股割り(MATAWARI JAPAN)

股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない

このエントリーをはてなブックマークに追加

身体が、やわらかい方からの相談です。

ここでいう「やわらかい」とは、一般に180度以上に開脚ができて床にべったりと前屈できるようなことをいいます。そのようにやわらかくても悩んでいる方が多くみえるのです。

それは、

「股関節が動かない、力の入れ方がわからない。」

見た目には、180度以上開脚ができて床にべったりと前屈できるのに??身体が硬い人にとっては想像できないと思います。逆に硬い人たちは、そのやわらかさを羨ましいと思っているのに。

でも、ご本人たちは大問題、悩んでいるのです。

そこで、大概は股関節を動かす筋力が弱いと考えてピラテスや筋トレをするのです。すると、今度は身体の動きがぎこちなくなったり、故障が絶えないといった悩みに発展する。どのようにトレーニングをすればいいのかわからなくなってしまいます。

「運動」とは、どういうことでしょうか?
「運動」とは、重心が移動することです。
「筋肉」から離れましょう。

一般には、柔軟やストレッチをして筋肉をやわらかくします。私がみるところやわらかいとは、ストレッチをして筋肉を伸ばすことをいっている場合がほとんどだと思います。真面目に筋肉を伸ばし続ければ、180度開脚ができて床にべったりと前屈できる所謂やわらかさを手に入れることができるでしょう。しかし、「やわらかい=筋肉を伸ばす」ということが股関節を動かすこととは繋がらない。

股関節を動かすとは、股関節を可動させることです。股関節の可動とは、球状の関節が関節内を回転することです。ストレッチを頑張って、180度以上開脚ができて床にべったり前屈できるようになれば股関節が動くようになると思っている方も多いようです。しかし、股関節を動かすいうことは股関節をスムーズに回転させることですから、ストレッチで筋肉を伸ばしきって、所謂やわらかい状態になったとしても股関節をスムーズに回転させるということには繋がらない。

これは、筋トレにもいえます。ここでいう筋トレとは、所謂筋肉に負荷をかけて収縮させることです。筋トレを頑張って、筋肉の収縮力が増したとしても股関節がスムーズに回転することとは繋がらない。

つまり、股関節を動かすためには股関節を動かすためのトレーニングをすることです。股関節をスムーズに回転させるためには、股関節が動く状態をつくり、股関節の回転力を養う。「運動」ということが、どういうことなのかを考えれば自ずとトレーニング方針が定まるでしょう。

ストレッチを頑張ると怪我が増えるのは何故か

ストレッチの有害性について

180度開脚ストレッチの問題点

ストレッチ(股裂き)と股割り 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
股割りのポイント
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ラックパターンドリル【女子ラグビーチーム『YOKOHAMA TKM』コーチングレポート】

ビリー・ジーン・キングの名言【Saluti degli affari】

コンタクトドリル【女子ラグビーチーム『YOKOHAMA TKM』コーチングレポート】

ブロガープロフィール

profile-iconeni4

MATAWARI JAPAN代表。柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を取得してからというものカラダの不思議に魅せられて20年余り、治療の世界に住みづつけている。気づけば40代半ばを過ぎ、走り続けてきた代償は不思議をより深く進めてきたためにこのことしか知らない。だが、幸いにも多くの人に恵まれ何とか住んでいられるというところだろう。ご縁がありましたら何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 昨日のページビュー:105
  • 累計のページビュー:487306

(01月31日現在)

関連サイト:公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 開脚ストレッチ禁止
  2. 180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点
  3. 骨盤を立てること_ぶれない胴体を築く
  4. 股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない
  5. 反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻
  6. 開脚/180度開脚のやり方
  7. 骨盤を引き上げる力(骨盤の起こし方、骨盤後傾~骨盤立位)
  8. 股割りのやり方/股割りの目的
  9. 股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り
  10. 骨盤前傾と骨盤後傾/骨盤を理解することと実感すること、わかった風なこと

月別アーカイブ

2016
01
2015
09
08
07
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
09
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月31日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss