ポラリス★スポーツ通信社

第93回箱根駅伝 〔往路〕評

このエントリーをはてなブックマークに追加

箱根駅伝往路の評を述べる。

まず、区間エントリーの段階から予想されたことだったが、4区の距離が延びて5区の距離が短くなったことにより、レース全体のバランスが大きく変わった。 昨年までの11年間は5区の比重が大きかったのは周知のとおりで、5区に実力のあるランナーを送り込んだ学校が多かった。 だが今年は、2区が名実ともにエース区間の意味合いが強くなり、次に4区を勝負区間と位置づけ強力なランナーを置く学校が多くなった。 そのため、見どころが多く、往路全体としては面白くなった。

1区 

ここのところ、各大学とも力のあるランナーを置き、ハイペースで推移することの多かった1区。 ところが、今年はエースを配してきたのは東洋の服部弾馬のみで、服部の動きに全てがかかる区間となった。

東洋はここで先頭に立つことはもちろん、取れるだけアドバンテージを取って2区以降他大学にプレッシャーをかけたいという意図を持ってこの区間に服部を起用してきたものというのが大方の見方だった。 他大学のランナーの顔触れを見ても、服部が本気を出して最初からグイグイと行けば、失礼だがついていける学校はそうはないように思われた。 だが、ふたを開けてみれば、服部は最初から行く構えを見せずスローペースに。 ラップタイムは全てテレビ画面を通じて筆者が見取ったタイムであることを断っておくが、まずは入りの3kmが9分50秒。 力のある中学生ならついていけるほどの超スローペースとなった。 東洋・服部は、4.75kmの第一京浜に入る地点で一度ペースを上げるものの、振り落とされた学校はほぼなく、それを察知した服部は終盤まで様子見にシフトした。 エントリーの段階から東洋・酒井監督の思惑は服部も十分理解していたと思われるだけに、服部も相当なプレッシャーがあり、最低でも首位は落とせないとの思いから、動くに動けなかったのだろう。 東洋は「カードを一番先に切ってしまった」にも関わらず2区以降も粘り、終わってみれば往路は首位と2分40秒差の4位につけることができた。 それを思えば、結果論だが、服部で30秒からあわよくば1分近くのアドバンテージを奪うという、おそらくは事前に思い描いただろう展開に持ち込めていたならば、もう少し首位とは僅差で復路を迎えることができたのではないかと悔やまれる。 往路が終わった段階で「順位は想定内だが、タイムが遅かった」という内容のコメントを東洋・酒井監督は残したが、直接の名指しは避けたものの、1区の服部にはもっと思い切って行ってほしかったという思いがここに表れているのではないかと筆者は感じた。

10km通過が30分42秒、15km通過が45分40秒と、基本的にはスローながらも服部が小刻みに上げ下げする展開となれば、タイム以上に体力を使う消耗戦だ。 上位で襷を2区につなぐことができた早稲田の武田、神奈川の山藤、駒澤の西山など力のある選手を起用してきた学校がそれに対応でき、上位を占めた。 東海の1年生・鬼塚は、わずか1秒差の2位。 触れ込み通りの力を見せ、来年以降、この日2区を走った關と並んでチーム内でエースに成長していく片鱗を見せたのはさすがだ。

青山学院は、三大駅伝には出場しておらず、シーズン中には特筆するような活躍がなかった梶谷を1区でエントリーどおりに起用した。 もともと1区で飛び出すことは想定してなかったと思われるだけに、服部が作り出す展開は、青学にはうってつけとなった。 梶谷には失礼ながら1区はエントリー変更がされるものと筆者は思っていたが、原監督にしてみれば最初からその意図はなかったのだろう。 それは2区以降にも同じことが言え、ましてや、このような展開になることを見越して1区の梶谷をはじめ各区間の選手を配してエントリーどおりに走らせたのだとすれば、あらためて原監督の選手の能力や状態を把握する能力が卓越していることが思い知らされる。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
陸上
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

第93回箱根駅伝 〔往路〕評

なかなかの批評です。復路どう書かれるのか楽しみですが、事実は小説より奇なりで何という結果になるのだと、今回は驚いている始末です。

こんな記事も読みたい

第93回箱根駅伝往路~絞られた優勝争いと熾烈なシード権争い~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

青山学院大が3年連続の往路優勝(2017年箱根駅伝・往路)【北海道に住むスポーツ観戦好きの30代後半男】

箱根駅伝 往路MVP &個人トップ5は!まさかの失速は?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

陸上競技部・第93回東京箱根間往復大学駅伝競走2区【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

第93回箱根駅伝・往路結果【北のお部屋】

第93回箱根駅伝 展望【ポラリス★スポーツ通信社】

迎春!!箱根駅伝、東海大区間エントリー!!【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

順大 勝負の箱根駅伝!塩尻の存在と箱根シード権で有望高校生ゴッソリ獲得が濃厚!?当日変更の3名は誰?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconezoshika

  • 昨日のページビュー:28
  • 累計のページビュー:270014

(04月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第93回箱根駅伝 各大学総括
  2. 第92回箱根駅伝 復路観戦記&総評
  3. 第93回箱根駅伝 〔復路〕評
  4. 第92回箱根駅伝 往路観戦記&復路の展望
  5. 第93回箱根駅伝 〔往路〕評
  6. JRAは今こそ「内」に目を向けるべき ~JRAの新規騎手免許試験、外国人騎手2人が合格~
  7. 箱根駅伝、これからの十年に向けての問題点とその考察 -その1 給水について-
  8. 第91回箱根駅伝オンタイム観戦記 -総評- 来年、再来年を見越して
  9. 第93回箱根駅伝 展望
  10. ルメール騎手の騎乗停止に見る二つの問題点

月別アーカイブ

2017
01
2016
01
2015
03
02
01
2014
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss