に対応しないのか?【でぷスポ13号館】

学を欠いたマリノスは鹿島アントラーズ相手に今シーズン初黒星【SPORTS BULLetin】

【サッカー】地方クラブが挑む新たな集客の形【西の落伍家】

町田戦など、3戦を終えての感想について【ファジアーノ頑張れ!】

2017:J2:3節:A:vsFC町田ゼルビア「サイド攻撃機能も、まだまだ遠いゴール、近い様で遠い遠い勝利」【蹴鞠談議2】

2017:J2:2節:H:vsロアッソ熊本「深まる不安と期待」【蹴鞠談議2】

【内容への自信と結果への落胆】ファジアーノ岡山-ロアッソ熊本(J2第2節 2017/3/5@Cスタ)【すべてはファジのため】

2017:J2:2節プレビュー:H:vsロアッソ熊本「ホーム開幕戦で初勝利を!!」【蹴鞠談議2】

ブロガープロフィール

profile-iconfagiano12

ファジアーノ岡山を熱くサポートすべく、様々な視点からファジアーノについて書いていきたいと思います。
その他、Jリーグ全般の雑感等についても書いていきます。

ホームゲームはGATE10で声出ししながら見ていますので、分析にはあまり自信がありませんが、よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:558741

(10月24日現在)

関連サイト:twitter@12fagiano12

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「ぶちくらせ」について1人のファジアーノサポーターとして
  2. 【サッカーの神様は見捨てなかった】松本山雅-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ準決勝 2016/11/27@アルウィン)
  3. 【歴史の差を埋めるその日まで】セレッソ大阪-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ決勝 2016/12/4@金鳥スタ)
  4. ありがとうスカパー!、そして、日本のサッカーメディアはどうなる?
  5. ファジアーノ2016展望 (1)補強まとめ編
  6. 【未来は自分たちの手で切り拓く】清水エスパルス-ファジアーノ岡山(J2第41節 2016/11/12@アイスタ)
  7. ファジアーノ岡山2017シーズン新加入選手紹介
  8. ファジアーノ2016展望 (2)システムとシーズンの戦い方編
  9. ファジアーノ2016展望 (3)ライバル分析編
  10. 【不屈の闘志豊川雄太とともに】ファジアーノ岡山-清水エスパルス(J2第21節 2016/7/3@Cスタ)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss