Manchester United fundamentalism

マンチェスター・ユナイテッド

謳歌的な「育成」の終わり。

*前回「読みにくい」とご指摘いただいたが、今回も勢い書きのままで載せる。 「読みにくいと思う」のでご了承くだされ。 ファギーと共に過ごしてきたユナイテッドファンとしては悲しいが、「育成」はもうビッグクラブの仕事ではないのかもしれない。 ◾︎本来の狙い 数少ないワールドクラスを育て上げ、トップチームに定着させる事。 もうビッグクラブの仕事ではなくなってしまった。 ◾︎先駆者マドリー 当初のペレス......続きを読む»

…うむ。ユナイテッド時間かかりそうね。

いや、もう「銀河」っつって蔑んでた某チームと一緒ですな。 完全なるパワーゲーム。 …だがしかし時期が悪い。 ◾︎選手がいない クラックになりそうなのがいないのよね。 誰が見ても分かる、ネイマールとかアザールみたいなワールドクラス(に成り得る候補)が、今の市場にいない。 なんならバークリーが最も良い。 グリーズマンとかモラタとか「小粒」。 どうせいくならレヴァンドフスキくらい行こうぜ。 *ポジショ......続きを読む»

まだマンチェスターで消耗してるの??

唐突にイケ◯ヤスタートです。こんにちは。 いやー、良いですねユナイテッド! 縦に速い堅守速攻が戻ってきたのは、古株ファンからすると「最高」の一言♪ そしてフェライニは金髪が似合う♪ と言う事で、ちょっとした感想。 ◼︎雑感 1、スウェーデンの王様 トラップ上手え、持ち出し上手え、パス上手え、シュート上手え、スマルカメント(DFを外す動き)良で、さらに身体がでけえ、強え、足の速さも人並みと、もは......続きを読む»

モウリーニョの夏。

バルセロナの通訳からスタートし、ポルトでCL優勝、チェルシーで一時代を築いた「駆け上がり期」。 相思相愛に見えたインテルで三冠を置き土産に、バルセロナの宿敵レアル・マドリーへ。 そこで歴史に残るグアルディオラバルセロナに全力で挑み、リーグを奪還して精も根も尽き果てた先で気付いた本当に重要なモノ…サポーターの愛が待つチェルシーへと渡った「名声期」。 チェルシーで愛を受け、有望な若手を率いた1年目、優勝......続きを読む»

VS Arsenal

ユナイテッド勝利! レブロン抜きのキャブスがウィザーズに大敗したくらいびっくりした結果でした。 今年はGSWとSASが最有力で…あってOKC、LACまででしょうね。 おっと失礼。 つくづくサッカーは水物ですな。 ■試合前の状況 ELで大勝したユナイテッドと、CLで敗戦したアーセナル。 直前の試合こそ明暗分かれているものの、そして毎年この辺りで失速する癖があるとは言え、アーセナル有利は揺るがないモ......続きを読む»

余裕だった。VS Midtjylland

1失点目の激甘な守備はさておき、圧勝だったユナイテッド。 かませ犬キラー、デパイが活躍した試合でありました。 ■ポイント 1、マタのサイド起用は、やっぱり一捻り必要。 リーグ戦とはうって変わってストレートワイドな展開がメインで、クオリティで勝ってる快速系アタッカー達が文字通り躍動していた試合でした。 モイーズん時と同じやり方だが、クオリティを押し付けるには最適なやり方。 リーグでマタが右に入った時......続きを読む»

モウリーニョユナイテッド待った無し。

ここ10年で最もつまらないユナイテッド。 …書き出しからなんですがヤバい。 試合観戦のテンションが上がらないなんて久しぶりです。 ちょっとこの記事を見てくれた人には申し訳ない。 ですが、今時点(2016 02/20)ではどうであったか記しておきたいので書き起こし。 ネガい記事が嫌いな人は引き返して下さい。 という訳で、現状のまとめ。 ■現在 チームを見る事には定評があるファン・ハールに率いられ......続きを読む»

やる気の持続時間。

思ったより聞く機会が多かった「3年限界説」。 かなり運が良くなければ越えられない壁のようです。 そこの所をファン・ハールさんを叩き台に、改めて考察します。 ■3年限界説 あらゆる場面で使われていました。 1、離婚率が上がる年数。 2、カップルが別れる事が多い年数。 3、スタートアップ(起業)の賞味期限=赤字でも社員が付いてきてくれる年数。 4、入社後に辞める人が多い年数。 5、サッカーでマンネリに......続きを読む»

「夢の劇場」の凋落。

分岐点に来たユナイテッド。 栄枯盛衰の激しいサッカー界で、なぜ監督達が「時間が必要」だと繰り返し訴えるのか?を改めて書きたいと思います。 ■栄枯盛衰 ここ20年でも… セリエA絶頂期のパルマ、ラツィオ。 リーガバブル(98〜02)に沸いた、バレンシア、デポルティーボ、セルタ。 オイルマネーに押し流された、リヴァプール、リーズ、ニューカッスル…。 そして現在のミラノ2強に至る通り、一時の栄華を極めて......続きを読む»

ファン・ハールって実は甘いのか?

はい。ボーンマス戦です。 結果は仕方ない。 特に2点目は完璧にデザインされたプレーを決められてしまいました。 それよりも守備の悪さがヤバい。 論点を整理しながら行きましょう。 ■若手起用 怪我人が多いことを逆手に取ったこれ自体は面白いです。 ボーンマスへの敬意が足りないという意味で叩かれる事はあっても、送り込んだ事を責められる訳ではないと思います。 ■攻撃 結局のところ攻撃は水物なので、これ......続きを読む»

最近のユナイテッド。

クロップ後に派手なリバプール、望外なレスター、相変わらずなチェルシーにおされて、いまいち話題にも上がらなくなったユナイテッド。 この「良くも悪くもない」ってのは「らしさ」だったりするんですが、取り敢えず現状を把握しましょう。 ■おさらい メインフォーメーションは4231 離脱選手は、ショー、ルーニー、エレーラ、シュナイデルラン。 ●不満 得点力不足。 ルーニーが得点してない。 デパイがハマらず。......続きを読む»

「深い」切り返し。

*10月25日追記。 コメント頂きました。 raulista様より。 一つだけですが、深い切り返しが出来る選手が、浅い切り返しは簡単にできるというのは違うんですよね。世界にも、スピードと身体能力が高いためか、とにかく速いドリブルしてなるべく深く切り返そうという発想に拘泥して、効果的でないドリブルをする選手が結構多いです。 そういう選手はなかなか相手と正対して、少ない動きで抜こうという発想に至りませ......続きを読む»

チームに欲しい選手の能力。

昔のベロンからスタートし、ベルバトフを経由し香川に至るまで、数多くの「失敗」とされる補強がされてきたユナイテッド。 選手能力は間違いないのに、成功しなかった理由はもう語り尽くされてるので省略し、必要な能力は何なのか?を見ていこう! *前2列(FW、トップ下、SH)のお話しです。CHより下はまた条件が変わります。 ◼︎前提 ⚫︎長所に合った場所選び。 モテる女の子が使う「狩場」という言葉があります。......続きを読む»

監督交代か?契約延長か?

タイトル釣り気味! 釣り針に負けない内容にするよう、今日も張り切っていきます。 今回の話題は、モウリーニョ&ファン・ハールです。 ◼︎共通点 歴代の成績は申し分なく、どこに行っても結果を出す素晴らしい監督達です。 しかし、何処行ってもケンカする。 国や文化が違う所でも変わらずモメる姿は、清々しくさえあります。 ◼︎モウリーニョの場合 突如ポルトのシンデレラボーイとして注目を浴び、チェルシーで最高......続きを読む»

年齢バランス

日本代表でたびたび話題になる「選手年齢」。 4年に一度のW杯に合わせて選手を選ぶ事は本当に難しいですね。 ドメネクのフランス代表の狂騒(就任当時、ジダンら中心メンバーを外したが勝てなかったため呼び戻し、そのジダン達がチームをまとめW杯(2006年)にて見事決勝進出し、マテラッツィへの頭突きで締めた)に見えるように、今結果を出してるベテランを切って早急に若手に切り替える事が良いとも言えない。 かと言......続きを読む»

ユナイテッド、最終調整。

プレシーズン終了! そしてプレミア開幕直前! …なので、振り返りと開幕予想。 ◼︎ポイント 1、フォーメーション4-2-3-1 デパイトップ下がお気に入り。 ファギー&モイーズ時代へまさかの原点回帰。ワイドアタック大好き♪ システムとメンバーの親和性はこっちのが良い。 さらに昨シーズンの4-3-3のメンバーも全員いるので、使い分け可能に。 2、ブリントCB 左CBは左利きが良いというこだわりは、......続きを読む»

ざっと振り返るユナイテッド×バルセロナ。

時間が空いちゃったので、気になった部分だけ書き出し。 *ユナイテッド視点から見てます。 ◼︎全体 スコア 3-1でユナイテッド。 全体的に緩め。 見所は4-2-3-1導入のユナイテッドと、流してるのに基本はキッチリこなしてるバルサの完成度の高さ。 ◼︎前半 「4-2-3-1」の「2」の横スペースを埋めるはずの、前の「3」が帰ってこないため、そこをキッチリバルサに使われて、いいようにやられる。 攻......続きを読む»

スペシャリストとマルチロール。…と、+α

日本では大谷に代表されるような、「複数のポジションを一級品レベルで遜色なくこなせる人」が増えて来ました。 これはどのスポーツでも起こっており、NBAのステフォン・カリーはPG&SF(要するにパスでクリエイト出来て、ドライブも得意で、味方のスペースも作れ、かつ自身は高精度の3Pシューター)を兼任するスタープレーヤーであり、同じくNBAのザック・ラヴィーンもダンクコンテストに出る身体能力と、そこそこの決......続きを読む»

153億だって?

移籍シーズンですね〜♪ 当ブログはユナイテッドファンブログ。 という訳で、一気に動いて終わってネタがなくなる前に、1記事書く。 ◼︎おさらい in デパイ ダルミアン シュバインシュタイガー シュナイデルラン out ナニ ファン・ペルシー エイモス クレバリー ◼︎評価 移籍は、ほぼ終了。 80%完成。 満足度も80%。 ファン・ペルシー放出以外は問題なく、ポジション別選手構成も完璧。 キ......続きを読む»

夏はまだこれからだぜ。

移籍シーズン! コパ終了から商業プレシーズンまでの間に加速する可能性が高いので、ここらでおさらい。 *移籍情報全てではなく、気になった選手だけ書き出します。理由は後述。 ◼︎プレミアリーグ ⚫︎チェルシー in→ファルカオ out→チェフ マイナスだが盤石の陣容。 Dコスタ、セスク、アザールの代わりになる選手なんて市場にいない。 さらなる飛躍を求めるなら、オスカルとミケルのとこに一人加えれば完璧。......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconeuropasoccer

中立性など欠片もない雑記ブログです!
無責任な提案と提言がメイン。
ちゃんとした考察が見たい方は「紅きダニューブ」様に詳しいので、ぜひどうぞ!
  • 昨日のページビュー:20
  • 累計のページビュー:1092247

(12月12日現在)

関連サイト:サッカー以外のスポーツと、スポーツ以外の話題はこちら。興味がありましたらぜひ。

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さあ、ファン・ハールさん!
  2. 153億だって?
  3. 旧来のファンが、今夏のユナイテッド移籍に好意的な理由。
  4. ファン・ハール支持。
  5. マンチェスター・ユナイテッド2014年7月現在とこれから。
  6. W杯、印象に残ったチーム。
  7. 開幕!ユナイテッドの今。
  8. プレミアリーグ。今夏の査定
  9. W杯、ベストイレブン選出。
  10. 夏はまだこれからだぜ。

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
03
02
2016
09
08
07
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss