股割り(MATAWARI JAPAN)

反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻

このエントリーをはてなブックマークに追加

拙著「骨盤おこし」シリーズを読まれた方から
「実際に骨盤を立てようとしてみても自分の姿勢がこれであっているのか、間違っているのかわかりません」
という質問。

まず、坐骨結節と股関節(ヒップ・ジョイント)の位置を明確に把握する。

坐骨結節は骨盤位置の骨指標。

股関節(ヒップ・ジョイント)は骨盤を可動させる関節。

上記2点をしっかり確認することが大切。

それから、出っ尻(でっちり)にみえる、腰に力感・違和感がある場合は反り腰(腰椎伸展)になっている可能性がある。
反り腰(腰椎伸展)は腰椎椎間関節での可動。
骨盤を立てるのは股関節での可動。
反り腰と骨盤を立てることは全く別もの、混同されている方が多いので注意が必要。

骨盤を立てるためのステップは、
・重心位置が何処で重心線は何処を通るのか?
・フラット接地(足のアーチ構造)は保たれているか?
を確認しできていなければ訓練が必要。

重心と接地を保つことができたら股関節の屈曲動作をスムーズに行えるよう訓練する。
腰(腰椎椎間関節)で可動しないよう股関節(ヒップ・ジョイント)の可動を高める。
そのとき、腰に力感・違和感があれば股関節の屈曲動作ができていない。
股関節の屈曲動作ができなり理由として腹圧が足りない場合が多いので腹圧の訓練が必要。

以上、初歩的な注意事項です。
上記をされても分からないという方はセミナー等にご参加ください。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。


セミナー&トレーニング会


2013/02/23【技アリ企画】第33回「構造動作トレーニング東京セミナー」トレーニング会・健康セミナー
2013/02/23「股割り More★チャレンジ」と「『趾(あしゆび)』Level Up」
2013/03/23名古屋・構造動作トレーニングセミナー


著作


「骨盤おこし」で身体が目覚める 1日3分、驚異の「割り」メソッド (春秋社)
構造動作トレーニング “股割り”を極める [DVD] (BABジャパン)
女性のための「骨盤おこし」: 骨格美メソッド (春秋社)
DVDでレッスン! 骨盤おこしエクササイズ(DVD付) (カンゼン)
人は「骨盤」から健康になる (ひざや腰の痛みが消え、O脚、ねこ背、垂れ尻も解消!) (マキノ出版)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
股割りのポイント
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ジム練習~ラグビー【女子ラグビーチーム『YOKOHAMA TKM』コーチングレポート】

股割りの生命線/新刊「趾でカラダが変わる」【股割り(MATAWARI JAPAN)】

ジム練習~ボクシングフィットネス【女子ラグビーチーム『YOKOHAMA TKM』コーチングレポート】

ブロガープロフィール

profile-iconeni4

MATAWARI JAPAN代表。柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を取得してからというものカラダの不思議に魅せられて20年余り、治療の世界に住みづつけている。気づけば40代半ばを過ぎ、走り続けてきた代償は不思議をより深く進めてきたためにこのことしか知らない。だが、幸いにも多くの人に恵まれ何とか住んでいられるというところだろう。ご縁がありましたら何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 昨日のページビュー:80
  • 累計のページビュー:487497

(02月02日現在)

関連サイト:公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 開脚ストレッチ禁止
  2. 180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点
  3. 骨盤を立てること_ぶれない胴体を築く
  4. 股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない
  5. 反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻
  6. 開脚/180度開脚のやり方
  7. 骨盤を引き上げる力(骨盤の起こし方、骨盤後傾~骨盤立位)
  8. 股割りのやり方/股割りの目的
  9. 股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り
  10. 骨盤前傾と骨盤後傾/骨盤を理解することと実感すること、わかった風なこと

月別アーカイブ

2016
01
2015
09
08
07
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
09
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss