Manchester United fundamentalism

アーセナルという「不可侵領域」。

このエントリーをはてなブックマークに追加

チェフが流石すぎたのがハイライト。 2点は防いでたね。 衰えなんて全く感じないじゃない。

という事で本題。

◾︎なぜベンゲルのアーセナルを楽しめないのか? もうあれは「ベンゲル劇場」という名の「不可侵領域」です。 例の「誤審」と一緒。 全ての強豪が「勝ちにしか興味がない」というのでは、つまらなすぎます。

「ベンゲルのアーセナル」というアイコンサッカーが他との差となり、勝てない事すらも「味の一種」です。 ベンゲルが監督じゃなくなったら「めちゃくちゃつまんない」よ。 それが例え「勝てるようになっても」。 レアルかPSG監督をやるってんなら…抗い難く見てみたいが、「ベンゲルのアーセナル」という歴史上から現代につながっているチームは、もうここしかないんだよ。

◾︎モウリーニョのチェルシーという夢は死んだ 余程のことがない限り、もう二度と見る事はないでしょう。 グアルディオラのバルセロナも…です。 監督とチームのカラーが一致している「稀有な時間」をもっと楽しみましょう。

◾︎最も楽しい時間 昔は、監督とチームの契約を「結婚」に例えましたが、今や完全に「恋愛」です。 恋愛は3年以上持ちません。 *書物「利己的な遺伝子」に書かれているのは、「子供が安定するまでの期間が約3年」で「そこまで協力出来るようにするため」です。 それ以降は「愛情」ではなく「信頼」に基づいた「安定的関係」に移って行きます。 その状況に移った「稀有な監督」が、「ファーガソン」であり「モウリーニョ」であり「ベンゲル」なのです。 そりゃ、監督を変えて一気にメンバーを変えれば、勝てる可能性は上がるでしょう。 しかしながら、下がる可能性もある。 そしてその時にもう「ベンゲルはいない」のです。

◾︎まとめ 「本当に大切なものは失ってはじめて気付く」 新しい恋人(監督)に目移りするのは最もですが、目の前の大事な人は「ぞんざいに扱っていい存在なのか?」 無敗優勝を成し遂げ、常にCLに入り、ハマったときの魅力的なサッカーは、未だに他の追随を許さないベンゲルのアーセナル。 年齢からしても、最大でもあと1W杯分(4年)でしょう。 ロマンを背負ったアーセナルを観れる機会は「あと数年」しかありません。

早ければ、今年にも退任すると言うかもしれない。 そうすると「あと数試合しか観れない」のです。

アーセナルファンは勝ち負けよりも「その毎試合」を大事に楽しみましょう。

その価値があるのは、アーセナルにしかありません。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑談
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「アーセナルという「不可侵領域」。」へのコメント

ありゃんすみちゅさん、コメントありがとうございます!

「安定を捨て勝負に出る」
その結果がどうなろうとも…ですね。
サッカー界は本当に難しいですね。

ビジネスで継続10年以上結果を出してたら、ヘッドハンティングきまくって引き抜き阻止は当然なレベルなんですけね〜。

サンチェスは得点ランクに入ってるしエジルも…ってやってくと、選手層も悪くない。
そうすると「メンタル」なんですが、ここで問題になるメンタルは「イメージ」の方です
自分達が勝負弱いと思っているから応援にも力が入らず、応援されないから選手の力にならない。
「アーセナルが強い」というイメージがファンにあれば、単純にそれだけで問題の「半分は解決する」と言っていいかと思います♪

「アーセナルという「不可侵領域」。」へのコメント

またしてもコメントいただきありがとうございます!

そこまで思いつめられていたとは…。
まず昨年の2位を信じて下さい。
一年で「監督力が落ちる」なんて事はないですし、同じチームでずっと勝ち続けるのは、モウリーニョやクロップにすら出来なかったほど難しい事なのです。
レアルやPSGが「欲しい」と言っている監督なのですよ。
一度冷静になって、見直して見ていただけたらと思います。

そして正直なところ、ユナイテッド優勝は「ガチで期待してませんでした」。
ポグバには期待してませんでしたし、さすがにイブラだけで優勝出来るほど今のプレミアは甘くない。
*バイリーやムヒタリヤンは未知数だった。
昨年ボロボロだったチームを1シーズンで立て直すのは見通しは立てられないです。
リヴァプールもおそらく同じくですよ。
昨年よりはイケる!
…が、優勝はまだ無理だろうなと。
チェルシーも失意のシーズン後でしたし、皆んな「他人が思ってるほど自信がない」んですよ。
シティとトッテナムぐらじゃないですかね?
今年の期待値が高かったのは。
それでも「青い隣人」には負けらんねえとか「意地を張る」訳です。
野郎の戦いなんて「いかに強気を押し通すか」ですからね。
「俺の方が強え」でいいんですよ。
サッカーの勝敗なんて、一定以上戦力が拮抗してれば「時の運」なんですから。
数々の問題はひとまず脇に置いておきましょう。

「「アーセナルを見て「楽しむ」」
それをまずは思い出してみて下さい♪

「アーセナルという「不可侵領域」。」へのコメント

アーセナルサポのお気持ち痛いほど分かります。

毎シーズン今年こそはと望み移籍市場で敗者となり嫌な予感がする中それでも優勝を信じて応援し最終的には優勝争いすら出来ずという事がもう10年以上・・・アーセナルサポは最早安定なんぞ棄て勝負に出たい!
こんな感じでしょう。

ただ最近のアーセナルサポは何でもかんでもベンゲルのせいにし過ぎな気がしてならないです。
毎年毎年シーズン終盤に差し掛かると調子を落とすエジル、最早やる気を失ったか?サンチェス、怪我の多いカソルラ、ウェルベック、気持ちが空回りカード連発ジャカなど確かに監督のマネージメントと言えばそれまでですがアーセナルは他チームと比べても特に選手を批判せずに監督を執拗に責めるのがとても気になります。
だから選手のメンタルが脆く勝負弱いチームになってしまうんじゃないかと思う今日この頃です。

アーセナルという「不可侵領域」。

stramaccioni様

サッカーに非常に造詣が深く、おそらく欧州サッカーファンとしての先輩であろうstramaccioni様に申し上げるのは非常に僭越なのですが、、、、
もちろん、勝敗よりも重要なことはあります。
アーセナルが勝つからアーセナルファンをやっている訳ではありません。
4部に落ちようが、一生、アーセナルファンは止めません。

ただ、今のアーセナルは「安定」もしていなければ、「勝てる可能性のある位置」にもいません。
ベンゲルのアーセナルは、徐々に弱くなりつつあります。
(これは、コアなファンでも意見が分かれるでしょうけど)
理由は、ベンゲル監督の監督力が相対的に落ちているからです。
昨年夏の移籍が完了した9月初旬時点で、私のアーセナルの順位予想は本命5位、対抗4位でした。
実際、いまは6位です。そして、4位以内に入るのは非常に難しい状況になっています。
昨季は2位だったのに。
理由は、ベンゲル監督の衰えがハッキリ見えたからですね。
今季優勝することは絶対にない、いや、ベンゲルが率いる限りアーセナルがリーグ優勝することは永遠に無い、と言い切れるほど、ベンゲルの監督力は落ちています。
永遠に、です。
モウリーニョのユナイテッドや、クロップはリヴァプールは永遠にリーグ優勝できないと断言できるのであれば別ですが、おそらく心底そう思っている方は、そんなにいないと思います。
難しいだろうな、と思いつつも、シーズン初めにリーグ優勝は期待なさっているでしょう。
ですが、アーセナルファンには、それができないのです。
今季も絶対に優勝できない、と分かっていながら応援するのは、本当に辛いものです。

こんな記事も読みたい

テネリフェの柴崎岳が公式戦デビューを果たす。後半28分からボランチでプレー【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

【 岡崎慎司 】 4試合連続スタメンで4連勝。 【 ウェストハム vs レスター 】【FCKSA66】

俺から見たバルセロナ対バレンシア【バルセロニスタ】

ブロガープロフィール

profile-iconeuropasoccer

中立性など欠片もない雑記ブログです!
無責任な提案と提言がメイン。
ちゃんとした考察が見たい方は「紅きダニューブ」様に詳しいので、ぜひどうぞ!
  • 昨日のページビュー:262
  • 累計のページビュー:1017037

(03月31日現在)

関連サイト:サッカー以外のスポーツと、スポーツ以外の話題はこちら。興味がありましたらぜひ。

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さあ、ファン・ハールさん!
  2. 153億だって?
  3. 旧来のファンが、今夏のユナイテッド移籍に好意的な理由。
  4. ファン・ハール支持。
  5. マンチェスター・ユナイテッド2014年7月現在とこれから。
  6. W杯、印象に残ったチーム。
  7. 開幕!ユナイテッドの今。
  8. プレミアリーグ。今夏の査定
  9. W杯、ベストイレブン選出。
  10. 夏はまだこれからだぜ。

月別アーカイブ

2017
03
02
2016
09
08
07
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月31日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss