すべてはファジのため

【自ら勝利の機会を捨てる】愛媛FC-ファジアーノ岡山(J2第14節 2017/5/17@ニンスタ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【勝利の可能性はあった】

スコアはともかくとして、勝利のチャンスはあったと思います。前半は防戦一方も辛抱し、後半の立ち上がりから15分くらいはボールも良く動いていました。前半は消えていた石毛が、後半は良い時の伊藤大介のイメージで、しっかりと下がってボールを引き出し、動きを作ると、これに田中奏一あたりも呼応し、ペースをつかみかけていました。

そんな矢先、キャプテン喜山がビルドアップのところで、正直なぜそんなミスが出てしまったのか理解できないというパスミス。相手への良いパスになり、結局守備の切り替えが追いつかずに最後は愛媛の河原に余裕でゴールされてしまいます。

それでもまだまだチャンスはあったと思いますが、ここで今度は理解に苦しむ交代。田中奏一を下げて渡邊を投入、塚川を前線に上げて、良いアクセントになっていた石毛を右ウイングバックにしてしまいます。これで完全に流れを失いました。ボランチで攻守にわたり効いていた塚川は前にいって持ち味が消され、今のチームで数少ない決定的な仕事ができる石毛がゴールから遠ざかったことで、愛媛に楽をさせました。

そんな展開で残り10分。チャンスもなかなか作れない中で、ここはもう近藤を上げるしかないと思っていましたが、一向にパワープレーの気配は無し。結果的にプレーゾーンを押し上げられず、逆に愛媛に追加点を奪われて勝負が決まってしまいます。そのあと近藤を上げても、もう時すでに遅しです。

前半押し込みながら得点が奪えず、少し体力的に落ちてきたところを岡山に盛り返され、愛媛としては非常にプレッシャーがあったと思いますが、岡山の凡ミス・凡采配によって勝利が転がり込んできた、逆に言えば、愛媛は致命的なミスというのをこの試合で犯していませんでした。手堅い試合でミスをした方が負けるのは当然のことだと思います。


【おそれずハイプレスをかけなければならない】

この試合で印象的であったのが、ハーフタイムで紹介された、前半の各選手の平均ポジションデータです。愛媛は浦田・玉林の両ストッパーの平均ポジションがハーフウェーライン付近であったのに対し、岡山はシャドーの石毛がハーフウェー付近でした。いかに押し込まれていたかが分かります。もちろん、縦に速いボールも使いながら攻めてくる愛媛に対し、個々でプレスにいってもはがされてしまうわけですが、それでも勇気を持ってプレスにいけば、愛媛のビルドアップ精度も落ち、もう少しプレーゾーンを上げることができたと思います。実際後半頭は、連動したプレッシングでハーフウェー付近でのボール奪取というシーンがありました。

ゾーンを構えてしっかりと守っても、結局セカンドボールが拾えずにボールを失うだけです。この戦い方こそが大きなリスクをはらんでいるということに、いい加減気づかなければならないと思います。体力的な問題もあるとは思いますが、個人的にはフィジカルよりもメンタル的な問題でプレッシャーにいけていない気がします。

徳島戦で、そのことに気付いたはずなのに、それを実践できない。今のチーム状態では、ハイプレスに活路を見出すしかないと思います。おそれずにハイプレスにいけるか、それが今後の浮沈を分けると思います。

【敗因は決定力不足ではない】

前半は押し込まれながらも豊川と大竹に決定機が訪れました。たしかにどちらかを決めていれば、そのまま逃げ切りもあったかもしれません。ただ、サッカーとはそんなに決定機が百発百中で入るものではありません。実際シュートシーンを振り返ると、ともにキーパーにシュートコースを限定されており、愛媛からするとそれほどやられた感じはなかったかもしれません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファジアーノマッチレポート
タグ:
石毛秀樹
チャン・ソグォン
豊川雄太
塚川孝輝
澤口雅彦
近藤徹志
愛媛FC
愛媛
岡山
ファジアーノ
J2
Jリーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

鹿島アントラーズの昌子源は海外でも活躍できるか【世界のサッカー事情】

Jリーグホームスタジアム訪問記~AC長野パルセイロ~【This is J-league】

岡山戦勝利!【avi背番号12】

2017:J2:13節:A:vsアビスパ福岡「スコア以上に差があったが、最後まで戦い抜いた試合」【蹴鞠談議2】

【現時点での力量差】アビスパ福岡-ファジアーノ岡山(J2第13節 2017/5/13@レベスタ)【すべてはファジのため】

【これが俺たちの原点】ファジアーノ岡山-徳島ヴォルティス(J2第12節 2017/5/7@Cスタ)【すべてはファジのため】

2017:J2:12節:H:vs徳島ヴォルティス「長澤マジック2初尽くしの力戦を制し連敗ストップ」【蹴鞠談議2】

(プレビュー)【こんな時こそ「原点回帰」】ファジアーノ岡山-徳島ヴォルティス(J2第12節 2017/5/7@Cスタ)【すべてはファジのため】

ブロガープロフィール

profile-iconfagiano12

ファジアーノ岡山を熱くサポートすべく、様々な視点からファジアーノについて書いていきたいと思います。
その他、Jリーグ全般の雑感等についても書いていきます。

ホームゲームはGATE10で声出ししながら見ていますので、分析にはあまり自信がありませんが、よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:1559
  • 累計のページビュー:479566

(06月23日現在)

関連サイト:twitter@12fagiano12

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「ぶちくらせ」について1人のファジアーノサポーターとして
  2. 【サッカーの神様は見捨てなかった】松本山雅-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ準決勝 2016/11/27@アルウィン)
  3. ありがとうスカパー!、そして、日本のサッカーメディアはどうなる?
  4. 【歴史の差を埋めるその日まで】セレッソ大阪-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ決勝 2016/12/4@金鳥スタ)
  5. ファジアーノ2016展望 (1)補強まとめ編
  6. 【未来は自分たちの手で切り拓く】清水エスパルス-ファジアーノ岡山(J2第41節 2016/11/12@アイスタ)
  7. ファジアーノ2016展望 (2)システムとシーズンの戦い方編
  8. ファジアーノ岡山2017シーズン新加入選手紹介
  9. ファジアーノ2016展望 (3)ライバル分析編
  10. 【不屈の闘志豊川雄太とともに】ファジアーノ岡山-清水エスパルス(J2第21節 2016/7/3@Cスタ)

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss