すべてはファジのため

【ファジアーノ岡山2017シーズン総括 その1】J1昇格プレーオフ進出が狂わせたチーム作り

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017シーズンのJリーグ、J1は川崎フロンターレが劇的な初タイトル、J2では湘南・長崎・名古屋が昇格、そしてJ3では栃木がこれまた劇的な形でJ2復帰を決めました。そんな中で、我々ファジアーノ岡山は勝点55の13位、結局一度も昇格プレーオフ圏内に入ることなくシーズンが終わってしまいました。

2016年の激闘をふまえ、新たな期待を胸に戦い抜いた2017シーズン。その結果は大変厳しいものでした。個人評価も含め、4回に分けて今シーズンの戦いを振り返りたいと思います。

【遅れたチーム作り】

岡山が今季ふるわなかった理由は様々であると思いますが、一つ見逃せない要素として、チーム作りが遅れたことを挙げたいと思います。

これまでは、J2昇格プレーオフで勝ち上がり昇格したチームは、毎年降格しているという話がありました。「プレーオフで勝ち上がったチームは、J1に相応しい実力が無いのでは?」という意見が多く、結果として来季から入れ替え戦を兼ねるような形で「J1参入プレーオフ」になるようですが、個人的には、プレーオフを勝ち上がったチームが弱いのではなく、J1を戦うことが決まってから選手を集める、市場で出遅れる点が大きいと思っていました。

J1とJ2では予算規模が全く異なります。J1に上がるつもりで補強し、昇格できなければ、瞬く間に赤字になってしまうでしょう。結果として、不確実な投資が出来ず、昇格プレーオフ勝ち上がりチームは、J1で戦えるだけの戦力が揃えられないのだと思います。

対照的な例が、2014年の徳島ヴォルティスと、2017年のセレッソ大阪。ともに4位から昇格しました。徳島は初昇格、どんな補強をするかと思えば、チームの核であった柴﨑晃誠が移籍し、目立った補強は無く、散々たる成績に。一方でセレッソ大阪は、監督が代わったこともあるでしょうが、個々のポテンシャルと組織力をいかんなく発揮し、初タイトルを獲得するに至りました。

両者は、ベースとなる予算が異なります。セレッソは、J1だろうとJ2だろうと、数十億円規模の予算でチームを編成します。一方徳島は、J1かJ2かで、予算規模がまるで変わります。結果として十分な投資が出来ず、結果が出なかったのだろうと思います。

少し前置きが長くなりましたが、それだけ、腰を据えて、来季のカテゴリーも踏まえて準備をする期間が長いか短いかが、チーム作りに大きく影響するということの証拠として、これらの出来事を捉えることができるのではないかと思います。

実際、去年はこんなこともありました。当時川崎フロンターレのストライカーであった大久保嘉人が、シーズン終盤というタイミングで、移籍することを明かすということがあり、話題になりました。タイミングとしては11月上旬。ビッグネームであるということもあるでしょうが、水面下での移籍交渉が、我々ファン・サポーターが考えている以上に、早いタイミングから進められるものであるということを改めて実感する出来事でした。

それをふまえて、2017年のファジアーノ岡山のチーム作り。おそらく、J2の22チームの中で、最も編成に出遅れたのでないかと思います。去年は、チームの核であった、中林・岩政・矢島・押谷が抜けました。矢島の浦和復帰は既定路線だったと思いますが、少なくとも岩政は、J1昇格して、もう一年やって辞めるというビジョンを描いていたと明かしていますし、中林や押谷も、J1に昇格していれば、そのまま岡山でという想いがあったのではないかと思います。

そんなチームの顔である選手たちが抜けることになった。しかも、12月も過ぎたタイミング。リーダーシップがあって高さのあるセンターバック、守備もできて得点力のあるストライカー、そんな選手が簡単に見つかるほど甘くありません。ましてや12月というタイミングです。2017年に向けたチーム作りは、困難を極めたことと推察します。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファジアーノその他
タグ:
櫛引政敏
石毛秀樹
豊川雄太
竹田忠嗣
片山瑛一
赤嶺真吾
岡山
ファジアーノ
J2
Jリーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【白鳥城の騒霊】俺たちのサッカーとは? ~四つの「俺」をつなげ「ひとつになる」アルビスタイルの構築を次期監督に期待する~【白鳥城の騒霊】

【求人情報】<中核人材募集(経験や志向を考慮した配属先決定)>Jリーグクラブ運営企業【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

『グランパス』選手の動向を考えてみるSB&ボランチ【赤の血潮と、青の魂】

2017年ファジアーノ岡山総括(選手編)11~22【蹴鞠談議2】

2017年ファジアーノ岡山総括(選手編)1~10【蹴鞠談議2】

2017年ファジアーノ岡山総括(監督編)【蹴鞠談議2】

2017:J2:42節:H:vsアビスパ福岡「勝てるチームへなるために」【蹴鞠談議2】

【挑戦への決意】ファジアーノ岡山-アビスパ福岡(J2第42節 2017/11/19@Cスタ)【すべてはファジのため】

ブロガープロフィール

profile-iconfagiano12

ファジアーノ岡山を熱くサポートすべく、様々な視点からファジアーノについて書いていきたいと思います。
その他、Jリーグ全般の雑感等についても書いていきます。

ホームゲームはGATE10で声出ししながら見ていますので、分析にはあまり自信がありませんが、よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:589575

(12月14日現在)

関連サイト:twitter@12fagiano12

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「ぶちくらせ」について1人のファジアーノサポーターとして
  2. 【サッカーの神様は見捨てなかった】松本山雅-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ準決勝 2016/11/27@アルウィン)
  3. 【歴史の差を埋めるその日まで】セレッソ大阪-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ決勝 2016/12/4@金鳥スタ)
  4. ありがとうスカパー!、そして、日本のサッカーメディアはどうなる?
  5. ファジアーノ2016展望 (1)補強まとめ編
  6. 【未来は自分たちの手で切り拓く】清水エスパルス-ファジアーノ岡山(J2第41節 2016/11/12@アイスタ)
  7. ファジアーノ岡山2017シーズン新加入選手紹介
  8. ファジアーノ2016展望 (2)システムとシーズンの戦い方編
  9. ファジアーノ2016展望 (3)ライバル分析編
  10. 【不屈の闘志豊川雄太とともに】ファジアーノ岡山-清水エスパルス(J2第21節 2016/7/3@Cスタ)

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss