すべてはファジのため

【内容への自信と結果への落胆】ファジアーノ岡山-ロアッソ熊本(J2第2節 2017/3/5@Cスタ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【内容100点 結果0点】

ホーム開幕戦、岡山にJリーグのある日常が帰ってきました。開幕戦は名古屋相手に力負け。今年のチームの現時点での地力をはかる意味も含めてのゲームとなりました。

試合の方は、岡山がゲームを通じてほぼ完璧に支配していたと言えると思います。守っては、高い最終ライン設定でゾーンを押し込むと、ハイボールに対してもしっかりと対応。相手フォワードへの楔のパスには澤口・喜山がしっかりチャレンジし、前を向かせない粘り強いディフェンス。相手の選択肢を絞ったうえで、裏へのパスへも最終ラインが集中、ギャップが生まれてもここは加地・パクヒョンジンの両ウイングバックがカバーし、隙を見せません。

一方攻撃は、前からの連動したプレッシングが機能。豊川や藤本が精力的に前から圧力をかけると、高い位置でボールを奪い、素早く展開という流れが奏功します。前半には豊川が軽快なステップからシュートを放つシーンがありました。

後半も、大竹の絶妙なステップで加地のオーバーラップを誘い、余裕のある体勢から加地がクロスを入れると、藤本がニアでおとりになったところを真ん中で豊川がヘディングシュート、今シーズン初ゴールが決まります。

その後も、豊川の決定機を筆頭に、パクヒョンジン、渡邊、三村、そして途中出場の塚川らがゴールに迫るも追加点を奪えず。守備も90分本当に隙がありませんでしたが、終盤には喜山のミスからひやりとするシーン。そして最後、本当に何でもない放り込みに、岡山の対応ミスが重なって失点してしまいました。

正直、この内容で勝たないでいつ勝つのか?という怒りもあれば、熊本にまったくフットボールをさせなかったことへの満足感もあり、何とも言えない試合でした。ただ一つ言えることは、失点シーンにはいくつものミスが重なり、そして、そこに至るまでにも山のように勝ち切る機会があった、ということだと思います。

【試合終了までやらないと意味がない】

この試合、岡山の良かった点は、勇気を持って最終ラインを高く設定していたことでした。熊本は田中・平繁という、裏へ抜けるスピードのある2トップでしたが、ある程度最終ラインを高く設定し、対応していました。ハイボールもことごとく跳ね返し、裏抜けもしっかりとカバー。オフサイドもとれていましたし、篠原のラインコントロールも良かったと思います。

個々のパフォーマンスについても、豊川・藤本はハードワークしていましたし、大竹も確かな技術と粘り強いキープでチームに大きく貢献しました。そして、ベテラン加地のパフォーマンスの良さが光ります。クロスも素晴らしかったですが、アップダウンやちょっとしたところでのキープは、やはりさすがだなと思いました。

それだけに、最後のプレーはあまりにもったいなさすぎる。キーパー櫛引の判断ミスが最も大きな要因ではありますが、それ以外にも、最終ラインが揃っていなかったこと、しっかりとゾーンを押し上げられなかったこと、試合を通じてできていたことが、最後の最後でできなかった。そのことは本当に悔しさしかありません。

選手たちが集中を切らせてしまったとも思えませんし、本当に90分ハードワークしたうえでの結果だとは思いますが、どんなに良いパフォーマンスを見せても、最後にあのような凡プレーをしていては、それまでの頑張りが何の意味も持たなくなってしまいます。

そして攻撃面についても、数々の逸機。印象的だったのは、豊川のヒールパスからパクヒョンジンが抜けたシーン、最後クロス気味のシュートを狙ったと思いますが、アウトにかかってしまい枠を外してしまいました。やはりああいうシーンで力むのではなくて、もっとリラックスして落ち着いてもらいたい、周りを見ればフリーマンもいましたし、もちろん必死になってやっている結果とは思いますが、もう少し周りを見る余裕のようなものが求められます。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファジアーノマッチレポート
タグ:
パク・ヒョンジン
加地亮
大竹洋平
藤本佳希
豊川雄太
熊本
ロアッソ
岡山
ファジアーノ
J2
Jリーグ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

低レベルのメディアに意思表示【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

いいんだけど…【ゆるゆるレッズサポ】

2017 J1 第2節 柏レイソルvsガンバ大阪@日立台【太陽王発電観測所】

2017:J2:2節プレビュー:H:vsロアッソ熊本「ホーム開幕戦で初勝利を!!」【蹴鞠談議2】

2017:J2:1節:A:vs名古屋グランパス「開幕戦から感じた期待と不安」【蹴鞠談議2】

【突き付けられた課題】名古屋グランパス-ファジアーノ岡山(J2第1節 2017/2/26@パロマ瑞穂)【すべてはファジのため】

名古屋戦について【ファジアーノ頑張れ!】

2017:J2:1節プレビュー:A:vs名古屋グランパスエイト「継続路線の組織力を武器に勝利を目指す」【蹴鞠談議2】

ブロガープロフィール

profile-iconfagiano12

ファジアーノ岡山を熱くサポートすべく、様々な視点からファジアーノについて書いていきたいと思います。
その他、Jリーグ全般の雑感等についても書いていきます。

ホームゲームはGATE10で声出ししながら見ていますので、分析にはあまり自信がありませんが、よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:133
  • 累計のページビュー:603306

(01月15日現在)

関連サイト:twitter@12fagiano12

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「ぶちくらせ」について1人のファジアーノサポーターとして
  2. 【サッカーの神様は見捨てなかった】松本山雅-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ準決勝 2016/11/27@アルウィン)
  3. 【歴史の差を埋めるその日まで】セレッソ大阪-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ決勝 2016/12/4@金鳥スタ)
  4. ありがとうスカパー!、そして、日本のサッカーメディアはどうなる?
  5. ファジアーノ2016展望 (1)補強まとめ編
  6. 【未来は自分たちの手で切り拓く】清水エスパルス-ファジアーノ岡山(J2第41節 2016/11/12@アイスタ)
  7. ファジアーノ岡山2017シーズン新加入選手紹介
  8. ファジアーノ2016展望 (2)システムとシーズンの戦い方編
  9. ファジアーノ2016展望 (3)ライバル分析編
  10. 【不屈の闘志豊川雄太とともに】ファジアーノ岡山-清水エスパルス(J2第21節 2016/7/3@Cスタ)

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss