股割り(MATAWARI JAPAN)

理に適った姿勢をキープすることで股関節をフル可動域へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

理に適った姿勢をキープしている人というのは、胸鎖関節や股関節などカラダの各器官が滑らかに機能し動く。それは、カラダがやわらかいから柔軟性があるから、ということではなくカラダの各器官が機能する条件が整っていること。

構造動作トレーニングは、この条件を元に股割りなどの股関節トレーニングをおこなている。つまり、理に適った姿勢ならば股関節のフル可動が可能になるということ。逆に、この条件が整っていなければ思うような股関節トレーニングの効果が得られない、股関節運動を滑らかにトレーニングすることができないということになる。

股割りと開脚ストレッチ

姿勢や立ち方など実に様々な考え方を見聞きしてきたが、理論と実践を明確に示すことがほしかった。例えば、正しい姿勢は~、~に意識して、という姿勢や立ち方の先に股関節や胸鎖関節の可動域拡大などの明らかな目に見える形をもって納得したかった。

実際に理論と実践がとどこおりなく、つじつまがあうためには、姿勢や立ち方ということの奥深さを知ることになる。動かせない股関節は意識をしても動かせないこと。意識が利く範囲というのは条件が整っている範囲内でのこと。ずいぶんと姿勢やトレーニングに偏った思い込みがあったこと。など、股関節トレーニングを重ねてみて、はじめて実感することが多い。

故障や怪我でカラダの各器官の動きがぎこちない人も理論と実践のどちらかに偏っていないか見直してみるといいと思う。動きを滑らかに回復するに至る筋道が確実にあるのだ。もし、あらゆるアプローチをやり尽くしたと思って諦めてしまったのなら、まだまだ通ったことのない道があるかもしれないと考えてみるといい。

さて、重心位置の違いによる姿勢を並べてみた。 左から後重心(踵加重)、中間重心(足裏全体接地)、前重心(つま先加重)。

重心位置 後・中間・前 ベクトル方向

腕を下ろして比較してみる。 左から後重心(踵加重)、中間重心(足裏全体接地)、前重心(つま先加重)。

重心位置 後・中間・前

重心感覚のあるモデルさんだと比較がわかりやすい。 構造動作トレーニングでは、真ん中の中間重心(足裏全体接地)を指標(ニュートラル)として、動きを滑らかにするためのトレーニングやリハビリを行っている。左の後重心に慣れている人が中間重心で立つと「すごい前傾」「前重心」だといいます。これは、重心感覚のズレだと考え、感覚のズレを修正しながらトレーニングを進めていきます。

セミナー参加者や治療・レッスンを受けられている方は、この比較写真がわかりやすいのではないかと思います。ニュートラルで立つためには土台がそれに見合う状態にないとキープできません。趾の巧緻性を高めること、長趾屈筋・長母趾屈筋・後脛骨筋などの筋回復を進めること、さらにハムストリングス・外旋六筋など股関節運動に作用する筋を連動して収縮すること、足関節・膝関節・股関節の運動方向と足骨・下腿骨・大腿骨のアライメントを整えること、これらを踏まえてトレーニング、リハビリを進めてください。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
股割りのポイント
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ジダンの右腕は用具係の肩書で登録を余儀なくされる【スペイン監督日記】

スペインの育成からみるマドリードへの制裁と免責の可能性【スペイン監督日記】

ランニング書籍ベストセラー記念、トークライブ開催します!【青山剛のKeep on Running!】

動物と飼い主さんを元気にする姿勢とは?!~三重県動物病院でセミナー開催!【青山剛のKeep on Running!】

「パラリンピック水泳日本代表ヘッドコーチ 峰村史世先生特別講義」のお知らせ【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

「コーチングレポート~横浜市セブンズに出場しました」【女子ラグビーチーム『YOKOHAMA TKM』コーチングレポート】

世界(人類の)の先を行くには【Over 40からの人類の天辺への道】

「2015年は大変お世話になりました」 長谷部 直子です。【女子ラグビーチーム『YOKOHAMA TKM』コーチングレポート】

ブロガープロフィール

profile-iconeni4

MATAWARI JAPAN代表。柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を取得してからというものカラダの不思議に魅せられて20年余り、治療の世界に住みづつけている。気づけば40代半ばを過ぎ、走り続けてきた代償は不思議をより深く進めてきたためにこのことしか知らない。だが、幸いにも多くの人に恵まれ何とか住んでいられるというところだろう。ご縁がありましたら何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 昨日のページビュー:75
  • 累計のページビュー:487202

(01月30日現在)

関連サイト:公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 開脚ストレッチ禁止
  2. 180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点
  3. 骨盤を立てること_ぶれない胴体を築く
  4. 股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない
  5. 反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻
  6. 開脚/180度開脚のやり方
  7. 骨盤を引き上げる力(骨盤の起こし方、骨盤後傾~骨盤立位)
  8. 股割りのやり方/股割りの目的
  9. 股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り
  10. 骨盤前傾と骨盤後傾/骨盤を理解することと実感すること、わかった風なこと

月別アーカイブ

2016
01
2015
09
08
07
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
09
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss