すべてはファジのため

【苦しみながらも一丸勝利】ファジアーノ岡山-FC今治(天皇杯2回戦 2017/6/21@Cスタ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【最後は「キャプテン」が決める】

ミッドウィークの天皇杯、サブ組中心のメンバーで、JFLの今治相手のゴールを奪うことが出来ず、PKまでもつれこんでしまいましたが、なんとか勝ち切りました。

この試合の注目は、普段見ることのできない選手のパフォーマンスを確認するという部分でした。残念ながら突出したパフォーマンスを見せた選手はいませんでしたが、それでも、チーム一丸となって最後に勝利をつかみとれたことは、チーム全体として良い刺激になったと思います。体力的には90分で終わりたかったのはもちろんですし、片山・豊川・塚川が消耗してしまったことはマイナスではありますが、それ以上にメンタル的なプラスが大きいような気がします。

この試合、キャプテンマークを巻いたのは澤口雅彦でした。途中、チャンソグォンがすこし負傷してピッチを去ると、センターバックの中央へ。無難にこなすと、延長では、鋭いインターセプトから持ち上がり、石川の決定機を演出しました。また、なかなかボールの落ち着きどころがない中で、しっかりと楔のパスを入れることができていた。このあたりはさすがこのメンバーに入るとレベルが違うなというパフォーマンスでした。

PKに入り、最後のキッカーに。キーパーにさわられたように見え、一瞬ひやっとしましたが、ゴール。この試合のパフォーマンス、そして、献身的なプレーを勘案すると、最後にキッカーになってヒーローになれたことは極めて自然であると思います。

内容的には当然120分でゴールを奪えなかった点は不甲斐ないですし、ただ、どうしても選手間の連携の悪さに起因する部分もあったと思うので、まずは勝利したことを評価したいと思います。

【新戦力の評価】

この試合、戦術的な議論はなかなか難しいところがあると思いますので、個々のパフォーマンスについて書いてみたいと思います。

まず、一番大きいなと思ったのは、石川のパフォーマンスです。落ち着いていましたし、相手の嫌がるプレーをという意識を感じました。こういう選手は伸びると思います。リーグ戦でベンチ入りしてもおかしくないように思います。パートナーであった藤本との距離感が悪く、なかなか好機は訪れませんでしたが、能力の片鱗は見えた気がします。身近にいる能力の高いストライカーからどんどんそういったプレーを盗み、相手の嫌がる選手になってほしいです。

同じく初出場となった下口は、はじめの方はやや不安定なプレーもありましたが、時間が進むにつれて安定感が増しました。この試合の中でも成長をしたのではないかと思います。特徴的なプレーというものはありませんでしたが、及第点でしょう。

チャンソグォンは、無難にこなしました。高さが武器で、セットプレーで1つ取れればという感じでした。ただ、格の違いを見せるというところには至らず、現状ではレギュラーの選手たちには及ばないような気がしました。負傷退場でしたが、大事には至っていないのではないかと思います。

(選手個人について) 藤本・・・非常に残念なパフォーマンスでした。豊川との交代も、「業を煮やして」という感じだったように思います。とにかく存在感がありませんでした。連携面の問題もあるでしょうが、やや無謀なプレーが多く、ボールロストが目立ちました。この試合のパフォーマンスだけ見ると、石川の方が序列は上という印象を持ちました。

加藤・・・ネクス出身の選手で非常に人気もある選手ですが、なかなか伸び悩んでいる印象があります。サイドでも良い形でボールを持つシーンがありましたが、効果的な突破は少なく、また、守備面で少しポジションの取り方に不安を感じました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファジアーノマッチレポート
タグ:
片山瑛一
塚川孝輝
藤本佳希
武田将平
下口稚葉
チャン・ソグォン
石川隆汰
澤口雅彦
FC今治
今治
岡山
ファジアーノ
天皇杯

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【天皇杯2回戦】 筑波大学戦@ユアテックスタジアム仙台【せんだいサッカー日和】

【白鳥城の騒霊】一事が万事で凡事徹底せず ~これが今の新潟であると理解する事こそはじめの一歩になるかもしれない~【白鳥城の騒霊】

集中夢中成長中!【走れ!!ソニー仙台FC】

2017:J2:19節:H:vsFC岐阜「あと一押しが届かず」【蹴鞠談議2】

【弱気は最大の敵】ファジアーノ岡山-FC岐阜(J2第19節 2017/6/17@Cスタ)【すべてはファジのため】

【ついに初完封勝利】レノファ山口-ファジアーノ岡山(J2第18節 2017/6/11@維新公園)【すべてはファジのため】

2017:J2:18節:A:vsレノファ山口「高さが珍しく武器となった試合」【蹴鞠談議2】

【ファジアーノらしさを具現化】ファジアーノ岡山-ジェフユナイテッド千葉(J2第17節 2017/6/3@Cスタ)【すべてはファジのため】

ブロガープロフィール

profile-iconfagiano12

ファジアーノ岡山を熱くサポートすべく、様々な視点からファジアーノについて書いていきたいと思います。
その他、Jリーグ全般の雑感等についても書いていきます。

ホームゲームはGATE10で声出ししながら見ていますので、分析にはあまり自信がありませんが、よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:224
  • 累計のページビュー:495441

(07月20日現在)

関連サイト:twitter@12fagiano12

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「ぶちくらせ」について1人のファジアーノサポーターとして
  2. 【サッカーの神様は見捨てなかった】松本山雅-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ準決勝 2016/11/27@アルウィン)
  3. ありがとうスカパー!、そして、日本のサッカーメディアはどうなる?
  4. 【歴史の差を埋めるその日まで】セレッソ大阪-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ決勝 2016/12/4@金鳥スタ)
  5. ファジアーノ2016展望 (1)補強まとめ編
  6. 【未来は自分たちの手で切り拓く】清水エスパルス-ファジアーノ岡山(J2第41節 2016/11/12@アイスタ)
  7. ファジアーノ2016展望 (2)システムとシーズンの戦い方編
  8. ファジアーノ岡山2017シーズン新加入選手紹介
  9. ファジアーノ2016展望 (3)ライバル分析編
  10. 【不屈の闘志豊川雄太とともに】ファジアーノ岡山-清水エスパルス(J2第21節 2016/7/3@Cスタ)

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss