すべてはファジのため

【これが俺たちの原点】ファジアーノ岡山-徳島ヴォルティス(J2第12節 2017/5/7@Cスタ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【すべてはファジのため! の想いを胸に】

のどをつぶし、試合後はまともに会話もできない。翌日は手拍子のしすぎで筋肉痛…この感じが久々で、逆に言えば今シーズンここまでサポーターとして戦いきれてなかったんだろうなと、選手にハードワークを求めると同時に、自分自身もサポーターとしてまだまだやり切れていなかったんだなということを感じました。自分もまだまだサポーターとして修業が足りないなと思います。プレビューでも書かせてもらいましたが、もう一度原点に立ち返り、サポーターとして全力でチームを応援する、その意気込みで試合に臨み、勝利を手にすることができた。これがサポーターとしての原点でもあるし、この気持ちを絶対に忘れてはならないなと強く思う、そんな勝利でした。

あくまで感覚的なものですが、この日のスタジアムはいつもと雰囲気が違いました。もうこれ以上足踏みはできない、必ずみんなの力で勝利を勝ち取るんだと、そんな想いが至る所から感じられました。声も手拍子も、周りもいつも以上の迫力がありましたし、失点しても全く気落ちすることはなかった。そんな執念が選手たちにも伝わったのではないかと思います。

絶対に勝ちたいという姿勢、そして、最後まで選手とともに戦い抜くんだという気持ちが、チャントにも表れていたと思います。75分にもならない、まだ時間があるタイミング、いつもより早めの「トモニタタカオウ」のチャント、このまま残り+ロスタイムの約20分、このチャントでやり切るつもりでいました。その後藤本のゴールで勝ち越すと、アディショナルタイムには、コールリーダー(この日は後半途中からCURVE ROSA代表の岡本さんのリードに、そう言えばプレビューで言っていた、2年前の福岡戦も、岡本さんが久々にリードし、勝利しましたね!)が、どういう想いでみんなここに立っているのかを問いかけました。そして試合中には珍しい、「シャララ」へ。まさに我々サポーターの原点である、「すべてはファジのため!」の想いを胸に、徳島の猛攻を凌ぎました。

本当に多くの人にとって格別の勝利だったと思いますし、ここが正念場と、多くのサポーターがいつも以上の気合いを見せられた。岩政の言葉を借りれば、特別な試合はあってはいけないのでしょうが、むしろこの試合・この想いは、今後の我々にとっての拠り所、あるべき姿を示した、そんな大きな大きなゲームだったのではないかと思います。

自分自身、改めてファジアーノサポーターとして何をすべきかを自問し、自分にできることはわずかだけれども、まずは精一杯の声援で、少しでもスタジアムの空気・雰囲気を良くする、その想いでCスタに向かいました。おそらく、多かれ少なかれそうした想いを胸に、この日Cスタに向かったサポーターは、決して少なくなかったと思います。自分も含めて多くの人が、やり切った充実感とともに、勝利の喜びを味わうことができたと思います。この感動・感覚を忘れずに、また改めてファジアーノ岡山を全力でサポートしていくんだ、そんな強い想いを新たにする試合でした。

【積極的なプレスが勝利を呼び込む】

さて、試合の方ですが、最近課題となっていた、ボールを奪う位置、そしてプレーゾーンの高さという2点を、しっかりと克服する好ゲームだったと思います。徳島もパスワークや決定力が素晴らしく、ピンチも多かったですが、それでも、これで負けても今日はその勇敢な戦いを称えようと思って見ていました。

とにかくこの試合はインターセプトの意識が高かったと思います。徳島が最終ラインから丁寧につなぐスタイルできてくれたことも奏功し、ハーフウェー付近でボールを奪うシーンが多く見られました。久木田・喜山も非常にインターセプトの意識が高く、徳島のアタッカーに前を向かせませんでしたし、中盤では後述しますが塚川のプレスも非常に前と連動して効いていました。パクヒョンジンのパスカットも多かった。そして、前線は「チームを元気づけたかった」との試合後コメントを残した豊川を筆頭にハードワーク。石毛のプレスバックも効果的でした。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファジアーノマッチレポート
タグ:
藤本佳希
石毛秀樹
豊川雄太
パク・ヒョンジン
塚川孝輝
久木田伸吾
喜山康平
ヴォルティス
徳島
岡山
ファジアーノ
J2
Jリーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017:J2:12節:H:vs徳島ヴォルティス「長澤マジック2初尽くしの力戦を制し連敗ストップ」【蹴鞠談議2】

【鹿島】 vs 浦和。アウェーで浦和を撃破!【常勝紅鹿】

J3における実力差はやむをえない〜YS横浜vs鳥取(5月7日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

長崎戦のコメントを読んで【ファジアーノ頑張れ!】

(プレビュー)【こんな時こそ「原点回帰」】ファジアーノ岡山-徳島ヴォルティス(J2第12節 2017/5/7@Cスタ)【すべてはファジのため】

2017:J2:11節:A:vsV・ファーレン長崎「長澤マジック」【蹴鞠談議2】

長崎戦【ファジアーノ頑張れ!】

【当然の結果】V・ファーレン長崎-ファジアーノ岡山(J2第11節 2017/5/3@トラスタ)【すべてはファジのため】

ブロガープロフィール

profile-iconfagiano12

ファジアーノ岡山を熱くサポートすべく、様々な視点からファジアーノについて書いていきたいと思います。
その他、Jリーグ全般の雑感等についても書いていきます。

ホームゲームはGATE10で声出ししながら見ていますので、分析にはあまり自信がありませんが、よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:580258

(11月19日現在)

関連サイト:twitter@12fagiano12

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「ぶちくらせ」について1人のファジアーノサポーターとして
  2. 【サッカーの神様は見捨てなかった】松本山雅-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ準決勝 2016/11/27@アルウィン)
  3. 【歴史の差を埋めるその日まで】セレッソ大阪-ファジアーノ岡山(J1昇格プレーオフ決勝 2016/12/4@金鳥スタ)
  4. ありがとうスカパー!、そして、日本のサッカーメディアはどうなる?
  5. ファジアーノ2016展望 (1)補強まとめ編
  6. 【未来は自分たちの手で切り拓く】清水エスパルス-ファジアーノ岡山(J2第41節 2016/11/12@アイスタ)
  7. ファジアーノ岡山2017シーズン新加入選手紹介
  8. ファジアーノ2016展望 (2)システムとシーズンの戦い方編
  9. ファジアーノ2016展望 (3)ライバル分析編
  10. 【不屈の闘志豊川雄太とともに】ファジアーノ岡山-清水エスパルス(J2第21節 2016/7/3@Cスタ)

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss