昨日は岡林、今日は岡林、明日は岡林!いよいよ最後は岡林!

マウンドに立つ意味

このエントリーをはてなブックマークに追加

このところ観戦叶わず、ハイライトと1球速報で試合の雰囲気を想像していた。

今日の試合、唯一観戦出来たのが石山の登板していたシーン。 そして、石川のヒーローインタビュー。 観戦叶わなかった由規のピッチング含めて想う処があり、書きたいと思った。

起きた事実を巻き戻しながら考えてみた。

石川「攻めていきました。由規には勇気をもらった。」

続いて石山の登板シーン。 8回。1-0のミニマムゲーム。 絶好のチャンスを潰した後で、流れが揺らぎ始めた大事な場面。 先頭の村田。 中村-石山のバッテリーは追い込むも再三粘られる。 最小点差でセオリーは長打を防ぐために外。 特に長打力のある打者故に。 最後にバッテリーが選択したのは、インハイストレート。 村田のバットは空を切った。 「ボールか…」確かに彼はこう呟いた。

このところ、終盤で致命的な一発を浴びて試合を決せられる事が続いた。 小川が梶谷に投じたインロー真っ直ぐ。 秋吉がビシエドに浴びた抜けスラ。

となると必然、セオリー、安全に戻りたくなるのが捕手心理であり、バッテリー心理。 だが、勝負として選んだのは強気のインハイ。 読みで打つタイプの村田の頭から消えていた故に、振らされたようにオイラには見えた。 結果、ボールぽいコースではあったが、単なる意識付けではなく、間違えない程度での高さであればコース内でインコースに勝負に行く意思のある球に見えた。 「攻めた一球」

そして由規。 オイラが待ち望んだ今年初登板の日。 正直、ガッカリした。 緊張で思う球が投げられない処もあったのだろうが、見えたのは気持ちの「逃げ」。 ストレートが定まらず、コース内に投げ込めず。変化球でなんとか交わそうとする姿勢。 オイラの好きな由規は何処に行ったんだ!? そんなピッチャーだったのか。 ストレートで押せなくなっても、常に変わらず攻め込む姿勢だからこそ由規じやないのかと。 だから、ファンは復活を待ち焦がれていたのではないのかと。 失望しかなかった…

だが、先日の試合は違った。 とにかく「攻め込む」 ストレートを中心にグイグイ押す。早々に追い込んで常に自分の舞台で戦っていた。 「前に前に がむしゃらに前に」 そんな感じだったのではないだろうか。

由規が取り戻した 攻める勇気 石川の元来持つ負けん気 近藤の攻め魂 石山が思い出した投手の原点

彼等の見せた背中を後輩たちは感じ取って欲しい。

野球のフィールド内で最も高い位置 それがピッチャーズマウンド 味方は彼から放たれる一球に全ての神経を研ぎ澄ます。

攻めるのか 逃げるのか

全てはフィールド最高峰に立つ投手からプレーが始まる


《ヤクルトブログ村 エントリー中》 にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ツバメは1羽では海を渡れないから【希望が奇跡の幕開く神宮劇場】

【2017 巨人vsヤクルト 第8回戦】攻撃が下手~ジャイアンツ、今日の負けは色々ヤバイよ!【孤独のプロ野球】

「こんなにうれしい事はない」【「完封さ!ヤクルトなんて打ちそうなの若松さんだけじゃないか」】

5/18VS巨 東京Dで5年ぶりの勝ち越し!石川が4勝目【雄平よ大志を抱け!】

早くも昨年超え!ドームでの連勝!(2017 GAME-39)【ツバメと共に上昇気流に乗って】

【2017-38】由規!大松!今季ここまでのベストゲーム!【ツバメの舞い上がる夢日記】

5/17VS巨 由規の好投に中軸が応えて快勝!【雄平よ大志を抱け!】

由規復活!完勝!(2017 GAME-38)【ツバメと共に上昇気流に乗って】

ブロガープロフィール

profile-iconenkichi

幼少の80年代・弱小ヤクルト時代がヤクルトファンとしてのスタート。
当然、テレビ中継などなくラジオを聴いて応援していた。
「梶間、打たれました~。サヨナラ!」というのがいまだに耳に残るフレーズ。

ブログのタイトルは、この人無くては92年の優勝、ひいてはヤクルトの優勝の歴史は無かったと確信している『岡林洋一選手』に敬意を表したもの。
現在は息子も燕ファンとなり、喜びも感動も倍以上!
  • 昨日のページビュー:84
  • 累計のページビュー:376339

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016シーズンへの期待と不安
  2. 歴史はそして繰り返す
  3. 貧乏でもいい。欲しいのはチーム作りへの信念だ。
  4. 軍を率いる将兵に求めるもの
  5. 2つの”カーブ”に秘められた心理戦の行方
  6. 泣き虫王子が帰ってくる
  7. もはや、崖っぷちどころではない。崖からは落ちてしまった。
  8. そろそろ皮算用
  9. 堪忍袋ももう限界
  10. 「ピンチはチャンス」 チームが生まれ変わるチャンスになってきた

月別アーカイブ

2017
05
04
03
2016
09
08
07
06
05
04
03
2015
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss