ポラリス★スポーツ通信社

箱根駅伝、これからの十年に向けての問題点とその考察 -その3 山上り5区の設定について-

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回、箱根駅伝のルール変更点が以下のように三点あったということは、前回までにも書いたとおりであるが、今回から読み始めた方のために改めて掲載しておく。

①給水の方法が変わった。原則区間の中で1箇所の給水ポイントのみという固定制となった。

②一昨年までの「関東学連選抜」に代わり、今大会から「関東学生連合」が1チーム編成されることになった。

③コースの変更があった。従来5区の序盤および6区の終盤に位置していたトンネルの「苔の洞門」が、老朽化のため通行禁止になった。それに伴い、迂回するバイパスがコースになり、若干の距離の変更が生じた。したがって、5区が23kmあまりとなった82回大会以降昨年までの区間最高であった柏原竜二選手が出した記録が、参考記録となった。

今回は③に関わって、中でも近年言われている5区のコース設定の可否について述べたい。 現在の5区の設定の問題点として挙がっているのは、次の点である。

(ア)優勝争いの比重が5区によるところが大きすぎる。

→ここ十年の中で5区で区間賞を取った学校の全てが往路優勝を果たし、その勢いを駆ってうち七校が総合優勝も果たしている。

(イ)五輪でメダルを取れるようなマラソンランナー育成という目的に見合っていない。

→世界の主要マラソンレースに標高差864mもあるレースは存在しない。

これらが今の5区の問題点であると言われ、距離を短縮した方が良いという考えの根拠となっている。

筆者は、結論から言えば5区は今年と同じ設定でよく、短縮する必要はないと考えている。 以下でその理由を述べていきたい。

まずは(ア)の問題についてであるが、5区の比重が大きいとクローズアップされるきっかけとなったのは、最初に山の神と言われた今井正人選手の時ではなく、二代目山の神・柏原竜二選手が走って以降のことだ。

5区以外の各区間は、特段のブレーキを起こす選手がいない限りは、通常、一区間で最大でも2~3分差がひっくり返るかどうかといった争いである。 だが、柏原選手は一年生の時に初めて箱根の5区を走った際に、前との4分以上の差を逆転した。 その上に、2位以下の学校との差を広げて往路をゴールするという、それまでの箱根駅伝の「セーフティリード」の物差しを変えてしまう強烈な走りをして見せた。 したがって、5区のわずか一区間だけで、他校とのタイム差が一挙に10分以上もついてしまうこともあった。 復路の5区間をかけても挽回することがほぼ不可能な決定的な差であり、いかがなものかという議論が沸き起こったのも、ある意味無理のないことだ。

同様に、今年の大会では神野選手の快走によって、往路が終わった段階で首位青山学院と2位明治との差が4分59秒もつき、ほぼ総合優勝争いの興味が潰えた。 こういうことも、疑問の声の高まりにさらに拍車をかけたと言える。

確かに5区は特殊区間である。 来年以降も、引き続き大きな差がつく可能性のある区間であることは否めない。 だが、柏原選手以降のここ七年のことだけで結論づけてしまっても良いものだろうか。 それはあまりにも性急すぎやしないだろうか。 これだけの差が生まれる原因は、はたして激しい高低差と長い距離、ということだけなのだろうか。 筆者はこのように疑問に思っている。

柏原選手の活躍は、本人の努力ももちろん大きい。 しかし、彼の5区のコースに対する適性を入学後にいち早く見抜き、柏原選手を山上りのスペシャリストへと育て上げた酒井監督の手腕の確かさ、および東洋というチーム力の勝利という側面も忘れてはいけない。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
陸上
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

LSDで疲れにくい身体作りを!【TeamAOYAMAブログ】

1月11日の練習 ペース走【衣浦東部消防局陸上部】

第33回全国都道府県対抗女子駅伝結果【北のお部屋】

帝京大 磐石の大学選手権6連覇【スポーツ えっせい】

箱根駅伝、これからの十年に向けての問題点とその考察 -その2 関東学生連合チームついて-【ポラリス★スポーツ通信社】

スケート部・日本学生氷上競技選手権大会ホッケー部門3位決定戦対関大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

【第91回箱根駅伝】復路回顧【駅伝狂の詩】

箱根駅伝、これからの十年に向けての問題点とその考察 -その1 給水について-【ポラリス★スポーツ通信社】

ブロガープロフィール

profile-iconezoshika

  • 昨日のページビュー:34
  • 累計のページビュー:272125

(09月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第93回箱根駅伝 各大学総括
  2. 第92回箱根駅伝 復路観戦記&総評
  3. 第93回箱根駅伝 〔復路〕評
  4. 第93回箱根駅伝 〔往路〕評
  5. 第92回箱根駅伝 往路観戦記&復路の展望
  6. JRAは今こそ「内」に目を向けるべき ~JRAの新規騎手免許試験、外国人騎手2人が合格~
  7. 箱根駅伝、これからの十年に向けての問題点とその考察 -その1 給水について-
  8. 第91回箱根駅伝オンタイム観戦記 -総評- 来年、再来年を見越して
  9. 第93回箱根駅伝 展望
  10. ルメール騎手の騎乗停止に見る二つの問題点

月別アーカイブ

2017
01
2016
01
2015
03
02
01
2014
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss