すべてはファジのため

【現時点での力量差】アビスパ福岡-ファジアーノ岡山(J2第13節 2017/5/13@レベスタ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【終盤までよく辛抱したが】

前節つかみかけた自信を本物にできるか、その意味で難敵福岡との対戦。福岡はベンチに城後・石津・ウィリアンポッピといった、他のクラブであれば間違いなくレギュラークラスという選手がいて、本当に1人くらい貸してもらえないかというくらい選手層に大きな差があるわけですが、実際試合を見ても、福岡が90分通じて主導権を握っていました。やはり前後半どこかで岡山の時間帯というものが作れていれば、もう少し好勝負に持ち込み、最後辛抱する、あるいは、逆にこちらが得点するという展開もあったかもしれませんが、これだけ一方的にやられては、この結果も致し方ないと思います。

この試合のポイントは高さで、その点についてはよく対応していたと思います。ウェリントンに対しては篠原が互角の対応をしていましたし、GK一森も今季最も良いパフォーマンスであったと思います。サイドから放り込まれても、センターを辛抱強く守り、跳ね返す、そうした、岡山らしい粘り強いディフェンスが形になりつつある点は前向きに考えてよいと思います。

一方で、なかなか前線で相手に対する脅威が作れなかった。豊川がピッチにいる間は、ルーズなボールに対しても豊川が嫌らしい受け方をして、前線で起点になっていました。しかし、前節見られたような高い位置でのボール奪取はほとんどなく、現状のサッカーでは、ロングボールを主体としてくるようなチームに対しては、プレーゾーンが押し上げられる、苦しい戦いを強いられると思います。

豊川のところで、交代出場が渡邊。5-3-2のブロックを作って守り切るというメッセージであったのかもしれませんが、結果的にこの交代によって前線での圧力がそれまで以上に弱まり、福岡に対して脅威を与えることができなくなってしまった。本格派のフォワードがベンチにもう1枚いれば、その選手を使っていたでしょうし、怪我人があまりにも多すぎて厳しいという点はやむを得ないところではあったと思いますが、前節つかんだアグレッシブな姿勢を継続する意味では、キープ力のある三村を入れて同じシステムのままで戦ってほしかったですし、この交代はちょっと腰の引けた采配であったと、やや残念に思います。

【篠原はウェリントンと互角にやりあう】

福岡のストロングポイントはなんといってもウェリントン。最終的に彼にやられてしまいましたが、高さだけでなく、前線からのプレスや動き直しもまったくさぼらない、そしてそれをやりながら、最後に決め切るところは、本当にものすごい選手で、正直1人いるだけで1つの戦術が成立してしまうような、それくらい大きな存在だと思います。

そんなウェリントンに対し、篠原は背が足りない中で、よく対応していたと思います。先日、2年前のCスタでの福岡戦、ちょうど久々に勝ったゲームでしたが、それを見返していると、ウェリントンのコメントとして、「高さできてくれるディフェンスの方がやりやすい」というものを紹介していました。当時はまさに岩政とマッチアップしており、この試合でもJ2レベルではないエアバトルを繰り広げていました。高さが10cm違うというのは大きな差ですが、それで手が無いわけではありません。きっとウェリントンも、篠原には嫌なイメージを抱いたと思います。篠原は、ハイボールに対してもしっかりと体を預け、まずは良いポジションに入ることを心がけていました。負けはしましたし、連続失点が継続していることは非常に残念ですが、自信にすべきところは自信にしてよいと思います。

それだけに、最後の失点が残念。終盤にハイボールでやられるのはもう何回目でしょうか。90分間集中し続けることは大変な作業ですし、ましてや防戦一方でしたので、チームとしてもう少しディフェンス面の負担を減らすプレー・戦術をしないといけないと思います。ただ、最後にやられてしまったのは事実で、やはり90分間、どんなに苦しい展開になっても粘り強くやり切る、これは大きなテーマだと思いますし、絶対に克服してもらいたいと思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファジアーノマッチレポート
タグ:
澤口雅彦
塚川孝輝
豊川雄太
一森純
篠原弘次郎
福岡
アビスパ
岡山
ファジアーノ
J2
Jリーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

サポートショップ制度について(全クラブチェック) 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

レオシルバを無視したJリーグの調査の仕方には、到底納得できない【情熱を真紅の鹿と共に】

第929回toto 予想のまとめ【当てtoto】

【これが俺たちの原点】ファジアーノ岡山-徳島ヴォルティス(J2第12節 2017/5/7@Cスタ)【すべてはファジのため】

2017:J2:12節:H:vs徳島ヴォルティス「長澤マジック2初尽くしの力戦を制し連敗ストップ」【蹴鞠談議2】

長崎戦のコメントを読んで【ファジアーノ頑張れ!】

(プレビュー)【こんな時こそ「原点回帰」】ファジアーノ岡山-徳島ヴォルティス(J2第12節 2017/5/7@Cスタ)【すべてはファジのため】

2017:J2:11節:A:vsV・ファーレン長崎「長澤マジック」【蹴鞠談議2】

ブロガープロフィール

profile-iconfagiano12

ファジアーノ岡山を熱くサポートすべく、様々な視点からファジアーノについて書いていきたいと思います。
その他、Jリーグ全般の雑感等についても書いていきます。

ホームゲームはGATE10で声出ししながら見ていますので、分析にはあまり自信がありませんが、よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:2508
  • 累計のページビュー:540161

(09月26日現在)

関連サイト:twitter@12fagiano12

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「ぶちくらせ」について1人のファジアーノサポーターとして
  2. 【サッカーの神様は見捨てなかった】松本山雅-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ準決勝 2016/11/27@アルウィン)
  3. 【歴史の差を埋めるその日まで】セレッソ大阪-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ決勝 2016/12/4@金鳥スタ)
  4. ありがとうスカパー!、そして、日本のサッカーメディアはどうなる?
  5. ファジアーノ2016展望 (1)補強まとめ編
  6. 【未来は自分たちの手で切り拓く】清水エスパルス-ファジアーノ岡山(J2第41節 2016/11/12@アイスタ)
  7. ファジアーノ岡山2017シーズン新加入選手紹介
  8. ファジアーノ2016展望 (2)システムとシーズンの戦い方編
  9. ファジアーノ2016展望 (3)ライバル分析編
  10. 【不屈の闘志豊川雄太とともに】ファジアーノ岡山-清水エスパルス(J2第21節 2016/7/3@Cスタ)

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss