Manchester United fundamentalism

本田さん教育論を語る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

元記事はこれ

「本田圭佑の“らしい”教育論とJへの見解 村井チェアマンと日本の未来を語る」 https://sports.yahoo.co.jp/m/column/detail/201710100009-spnavi

W杯優勝を目指すために、どんな事したらいいかね?というお話。

◾︎人を動かそうとしない 個人的に教育って「無意味」。 勉強する人はするし、しない人はしない。 社会人になって勉強が強制じゃなくなれば、それがよく分かる。

「フリーエージェント社会の到来」 という、ダニエル・ピンク氏が書いた世界的ベストセラー本がある。 そこで示唆されているのは「個人的教育」。 各家庭が、思い思いの教育をし、学校のような「一律の管理を止める」。 そしてその子供が「自分で職業を選択する」。

昔の職人のように「15歳で弟子入り」のような事をし、最速で「自分がやりたい事」に向かっていける環境を選べるようにする。

これぞ「教育」。

一律でなにかをお仕着せようとする、学校的な教育は時代に適していない。

◾︎本田さんのハングリー哲学は凄い 面白いし、確かな経験もある。 だが、これが自分に合っているかどうか?を判断するのは「教育を受ける側」。 記事中に、祖父母からの愛あるスパルタが良かったと説いているが、これは「本田のメンタリティに合致していた」と考える方が自然。

「自分の性格や好みに合った選択肢が取れるようになる」事こそが根幹で、これは親からの教育というより「周囲の環境」と「持って生まれた性格(遺伝)」の方が相関が強い。

◾︎子供の特性は「子供たちの中で決まる」 橘玲氏の本「言ってはいけない。残酷すぎる真実」にその辺りが書いてある。 ⚫︎子供は親の思う通りに育たない。 「家族が子どもの性格や社会的態度、性役割に与える影響は皆無で、認知能力や才能はかろうじて言語(親の母語)を教えることができるだけ。それ以外に親の影響が見られるのはアルコール依存症と喫煙のみだ。

学習能力はもちろんとして、「男らしく(女らしく)しなさい」というしつけの基本ですら、親は子どもの人格形成になんの影響も与えられないというのは、ものすごく理不尽な話にちがいない。 「だが子育ての経験があるひとならば、どこかで納得しているのではないだろうか」。なぜなら、子どもは親の思いどおりには全然育たないのだから。」

本田さん自身も、周囲の反対を振り切って星稜高校に入った事が記事中にも書かれている。 つまり、教育は関係なく「自分で選択した」んだ。

では、どこでそれが養われたのか? 「持って生まれたモノ」と「子供達の中で」。

⚫︎非共有環境 まず論点となるのは「進化論」。 興味ある人は、リチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」という分厚い本を読んでいただきたい。 *めっちゃ面白いけどかなり大変。あと関係ないけど「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」もオススメ。

要は「いかに効率的に子供(遺伝子)を残すか?」という前提に基づいて、人の行動が最適化されているという説。 ざっくりとまとめると、セックスが気持ちいいのも「生殖に向かわないと遺伝子が滅んでしまうから」。 もし生殖より楽しい事があって、それを優先してたら「ご先祖様からのリレーが途絶えてるだろう」と。 だから、遺伝子を最優先で残すような「行動を促す」。

⚫︎男女差 それから見ると、男性はローコストなので「ばら撒くのが効率的」。 対して女性は「膨大なコストがかかる」。 妊娠10ヶ月+授乳期間は殆ど自由がなく、産む時は命の危険すらあり、一定の期間は男性の庇護がなければ生きていけない状況になる。 よって「出来る限り優秀な男性の遺伝子が欲しい」。 故に、女性は「経済力(獲物を獲る力)」と「社会的地位」を持つ男性に、無条件で惹かれる。 それと関連がある「自信がある男」にも惹かれる。 大まかに「自信→行動力→結果」で関連がある。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑談
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【侍青の風】ハイチ戦各選手採点とW杯組み合わせで第3シードになれる可能性について【サムライブルーの風】

フランス戦(Uー17) 【 そこは原理原則に近い要素。 】【FCKSA66】

【侍青の風】3失点したことよりも2万席も空席があったことの方が悔しい…(ハイチ戦 3-3)【サムライブルーの風】

ブロガープロフィール

profile-iconeuropasoccer

中立性など欠片もない雑記ブログです!
無責任な提案と提言がメイン。
ちゃんとした考察が見たい方は「紅きダニューブ」様に詳しいので、ぜひどうぞ!
  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:1090940

(11月28日現在)

関連サイト:サッカー以外のスポーツと、スポーツ以外の話題はこちら。興味がありましたらぜひ。

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さあ、ファン・ハールさん!
  2. 153億だって?
  3. 旧来のファンが、今夏のユナイテッド移籍に好意的な理由。
  4. ファン・ハール支持。
  5. マンチェスター・ユナイテッド2014年7月現在とこれから。
  6. W杯、印象に残ったチーム。
  7. 開幕!ユナイテッドの今。
  8. プレミアリーグ。今夏の査定
  9. W杯、ベストイレブン選出。
  10. 夏はまだこれからだぜ。

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
03
02
2016
09
08
07
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss