すべてはファジのため

【兎と亀】ファジアーノ岡山-カマタマーレ讃岐(J2第34節 2017/9/23@Cスタ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【乏しかった「細かな動き」】

昇格戦線になんとか生き残るためにはもう勝点3しかないという状況で迎えた讃岐とのダービーマッチ。試合の方は本当に先に失点はしたくないという手堅いゲームで、両チームともになかなか決定機を迎えられず推移していきました。試合を見ていて、「今日はミスをした方が負けるな」と思っていましたが、さすがに終盤にあんなに軽率なミスが出てしまうとは思いませんでした。

失点シーンに集約されますが、この試合はチームとしての運動量が少なかったと思います。運動量というと、ダイナミックなランニングがイメージされがちですが、むしろこの試合は「細かい動き」が足りていませんでした。試合を通じて讃岐は高い位置からプレッシングに来る意識が高く、それに手を焼いた部分もありましたが、讃岐のプレスを機能させてしまったのは、岡山のこの「細かい動き」が無かったことに他ならないと思います。

失点の場面は、篠原が、相手がプレスに来ているにもかかわらず関戸にパスをしてしまい、プレッシャーに負けて篠原に下げたパスが短くなったところを讃岐の原にかっさらわれてしまったところで勝負ありでした。ミスの場面だけクローズアップすると、この2人のプレーがあまりに軽すぎ、責任感というものが見られない軽率なプレーであったのは間違いないのですが、こういったシーンは、この試合何度もありました。前半にも、久木田がプレスを受け、出しどころが無くて相手に奪われるシーンがありました。GATE10では久木田にかなり厳しい声が飛んだのですが、実はこれは久木田が悪いというだけではなく、チームとしての機能不全があったと思います。相手がプレスをかけやすいところに出してしまった出し手にも問題があるし、久木田以外の選択肢を作れなかった他の選手の足が止まっていたことも問題で、あるいは、周囲のコーチングや声かけも、本当に細かい話にはなりますが、もっとできたはずです。

讃岐はハイプレスでしたので、そこをうまく外せば、中盤にはスペースがありました。しかし、うまくプレスをかいくぐるシーンよりも、讃岐のプレスの網に引っ掛かってしまうシーンや、精度の低いフィードでボールを捨てるシーンが多くなってしまいました。

このあたりは、前半から何度もピンチを迎えていたにもかかわらず、修正できなかった選手やコーチングスタッフに問題がありますし、起きるべくして起きた失点であったというように思います。

讃岐の選手は比較的ベテランの選手が多く、本当はもっとピッチを広く使って攻めるべきだったと思うのですが、それもできなかった。特に気になるのが、最終ラインでのビルドアップやパス回しです。良い時と比べると、センターバックの距離感が狭いように思います。その結果、ボールを引き出すためにウイングバックが低い位置まで戻らなければなりませんし、そうなると前へボールを進める作業が難しくなります。また、センターに入っている篠原が、どうも逆サイドを使う意識に乏しいことも、シーズンが始まった時から気になっていました。意図してセイムサイドを使うのであれば良いのですが、パスをもらった相手に返して、結局相手のプレス密度が高い位置にボールを送ってしまう場面が多いように思います。もっとピッチを広く使えれば、もう少しゲームも進めやすくなるのではないかと思うのですが、同じサイドばかり使おうとするあたりはちょっと意図を汲みきれない部分があります。竹田であれば、もう少し最終ライン3枚の配置をうまくコントロールしながら、ロングフィードも含めて攻撃の起点になれると思いますし、前に運ぶ推進力のある片山不在も、守備以上に攻撃面でマイナスが大きかったように思います。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファジアーノマッチレポート
タグ:
讃岐
カマタマーレ
岡山
ファジアーノ
J2
Jリーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ロスタイムの逆転劇で、2位と勝ち点差8。 鹿島 2-1 G大阪【二つの歓喜をもう一度!】

連勝【ピッチに紫の風が吹く】

『グランパス』VS 東京V戦~スカウティングの成果?~【赤の血潮と、青の魂】

讃岐戦を見て【ファジアーノ頑張れ!】

2017:J2:33節:A:vs徳島ヴォルティス「打ち合いは痛み分け」【蹴鞠談議2】

長澤監督に求めるもの【ファジアーノ頑張れ!】

【ラストチャンス】徳島ヴォルティス-ファジアーノ岡山(J2第33節 2017/9/16@鳴門大塚)【すべてはファジのため】

2017:J2:32節:H:vsFC町田ゼルビア「勝利へ必要なストライカー2人の起用法」【蹴鞠談議2】

ブロガープロフィール

profile-iconfagiano12

ファジアーノ岡山を熱くサポートすべく、様々な視点からファジアーノについて書いていきたいと思います。
その他、Jリーグ全般の雑感等についても書いていきます。

ホームゲームはGATE10で声出ししながら見ていますので、分析にはあまり自信がありませんが、よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:294
  • 累計のページビュー:558074

(10月18日現在)

関連サイト:twitter@12fagiano12

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「ぶちくらせ」について1人のファジアーノサポーターとして
  2. 【サッカーの神様は見捨てなかった】松本山雅-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ準決勝 2016/11/27@アルウィン)
  3. 【歴史の差を埋めるその日まで】セレッソ大阪-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ決勝 2016/12/4@金鳥スタ)
  4. ありがとうスカパー!、そして、日本のサッカーメディアはどうなる?
  5. ファジアーノ2016展望 (1)補強まとめ編
  6. 【未来は自分たちの手で切り拓く】清水エスパルス-ファジアーノ岡山(J2第41節 2016/11/12@アイスタ)
  7. ファジアーノ岡山2017シーズン新加入選手紹介
  8. ファジアーノ2016展望 (2)システムとシーズンの戦い方編
  9. ファジアーノ2016展望 (3)ライバル分析編
  10. 【不屈の闘志豊川雄太とともに】ファジアーノ岡山-清水エスパルス(J2第21節 2016/7/3@Cスタ)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss