股割り(MATAWARI JAPAN)

股関節の実践研究としてのMATAWARI:治療士としての取り組み

このエントリーをはてなブックマークに追加

股割りは、開脚前屈というシンプルな基本動作です。私は、このシンプルな基本動作にずいぶん翻弄されたものです。そして、「なぜ、そんなに股割りにこだわ るのですか?」と不思議がられることもありました。それでも、10年以上続けていると「股割り」も「股割りをしている私」もあたりまえになるようです。

股割り 中村考宏

私は「股割り」を続けてきてよかったと思っています。股割りに取り組んだことのない人からは、「やわらかくていいですね」「痛そうですね」「日常生活にそこまでの可動域は必要ないのでは?」など様々な意見をいただきます。しかし、どの意見も私の実感とは異なるものばかりです。結局、股割りの経験がない皆さんは見た目の感想を言っているわけです。ですから、やわらかくなりたいと憧れる人は、自分がやわらかいという実感を経験したことがないので、人から聞いたこと、知識で得たことなどを頼りに、自分にとってやわらかく映るものを想像するしかないのです。股割りは、動きを滑らかにする訓練です、可動域が広がった、動きやすくなった、と実感があっても、やわらかくなったと実感したことは一度もありません。また、股割りは痛くて、キツイものとイメージしている人が大勢いらっしゃいます。それは、股割りとは異なる方法で間違った動作により痛くて、キツイ経験があるか、或いは、間違った情報を鵜呑みにしているのだと思われます。実際、股割り動作をレベルアップする段階で滑らかな動きができず痛いこともありますが、たいがいは楽苦しいです。日常生活で股割りの可動域が必要かどうか?これは治療院経営者として企業秘密です。興味のある人は、ぜひチャレンジしてみてください。

私が、「股割り」を続けてきてよかったと思うことは、やはり、活きた解剖運動学を学べたこと、もう一つは、股割りつながりの出会いです。股割りは、開脚前屈というシンプルな基本動作です。股関節は、外転、外旋、屈曲の運動方向に可動します。股関節の基本的な知識は、学校で学んで知っていましたが、知識として知っていることと実感して知っていることは、「名古屋名物味噌煮込みうどんを食べたことはないが知っている、或いは、目の前で見たことはあるが食べたことがない」と「名古屋名物味噌煮込みうどんを食べ歩いて一番おいしい店を知っている」と同様の違いがあることに「股割り」を通して気づきました。ですから、好物の味噌煮込みうどんはやめられません、もちろん股関節の実践研究もやめられません。股関節が滑らかに動くためには、「重心がどのような軌道を描いて移動するか?」ということが重要です。これまで、股関節が可動するために必要な筋肉や関節などの機能ばかりに注目して、機能回復をおこなえば股関節が滑らかに動くと考えていましたから、「重心移動が滑らかな軌道を描いた結果、股関節が円滑に可動している」という、発想に至ったのは驚きでした。私は重心移動を滑らかに行えるための条件を揃える目的でカラダの各器官を整えるようにしています。それが、カラダの機能回復と考えています。股割りは、チャレンジ続けることが難しい訓練だと思います。難しいからこそ、得難いものを得ることができ、また、チャレンジを続ける稀な人たちとの関係が深くなるのではないでしょうか。

私が治療士として「股割り」を続ける意味は、それが股関節をはじめカラダの動きの実践研究だからです。カラダの各部にトラブルが生じている場合は、動きをみて、どこに原因があるかを探ります。私自身のカラダ各部の機能と動きの実感が重なり厚くなることで、ヒトの動きがよくわかるようになり、その結果、トラブルの原因を探り当てやすくなるのです。また、パフォーマンスアップに必要なカラダの機能レベルを上げるトレーニングを指導するときは、選手と動きを共有できることが大きいです。ですから、これはやめれないのです。それから、股関節が滑らかに動くようになることで良かったことは、「年齢関係なく関節の可動を上げることができること」を実感できたことです。長年、トラブルを重ねると思うようにカラダを動かすことができず「カラダにガタがきた」と思い込んでいる人が多いです。しかし、それは、動くための条件が整っていないか、カラダを上手くコントロールできていないことが多いのです。これは、カラダが動くようになるためのアプローチをすれば解決することなのですが、一番のネックは諦めた心がそれをさせないことだと思います。もし、心が前を向いているのならカラダは今以上に動くようになるはずです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
股割りチャレンジャー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

にしやん松戸ラグビー教室2015-37【Dream Rider  西山淳哉】

怪我の回復、パフォーマンスアップに必要不可欠な基本動作トレーニング【股割り(MATAWARI JAPAN)】

【イベント】9/19(土)コンディショニング術/友岡和彦氏(株式会社ドームアスリートハウス)/ヒューマンアカデミー広島校【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

なぜ股関節をやわらかくしたいのに、やわらかくならないのか【股割り(MATAWARI JAPAN)】

熱中症:参加しない決断も必要?【スペイン監督日記】

にしやん松戸ラグビー教室2015-36【Dream Rider  西山淳哉】

ストレッチ「ちゃんと」してますか?~ストレッチセミナー開催します!【青山剛のKeep on Running!】

2015年 夏! 4人のFA レベル1受講者の合否の行方! 女子チャールトン 選手留学 チェルシーサマーキャンプの三本でお送りします。【THE ENGLAND FOOTBALL】

ブロガープロフィール

profile-iconeni4

MATAWARI JAPAN代表。柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を取得してからというものカラダの不思議に魅せられて20年余り、治療の世界に住みづつけている。気づけば40代半ばを過ぎ、走り続けてきた代償は不思議をより深く進めてきたためにこのことしか知らない。だが、幸いにも多くの人に恵まれ何とか住んでいられるというところだろう。ご縁がありましたら何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 昨日のページビュー:105
  • 累計のページビュー:487306

(01月31日現在)

関連サイト:公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 開脚ストレッチ禁止
  2. 180度開脚ストレッチ(股割り・股裂き)マシーン(器具)の注意点
  3. 骨盤を立てること_ぶれない胴体を築く
  4. 股関節はストレッチや筋トレをしてもスムーズに動かない
  5. 反り腰と骨盤を立てることの違い/出っ尻
  6. 開脚/180度開脚のやり方
  7. 骨盤を引き上げる力(骨盤の起こし方、骨盤後傾~骨盤立位)
  8. 股割りのやり方/股割りの目的
  9. 股裂き、開脚ストレッチング/股関節のソケット/腸の生理的湾曲/股割り
  10. 骨盤前傾と骨盤後傾/骨盤を理解することと実感すること、わかった風なこと

月別アーカイブ

2016
01
2015
09
08
07
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
09
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月31日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss